softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    大晦日

    まだ現代科学では全容が解明されていないのだが、年末に家の掃除をすると、今年にやるべきだったことをきちんと済ませたような錯覚に陥るので要注意。

    いやでも騙されたくないから掃除はしない、ってのは論外。


    あぁ、掃除の話がしたいんじゃなかった。
    とりあえず今年も終わり。
    なんかいろいろなことがあったけど、何とか乗り切った。


    R1172710.jpg 
    ロードバイク(Raleigh Carlton-R)を買ってからしばらく壁の花になってるP-20RAC。
    久しぶりに掃除がてら持ち上げたら、その軽さに改めてびっくり。
    来年は色々と活躍の場を考えているので、またよろしく。

    それはそうと、P20-RACを吊っているバイクタワーの金具の位置を変えてみたんですが、そうしたらP20-RACの下に結構広めのスペースが開いた。
    おお、片付けや掃除がしやすい。
    なんなら自転車もう一台置けそう。バイクタワー最高です。

    ・・・いや、冗談ですよ冗談。


    というわけで、こんな過疎ブログですが今年もなんとか続けられました。
    来年もどうぞひとつ、よろしくお願い申し上げます。

    さて、北海道への飛行機が無事飛ぶことを祈念しつつ、皆さんよいお年を。

    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    久々の多摩湖(1号)

    12月24日。
    世間ではクリスマスイブ。
    Gantzみたいな格好して寒空の下、自転車乗り回してる場合じゃない。
    恋人のためにミニスカサンタになったり、子供のために「なまはげ」の仮装をして震え上がらせ世間の厳しさを叩き込む日だ。一般的には。たぶん。

    でも、もうこの日を逃したら年内はほとんどチャンスがなさそうなので、正午から数時間の自由時間をゲットして走ってきました。いや帰ってきたらちゃんと生クリーム泡立ててホイップクリーム作りますから。

    本当は行きたいところがあったんだが、時間制限と強すぎる北風(の予報)に心が折れた。
    で、久しぶりに多摩湖へ。
    ブログを紐解くと、もう1年以上行ってない。
    当然、CRRでは初めて。 

    R1172718.jpg
    武蔵境、井の頭通りの終端から始まる自転車道。
    いつの間にか途中の工事も完了していて、以前よりはかなり走りやすくなってました。
    相変わらず車止めは多いのだけど、これなら許容範囲だ。 

    R1172724.jpg
    多摩湖。
    寒々しいでしょう。
    いやまじで寒かった。
    でも新しいウェアがかなり保温性能に優れていて、まぁ気温5度くらいで風強くても結構大丈夫だった。 

    R1172726.jpg
    当たり前だけど、写真って反射光を掴まえるものだな、と改めて実感。
    湖が太陽の光を映しているときと、空の青を映しているときで、全然写る景色が変わってくる。
    ほぼ同じ場所、同じ時間に撮っているのに。

    R1172721.jpg
    まだCRRが映える構図が見つからないんだよなぁ。

    で、肝心の走行感ですが、やっぱり小径で走るよりははるかに楽。
    今回のルートは坂もないし、向かい風が強かったのもちょうどよい負荷だった。


    いや少なくともこれくらい走っておかないとイブの日の夕食、心置きなく飲み食いできないじゃないですか。


    走行距離:75km

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    病み上がりの空に(1号)

    一瞬インフルエンザか?とキモを冷やしたけど普通の風邪でよかったよかった、と胸をなでおろしたけど具合悪いのが良くなるわけでもなく寝たきり中年だった先週末。
    実は土曜日、3号が通う自主保育の運動会が予定されていてこれはちょっと無理かなぁと思ってたら幸か不幸か当日は雨で中止。

    そして日曜日、やっと体調持ち直したけどがんがん走ろうなんて気にもならず、とりあえずメンテ不足でチェーンがギシギシ鳴っていたCrossRiderに注油したついでに2号のお遣いがてら少しだけ走ってきた。
    いや、正確に言うと注油しようと思ったらオイルが切れていて、まずいつもの自転車屋さんに立ち寄ってそこでオイル購入&注油したんだった。
    なんと、別の支店に移っていた元店長復活。
    最近はストライダの売れ行きが良いらしい。

    そして、持ち主より先に調子を取り戻したCrossRiderでちょっと散歩。

    あぁ、こんな日に限って暖かい。
    日中の気温が15度超えてる。
    R1172691.jpg
    病み上がりの空は、もったいないくらいに冬の空気を柔らかく暖めて。

    あぁ柄にもないこと言った。
    バランス取ろう。

    見ても判らないかもしれませんが、デジカメのファイル保存形式をRAW形式に変えてみた。
    普通はJPEGで保存するんですが、RAWが「レンズを通って受光センサーが受け取った光情報そのまま」を記録するのに対してJPEGは「ファイルサイズ小さくする為に圧縮」してるわけで、すでにその時点で画像の中の色・明るさとかの情報はある程度失われているわけで、そのあとで色々と画像編集してみても(そんなにしないけどさ)「ない袖は振れない」。
    RAWファイルって扱いが大変なのかなと思ってたけど、PCで表示させるだけなら普通にGooglePicasaでもOK。
    GRD3はRAWで撮ると同時にJPEGファイルも生成してくれるので、とりあえず撮ったままの未調整(画像サイズだけPicasaで変換)写真を並べてみるとこんな感じです。

    R1172689.jpg 
    R1172689-001.jpg 
    上がRAWで保存したもの。下がJPEGで撮ったもの(結局最後はJPEGにしてますが)。
    どちらも補正は一切なし。
    わかんないかもしれませんが、確かにRAWの方がツブレてしまったり白く飛んでしまう部分が少ない。

    ただRAWファイルってサイズがでかいので、速度の遅いSDカード使って撮影しているとカメラ側に「保存するまでちょっと待ってくれ」と言われることが多くなる。
    なので、Class10とかいう書き込み/読み込み速度の速いカードじゃないとしんどい。

    あとRAWのいいところは、記録される情報量が多いので、撮影後の画像補正のやりがいがある、という点、らしい。
    RAWファイルの色調やら何やらを細かく修正して一枚の写真に仕立てていく作業を「現像」って言うらしくて、そんな面倒くせぇことやってられるかと今までは思っていた。
    でもある程度なら後からでもどうにでもなる、ってことは、撮影するときにはシャッターという引き金を引く行為に集中できる(ような気がする)ので、なかなか精神衛生上悪くない。

    たまたま家で積読状態になってた画像編集本をペラペラめくってみると、「現像」の手法もちゃんと光というものの性質に根ざして確立されてきたものがあるみたい。
    うむ、いい機会だし、たまにはちょっとお勉強モードでトライしてみるかなぁ、と。
    ちょっと教科書になりそうな本でも探してみよう。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    鉄さんぽ ふたたび(1号)

    前回の鉄さんぽに味をしめた1号&3号。
    さらに最近、3号はモノレールに御執心。

    なるほど、前回起点に使った山下駅(世田谷線)からスタートして、京王線を八王子方向に進めば高幡不動から「多摩都市モノレール」に乗れる。
    そして終点の多摩センター駅から小田急線に乗れば豪徳寺駅まで帰ってこれる。

    よし、これでいってみよう。 

    R1172647.jpg  

    で、いざ乗り始めると、とにかく京王線は乗り換えの嵐。
    なんせ同じ路線上を「各駅停車」「快速・通勤快速」「急行」「準特急」「特急」が走っていて、おまけに行き先も八王子方面にいくやつと橋本方面に行くやつが調布までは同じ路線を走るので、もう何がなにやら。 

    時刻表をみていただくと、さらに訳わからなさが実感いただけるんじゃないかと。 
    この色分けされたそれぞれ、停車駅が微妙に違う。
    急行停車駅に行きたいならそんなに悩まないんですけどねぇ・・・

    どこに行くのであれ、各駅停車にのればそりゃー間違いなくたどり着くんですが、これだけの路線・系統が走っているとあちこちで「通過待ち」の嵐になって、いつたどり着くものやらって感じなので、結局携帯の乗り換え案内をにらみながら「義経の八艘飛び」さながらに乗換えをしていくことになる。

    R1172646.jpg
    まぁ3号は乗り換えのたびに走る電車や通過していく電車を堪能できるので、それはそれで良いらしい。

    そしてお目当ての「多摩都市モノレール」
    R1172654.jpg
    最初はいまいちピンとこなかったらしく、「羽田空港?浜松町?」とか言ってたが、まぁモノレール特有の視界にそこそこ満足の様子。 
    R1172655.jpg
    終点に着くまで、この特等席は子供たちに占領されていた。
    みんな考えること一緒だ。

    で、終点の多摩センターから小田急に乗って、またこちらもいくつかの乗換えを経て都合3時間程の散歩は終了。

    途中、乗換駅で二人で駅そばを食べ、小腹を満たした。
    子供のころに親父とサイクリングに行ったとき、道中二人で蕎麦屋に入って食べた記憶がなぜか強く記憶に刷り込まれている。
    そのせいなのか、「自転車に乗ってる時」と「息子と二人の時」は蕎麦屋(ラーメン屋でも可)の誘惑に負けてしまうことが多い。


    しかし振り返ってみれば、電車に乗ってそば食って帰ってきただけだ。
    これでいいんだろうか・・・

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    ノラナイカ (1号)

    相変わらずいまいちな日常を流されるように生きている1号ですが皆さんいかがお過ごしですか。
    毎年この時期は公私・心身ともにぱっとしないのです。
    なんでだろ。


    で、最近全然自転車の話を書いていないのでちょっと物欲ネタでお茶を濁します。

    ロードバイク(Raleigh Carlton-R)に乗るようになってからちょっと困ったのが服装。
    散策気分でちょっと乗ったり、ある程度の距離を「ツーリング」的に走る分には今までと変わらず、「機能性」と「一応お店とかにも入れる見てくれ」のバランスを自分なりに取った物を着ていました。まぁ自称だけど。
    やっぱり小径車にのっていてバリバリのローディ風ってのも「なんか気持ちが乗らない」んです。
    小径のP20-RACなんかはスポーティな車両ではあるのだけど、やっぱりどこまで行ってもこういう異形の車両は「ナニモノでもない」ところが魅力だったりするので、それに乗る人間も、明らかに特定のカテゴリーに属するような格好っていまいちピンと来ない。

    でも、ロードバイクに乗って多摩川とかを多少スポーツモードで(といえば聞こえは良いが宴会ラッシュで体に溜まっていく脂肪を少しでも燃やそうとして)走ろうとすると、なんつーか、やっぱり「スポーツをする人」は「スポーツする格好」じゃないとそれはそれで違和感があるんです。

    例えて言うならジョギングコースをTシャツGパンで走ってるような、ヘンな格好じゃあないんだけどなんか感じてしまう違和感。

    ドロップハンドルのレーサースタイル(に普通の人の目には映るだろう)の自転車に乗り、前傾姿勢で一生懸命クランクを回してるときは、やはりある程度「ロード乗りでござい」って格好の方が良いんじゃないかと。

    そんな思いもあって最近ちょいちょいとウェア類を買い足してきたのですが、そんな中でたまたま「ノラナイカ」というお店を発見。
    http://www.noranaika.com/
    海外で流通してる、ブランド品じゃないけどリーズナブルな商品を直接現地買い付けしてさらに安価に提供する、ってコンセプトらしいのだけど、確かに安い。
    そんな安さにつられ、いくつか買い物をしてみました。

    ■冬用レーパン:Jaggad F104(2,280円也)
    http://www.noranaika.com/shopdetail/030000000019/order/
    前から探してたんですよ。「タイツよりはもう少しだけズボンよりの、スキニーっぽいと言えなくはない」やつを。
    ちょっと安っぽい、いや事実安いんだけどこれはイメージに合ったので購入。

    結構暖かいのでこいつだけでも機能的には大丈夫、だと思う。
    パッドがかなりでかくて、お尻がちょっとモコッとしてしまうのがちょっといまいち。
    でもまぁ全身タイツ度は思っていた通り低めで、まぁぎりぎり「普通のスポーツウェア」っぽい、と思う。

    実際に試走した日はかなり寒かった&まだちょっと踏ん切りがつかずに膝丈のサイクリング用ズボンを上に履いたのですが、そうすると布地がすれてシャカシャカうるせぇ・・・


    ■冬用ジャージ:【厚手】LAMBDA サイクルジャージ 長袖 - Forester ブルー(2,680円也)
    http://www.noranaika.com/shopdetail/014000000009/order/

    冬用の厚手ジャージを持ってなかったし、安かったので一枚試しに購入。

    これも悪くない。結構暖かい。
    試走した日はユニクロのヒートテック+このジャージ+後述のジャケットで気温5℃弱の環境で走ったのだけど、そこそこ一生懸命走ると結構汗ばんでくる。
    それが引いていくと寒い・・・アンダーウェアも大事だな。


    ■冬用サイクリングジャケット:SPAKCT C6 サイクリング ウインドブレークジャケット(4,680円也)
    http://www.noranaika.com/shopdetail/004000000052/order/
    「スポーツ用のジャケット」ってものを持ってなかったので購入。
    ちなみにこの商品、このお店が売っているジャケットの中では(これでも)かなり高額な部類。

    これ、かなり暖かくて良い。
    普段使いでもノースリーブのダウンと合わせると「まぁスポーティだけど普段っぽいといえなくもない」感じになって、おまけにかなり暖かいのでついついこの組み合わせで外出してしまうくらい。


    この格好で該当者氏の自宅近くまで赴き、そこそこ奇妙な視線を浴びながら信州で買ってきてもらった馬刺しとにごり酒を受け取り、さすがに一升瓶は重過ぎるのでとりあえず一度自宅まで帰った後にちょっとだけ(2号が寝込んでたので)走ったのですが、やっぱり「スポーツ的に自転車漕ぎたい!」って時はそれに応じた格好の方がいいなぁと思いました。

    唯一、レーパンってやつへの抵抗感はまだ拭いきれてないのですが、まぁこれも考えようなんだろうな。
    別にコンビニのにーちゃんだって数多の客をさばく中で

    「わ、Gantzみたいな奴が来た」

    くらいにしか思わないだろうし。 



    どうも元来よりマイノリティ気質が強いからか、何をやっても段々と多数派からこぼれてしまう。
    だからなのか「ロードバイクに乗る時」は「ロードバイクに乗ってる人」のカテゴリに入るのが良いんだろうなと思いつつ、やっぱりちょっとずれてしまう。

    たかが装いじゃないですかコスプレじゃないですか走るのが大事なんでしょと言われると返す言葉もないのだけど、逆に仕事や生きる為の所作じゃない分、自分の気質や思いに判断が支配されちゃうんだろうなぁ。
    ほら、自転車乗っている最中って独りになるから、頭の中は常に自問自答でしょ。そんな意識なくても。

    この先、結局「ナニモノでもない」ところが不自由だが豊かな小径車に還ってしまうのか、ロードで自分なりの落としどころを見出せるのか、うまく両立させることができるのか。
    よくわからないけど、まぁまぁとりあえずロードに乗る人の「お試し」が安く上がってよかったよかった。
    そんなことはおいといても、やっぱりCRR乗るとわくわくするし。

    なんか取り留めないけど、今日はここまで。

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    鉄さんぽ (1号)

    唐突ですが、首都圏ってのは本当に網の目のように鉄道網が張り巡らされている。
    JR、私鉄、地下鉄がそれこそウェブのように。

    先日、お出かけしたいとせがむ3号を連れて散歩にでも行こうかと思いながら、ふと気が付いて路線図をちょっと眺めると、我が家から自転車圏内の「豪徳寺」っていう小田急線の駅が東急世田谷線の「山下」という駅とほぼ同じ場所にある。
    いやそのこと自体は前から知っているのだが、これは要するに、例えば世田谷線の山下駅に自転車をとめて電車に乗り込み、いろんな路線を乗り継ぎながら最終的に小田急線の豪徳寺まで帰ってくると、停めてあった自転車で帰宅することができるわけです。

    それが何か?と問われれば、いや実際私もそう思う。
    しかし、4歳にして最近「乗り鉄」の嫌疑をかけられている3号なら、いや認めたくはないが彼が本当に「乗り鉄」ならば、ひたすらいろんな種類の電車に乗って帰ってくるってのは意外と楽しめるんじゃないだろうか。
    それに4歳男児が、ある一定時間・比較的おとなしくしてくれ・それなりに満足できる時間ってのは本当に貴重なのだ。
    ここを見ていただければ、ちょっとはその気持ちを理解いただけるのではないだろうか。
    http://togetter.com/li/398997

    電車に乗せるだけで、そんな平和な時間がちょっとでも得られるのならいいじゃないか。

    ということで、とある日曜日。
    1号と3号の二人で試しに「乗り鉄実験」へ。
    とりあえずルートはあまり無理をせず、
    <山下駅>----世田谷線---<下高井戸>---京王線---<新宿>---小田急---<豪徳寺>
    というシンプルなもの。
    ただ3号は京王線に乗ったことがないので、このルートはそこそこ新鮮なはず。

    で、結果。
    3号、かなり「乗り鉄」成分高いわ。
    ただ、電車を「観る」のも好きなので、乗り換え駅が急行通過駅だったり始発駅だったりするとたくさん電車が観れて、それはそれでご満悦らしい。

    2012112513530000.jpg 

    特に新宿駅。
    上の写真は小田急新宿駅ですが、こうやって電車が出て行ったり入ってきたりするのはもう堪らない様子。
    おまけにこの上の階には子鉄達の共通言語「ロマンスカー」専用のホームがあって、VSEやらEXEやらが観放題。
    帰り道でも、激しくぐずることもなく、親としてはまぁそこそこラクをさせてもらった。

    よし、この手は使えそうだ。
    電車の中は基本的に屋内だし、途中下車すればトイレも食べ物も飲み物もいくらでも調達できる。
    小児の取扱いスキルが低い男親でも、これならなんとかなる。
    で、こうやって2号に「一人の時間」をちょっとづつでも提供していけば、
    そのうちその積み立てを使って・・・(以下自粛

    ということで、この作戦を結構した翌週、もう少し拡大版のお出かけをしてみたのですが、それはまた別途。


    しかし、帰ってきてからもしばらく(というか今でもなんだが)「しんじゅく・・・」と呟いてるはどうなんだろう。

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    雑記(1号)

    いやなんつうか俺史上空前レベルの右往左往な今日この頃です。
    先日も飲み会に遅れてしまい、電話で場所教えてもらって復唱しながら歩いていると目の前にいきなりチューしてるカップルがいて、おもわず
    「あっチューしてます!」 って電話に向かって復唱(になってねぇよ)してしまい、カップルと電話の向こう側の人、両方にびっくりされるくらいの混乱ぶりです。

    なんか、ひたすらに上手くいかない。
    体調もいまいち上がらないし。胃も痛いし。

    ま、こういうときに頑張りは禁物。
    自転車も完全に散歩モードで、久しぶりに仕事以外で都心をぶらぶらと。
    ま、本当にぶらぶらするだけなんですけどね。オサレなカフェ見つけてふらりと入ったりしないし。 

    2012120116010000.jpg
    新宿と中野の境あたりで今まで何度も通っているはずなのに気がつかなかった。
    西新宿一帯は元々「淀橋」って呼ばれてたんだよな。
    で、その地名の元になったのがこの橋、らしい。

    で、今日は完全に散歩モードなので、なんとなくこの橋が架かっている神田川を遡ってみることに。
    川辺の遊歩道は狭いので、ゆっくりと。

    2012120116100002.jpg
    でも神田川って以前もそうだったのだけど、結構あちこち工事中でぴったり川沿いを走るのって難しい。
    で、気がついたらいつのまにか道を逸れ、神田川と思ってたのがいつの間にか善福寺川になってたりして、まぁ今日はこれくらいにしとくか、と。

    寒かったけど、都内のイチョウもぎりぎりあちこちで楽しめたし、こういう癒しの散歩もいいなぁと
    再認識させられる30キロでした。



    こういうのんびり街乗りポタリングは、なんかロードに乗ろうって気分にならないんだよなぁ。
    街中には普段着でスチールロードに乗ってる人だって少なくないし、決して街中にロードが(とくにスチール)似合わないわけじゃない。
    なんか、自転車に対峙する自分の気持ちが違うんだな、きっと。

    やっぱりロードバイクは自転車と対話しながら、目標に向かって走るのが似合ってる。
    クロスバイクではそんな走り方しようなんて思わない分、やっぱり気楽に走れる。
    こまったもんで、これを1台で間に合わせようとしても無理なんだよな・・・
    おまけに、きっと今のクロスバイク(CrossRider)は通勤用と散歩用と荷物運搬用(チャイルドトレーラー引いたり、Carradiceのでかいサドルバックに買い物の荷物運んだり)を黙ってこなしてくれる素敵で無口な相棒だけど、これだって時々「完全散歩用のちょっとヘンテコな自転車欲しいなぁ」なんて欲目が出たり、「ロングテールバイクだともっと荷物運ぶの気軽にできるよなぁ」なんて思ったりすることも無くはない。

    いや買わないし買えないけどさ。
    でも・・・今の相棒CrossRiderがいつかリタイヤしてしまったとき、自分の中でこの均衡が崩れてしまったらどうなるんだろう。

    業の深い愉しみだ、まったく。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。