softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    あと10年は戦える・・・?(チャイルドトレーラー初陣:1号)

    いやなんつーか、生活がめちゃめちゃ忙しい。
    住処を手に入れるのって、結構大変・・・

    ということで、2号にも是非「家の話」を書いて欲しいのだが、まぁしばらく無理っぽいので粛々とチャイルドトレーラーの話。
    今回購入したBurleyのHoneyBeeを引っ張って、いざ初陣。

    R1171943.jpg 
    まぁ要するにこれがやりたかったわけです(笑) 

    R1171950.jpg 
    2号の友人御家族と一緒に、河原で肉の日、開催。
    いざ、チャイルドトレーラーを実戦投入。


    我が家からはバーベキューセット(使い捨て・これは結構便利だった)&追加用の炭&焼く食材色々&どーせ入水するに違いない3号の着替えやらタオルやら何式かを持っていきました。いままでの自転車だとちょっと無理な物量。

    で、これくらいの道具量なら全然余裕。
    というか「座席部分」と別に後部に用意してある「荷物収容スペース」にほとんど入ってしまいます。なので座席部分には3号に座って欲しかったのだが、どうも彼はこの最強に強まった比類なきカッコよさを撒き散らしながら失踪するクリーンエナジートランスポーター(引越しの片付け中にスタパ斎藤氏の本を何冊も発掘してしまい一時的にスタパ病に感染中)に、「逆らい続けあがき続けるボクを縛り付けるベビーカー」の影を見たらしく、いまいち乗りたがらない。

    まぁ子供を乗せる目的で買ったわけではないし、彼はこっちよりHamaxのチャイルドシートで風を求めてうぉ~うぉう、風がどこに行こうとしてるか、みんな知りたくないかーい!的な、児童心理学でいうところの「尾崎豊期」なのでまぁいいか、と(一部嘘)。

    そんなかんじでチャイルドシートに子供をのせ、ついでにトレーラーも引いて走ってみました。

    これが、びっくりするくらい大したことない
    いやなんというか他の表現が思いつかないのですが、もちろん引っ張ってる感覚はあります。
    でも、そもそもトレーラー自体が10キロ弱の自重を持っていることを考えると、負荷は全然大したことない。
    平地とかだと、「自分はトレーラー引いてるんだぞ」ってことをちゃんと意識しておかないと逆に危ないかもしれない。
    狭いとこすり抜けようとしたりすると当然引っかかりますから。たぶん。

    最大積載量は45キロくらい。
    また設計がよくできてるなぁと思うのが、座席後部の荷物収納スペースのサイズは確かに10~15kgくらいのものを収容できそうな空間なんです。
    なので、最大で幼児二人(双子の5歳児とかだと苦しいかも)と10キロくらいの荷物を運ぶってのを想定してるんでしょうね。
    もちろん、我が家の当初の目的である「荷物だけ」であればもっと使い出はあって、まぁ大型家具とかじゃなければ大抵のものは運べそうです。

    ということで、今回の「肉の日」でひとつ反省すべき点。
    分担的に、飲み物もこちらが調達して運ぶべきだったかなぁと。
    まぁ調達って「運ぶ」だけじゃなくて「選ぶ」という仕事もあるし、持ってきていただいたものが今回も美味しかったので難しいところなのですが。


    あと、バーベキュー(ちなみにこの表現、北海道人にはいまいちしっくり来ない。外で肉を焼く行為は「焼肉」もしくは「ジンギスカン」なのだ)にチャイルドトレーラーを持ち込んでよかったのが、「現地でカート代わりに使える(でかいけど)」ってことと「子供が寝落ちしたときにテント代わりに使える」こと。
    なかなか便利でした。

    そんなわけで、肉の日、楽しかったです。
    ありがとうございました。
    2012041513580000.jpg 
    3号、それは風呂やない、川だ。



    Burleyの初陣もかなり好感触だったのですが、ひとつ想定外のことが。


    それは、驚くほど目立つということ。
    いやー道行く人にガン見されるされる。こんなに人に見られたの、雑誌でグラビアやってた頃以来じゃないか(「月刊廃棄物」とか「ゴムと油脂」とか)。
    嘘ですよ一応。

    おまけにみんな、「きっと中に子供入ってるんだろう」と思って中を覗き込むんですよね。
    ごめんなさい、そこには生肉(焼肉用)しか積んでないんです(苦笑)

    この点以外はかなり満足感高いです。
    いや別に目立つのはburleyのせいじゃないし、デメリットではないんですけどね。
    安全性を考えたら目立つほうがいいんだけどさ。


    そんなわけで、burleyの初陣はとても幸せな一日でした。


    チャイルドトレーラーネタ、もうちょっとだけ続けます。
    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    あと10年は戦える・・・?(チャイルドトレーラー購入の弁:1号)

    いやはやこんな時期になんですが、買っちまいましたよチャイルドトレーラー。

    R1171914.jpg 
    えーとですね、なんつーか、これには色々な思惑がありまして。

    まず大きなきっかけ(というか言い訳)は、現在予定している引越し(まだ「予定」なんですが)。
    引越し先の立地を考えると、我々の生活資産として「自動車」を持つことは無いだろうな、と。
    もちろんカーシェアリングとかレンタカーとかは適宜活用するのでしょうが。

    クルマが無い生活ってのはここ5年以上続いています。
    ちなみに以前所有していたクルマは二人のKHSに化けた。タイヤの数は一緒だ。
    で、そんな生活の中であんまり困ることも無かったのですが、ひとつ改善したいなぁって点があって、それは「荷物を運ぶ」という話。
    もっと正確に言うと、現在の我が家にとっては「子供と荷物を両方運ぶ」ってのが結構大変。

    今は大容量のサドルバッグ(CarradiceのNelson Longflap)とリュックとチャイルドシート(Hamax)を適宜共用したり使い分けたりしています。 
    R1171836.jpg 
    チャイルドシートとサドルバッグを適宜交替して装着するため、CrossRiderとBianchiにはCarradice用とHamax用、二つのアタッチメントが装備されています。
    これ、共通化できないものか。
    というかHAMAXのアタッチメントを流用してCarradiceが取り付けられれば一番いいんだが。
    まぁそうなるすでに「サドルバッグ」じゃなくなるけどな。

    R1171835.jpg
    こんな感じで、休日はクロスライダーにチャイルドシート、Bianchiにキャラダイス、とか。

    なんか余談が過ぎた。
    何がいいたいかと言うと、こんな風に色々工夫はしているんですが、それでも運べる荷物には限界があるわけです。

    「買い物」についてはなんとかなります。
    送料かかるけど、発送してもらえばいいんだから。
    でも「ウチから荷物を持ち出す場合」はねぇ、どうにもならんのですよ。
    バーベキューする為に河川敷まで宅配便使うわけにいかないじゃないですか。
    いや、そんなに機会あるわけじゃないんだが。

    そんなわけで、やっぱりトレーラー的なものはあるといいなと思ってました。
    でも狭い家だとどこに保管するんだって話もあるし、導入はちょっと厳しいかなぁなんて判断をしていたのです。


    そんななか、引っ越すことに。
    今度の家(予定)は今よりは広い。

    よしいける。
    えいっ!(笑)


    ってIYHする前に、さすがにもう少し具体的に対象製品を考えました。
    選択肢って実は結構多くて、例えばふつーのリアカーからチャイルドトレーラー、キャリーバッグをそのまま引っ張るような雰囲気の製品もあるし、はたまた趣を変えて「ロングテール自転車」って解だってなくはない。

    ということで、我々の要求条件はこんな感じ。

    ・折りたためること(収納面を考えると大事)
    ・チャイルドシートと共存可能なもの
    (これは2号に指摘されてあとから条件として追加したけど結構重要なポイントだった(詳細は後述))
    ・自転車から外しても手押しで荷物を運びやすいとうれしい
    ・できれば子供も乗せられると有難い(けど必須ではない)


    こう考えると、まずロングテール自転車はさすがに無理。まぁ北海道に転勤になるまでおあずけ(オイ)。

    そうなるとリアカー的に引っ張るタイプのキャリアになるのですが、これも大きく分けると二つ方式があって、「シートポストからアームを伸ばす」ものと「後輪のハブ部分にアタッチメントつけて引っ張る」ものがある。

    チャイルドシートとの共存を考えると、前者はNG。
    そうなると、結構製品は限られてくる。


    で、価格とか色々考えた結果(さすがにChariotは高すぎる)、BurleyというメーカーのHoneyBeeという「チャイルドトレーラー」に落ち着きました。お値段36,800円也。後輪のハブ軸につけるアタッチメントは1つ付属しているが、2台で共用するためにもう1つ追加購入。1,800円也。
    どーしてもこいつに子供乗せたい!って言う気持ちは無いのですが、別にチャイルドトレーラー使って荷物積んだって機能的には問題ないし、チャイルドシートみたいな「ママチャリ感」もあんまりない、いや全然無い(と思う)。
    なんといっても最大積載量45kgですよ。もう何でも引っ張れる(気がする)。
    その上、おまけとして雨の日とかに子供乗せて自転車移動も可能。


    そんなわけで、「結果的に」チャイルドトレーラーを購入することになった、と。
    そう、これがあればクルマ無しでも・・・そう、あと10年は戦えると踏んだわけです。

    まぁどうしてもこいつを引っ張って花見に行きたい!って衝動にかられて買っちまった一面も否定しないですけど。

    なんか話が長くなってきたので、次回に続きます。

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    ゆげーずの長い長い一ヶ月 その3

    なんつーか、CS放送でYESの来日コンサート宣伝番組観ながら「プログレッシブロックもいいなぁなんて思えるようになったのは歳とったからかなぁ」もなんて感慨にふけりつつ、チャンネル変えた瞬間に出てきたberry's工房も結構素直に受け入れられた自分の懐の大きさにちょっとびっくりなゆげ1号です。

    いやもうさすがにアイドルにハマッたりすることも無いんですが。
    最近のももクロフィーバーとか、よくわからない。
    周りのオトナのはしゃぎぶりは面白いのだけど。


    さてそんな話はともかく、家の話。
    ローン審査、何とか通りました。
    あとはローン軍への入隊申し込み(任期35年)のみ。
    いやまぁ、その後は怒涛の引越し・転居準備があるのですが。
    引越し先は今の住居の近くなのですが、そうは言っても諸々の手続きが距離見合いで楽になることも無く、忙しい日々を送っています。

    なんかあっさりですみません。
    でもこのブログ、「自転車ブログ」ですもの。
    まぁ家探し関係で色々考えたことや感じたことなんかもいろいろあるんですが、そんな話はまた追い追い。


    そう、引越し決定ですよ、ほぼ。
    これから引渡し日までにびっくりするようなハプニング起きない限りは。
    昨年ゆげ2号が遭遇した「荒川サイクリングイベントの前日に大震災」みたいなことさえなければ。


    まぁ油断は禁物なんですがね、これで晴れて、例の障壁がなくなったわけですよ。
    すなわち、あいつを手に入れるのをためらう理由はもはや無い。


    えぇ、俺も男だ。
    行くときゃ行くんですよ!

    ということで、清水ジャンプでフライングゲット(たぶん言葉の使い方間違っている)!




    R1171917.jpg 

    あれぇ?
    (3号が不本意な現実に直面したときに多用するキメ台詞)


    えぇと、事の顛末は次回に続く。

    Posted by ゆげ1号 on  | 6 comments  0 trackback

    備えあれば憂いなかったのに(仮定法過去)

    「長い長い一ヶ月」の話は続くのですが、ちょっと別の話。
    いえね、一応本ブログのメインテーマは自転車ですし、えぇ。


    住居のこととかあれやこれやに忙殺され、なかなか自転車に乗る時間が(通勤以外では)作れなかった
    ここ一ヶ月。
    先週末、久しぶりに何とか時間をやりくりして、P20-RACでちょっと走る時間ができました。

    折りしも東京は桜が満開。
    どこ走っても街中が桜色に染まる、東京が一年でもっとも和やかになる一週間・・・

    だったんですけどね。

    走り始めて20キロくらい、皇居北の丸公園あたりで突然トラブル。
    なんかチェーンが引っかかってペダルが回せない。
    よく見たら、チェーンのコマがひとつ壊れかかっている。
    なんかチェーンが首の皮一枚でつながっている感じ。

    花見客でそこそこ賑わう北の丸公園。
    そこの片隅で小さくなりながら、なんとか復旧の手立てを考える。
    花見も何もあったもんじゃない。

    いやなんつーか、やっぱり「備えあれば憂いなし」は真ですな。
    まぁ今回はこの対偶「憂いてしまうのは備えが無いから」をいやと言うほど味わったのですが。

    チェーン切り工具は持ってる(マルチツールについている)。こいつは使い方も一応判っているので、ダメになったコマを外して、残りのチェーンを繋いでやれば大丈夫。
    しかし、チェーンを繋ぐ為に以前買っておいた「ミッシングリンク」が非常用工具ポーチに入っていない。
    きっと、買っただけで満足して収納するの忘れちまったんだな。

    これは、打つ手なし。
    不幸中の幸いは、輪行袋を持参してたこと。
    常にフレーム下部のドリンクホルダーに突っ込んでおいてよかった・・・

    で、結局最寄の駅から輪行でエスケープ。
    たまたま、いつもお世話になっているショップ近くまで行く路線上の駅が500mくらい歩いたところにあったので、そこまで自転車押して移動。

    自転車押しながら、あぁ千鳥ヶ淵の桜は本当に美しい。
    これは絶対、新緑と桜と堀の水の按配を考え抜いて設計されているに違いない。
    そりゃ、みんな観に来るよなぁ・・・

    そう、駅への道すがらは死ぬほど大混雑。
    そんななか、P20を押しながら移動。
    写真撮る気にもなりゃしない。

    そして駅へ到着。
    颯爽と輪行袋(モンベルのコンパクトリンコウバッグ)取り出し、輪行準備に取り掛かる。

    あ、しまった。
    P20の輪行方法、忘れてる。
    どーやって袋に収めりゃいいんだ・・・

    いやぁ、備えあれば憂(以下略)

    ま、とりあえず地下鉄に乗り込めれば良いわけで、もう最後は結構やっつけで袋に押し込み、何とか地下鉄に乗り込む。
    幸いなことに車内の混雑度はそこそこ。

    あぁ、なんかあんまりな日曜夕方だぁ・・・

    R1171941.jpg 
    えぇ、一応桜は満開。
    ざんねんなくらい。

    で、なんとかいつもの自転車屋さんにたどり着き、チェーン交換となりました。

    店長とスタッフにひとしきり愚痴り、ほーら子供生まれるとこんなに大変なんだぞー、時間作るの本当に大変だし、そうやって捻出した自転車に乗る時間もこんなトラブルで台無しになるんだぞーと脅しながら、良く考えたらトラブルは自分のせいだなぁと思い直してちょっとトーンダウン。

    その後、店長が「面白い自転車、試乗してみませんか?」と。
    ドイツからやってきた、db0という電動アシスト自転車。
    これがかなり変わりもん。
    なんせ、アシスト用モーターが前輪についている。
    後輪は自分でペダル回すので、要するに2WD
    おまけに折り畳み小径車。とはいっても25キログラムくらいあるのでまぁ折りたたむことはないんだろうが(笑)

    ちなみにこんなヤツです。

    で、ありがたく試乗させてもらったのですが、「前輪アシスト+後輪自力駆動」ってのは面白い。
    当然背中を押される感じではなく、自転車に「引っ張られる」感じ。
    なんか、新しい乗り物ですこれ。
    ルックスもなんかちょっと浮世離れしてて、なんというか「天体戦士サンレッドの作者が書いたAKIRA」みたいなチョイショボな近未来感です。

    いやー試乗できてよかった!
    まぁ欲しいかどうかは別問題だが・・・店長も多分常連向けのびっくり箱的な意味合いで店に置いたんだろうな。


    そんなわけで、結果的にはトラブルに見舞われたおかげでdb0にも試乗できたし、まぁこれはこれでよかったか、と。

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ゆげーずの長い長い一ヶ月(1号) その2

    突然、家の近くの分譲マンション(中古)内覧会に1号を誘った2号。
    まぁ彼女には彼女の考えがありまして。


    ■どこに住むか、という話

    本人じゃないのに色々書くのは気が引けますが、ここは1号から彼女を眺めた視点で書きます。
    詳しい話はまたいずれ2号が自ら書くでしょう。えぇ。

    いずれ転勤やら何やらで我々が引っ越すことは規定路線。そんな中、彼女にとって「どこに住むか」は今まであんまり重要じゃなかった模様。
    でもここしばらく、彼女や3号を取り巻く環境にも色々変化が出てきた。
    その結果、やっぱり今住んでいる地に色々なつながりや愛着が生まれてきて、できればこの近くに住めればなあ、という気持ちの変化があったみたいです。
    というか、1号は彼女の様子からそう判断しました。
    ほんとかどうかはわからない。

    そんななか、無理だクロモリロードバイク買えねぇとか言って  orz してる1号を眺めながら、

    「じゃあとりあえずこの近くで手の届く、かつ自転車収納できる住処があるか、探してみよう」
    という結論になった。たぶん。

    いやまったく家のことチェックしてなかったわけじゃないんです。
    2号なんかは結構まめに住宅情報のチラシなんか集めてましたし。

    でもなんか二の足踏んでいたのも事実。
    それがこんなきっかけで話を進めていいのか迷うところですが、とりあえず近所の物件を見学に行くことにしました。


    ■とある中古マンション
     
    これが予想外に良かった。
    築年数が結構いっている点、階数が1階で日当たりが良くない点だけがデメリットだけど、それ以外はかなり良い。
    中はスケルトンレベルでリノベーションされているので本当にきれい。
    なにしろ、間取りが良くできてる。

    正直思った。
    確かに家ってリフォームでかなり自分の思い通りにいじれるじゃないですか昨今。
    でもねぇ、だからといって自分の思い通りに設計しても、ちゃんとプロが設計した間取りを越えるのは無理。
    いや他の方々は判りませんが、少なくともその手のセンスを絶望的に持ち合わせていない我々には、無理。

    その一方で、「よくできたもの」にちゃんと気づくだけの下準備はしてたんだなぁ>2号。
    かなり細かいところまでチェックして、それでもかなりお気に入りの様子。

    うーん、二人とも頭に血が上ってきたなぁ・・・


    さすがにその場で即決するほどの度胸もなく、その日はとりあえず退散。
    ちょっと身内や親戚に相談しても、やっぱりみんな「ちょっと頭冷やせ」と。


    ■結局色々見てまわることに

    その後、やっぱり他の物件も見て回ろうということで何件も回りました。
    でもねぇ、やっぱり最初の物件を越えるものがないんですよ。

    まぁ関東一円とかで探しまくればもっと色々物件はあるのかもしれないのですが、我々の条件は

    ・地価高いけど今住んでいるあたり(=一応23区内)
    ・低層階
    ・自転車を室内まで持って来やすい

    この条件を満たすにはやっぱり中古マンションしかなくて、さらに地域も限定されるとタマも限定される。
    その中ではたぶん、これしかないんじゃないか・・・と。


    ということで、いざローン審査へ。
    さて、ローンソルジャー(任期35年)への入隊可否は?

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  1 trackback

    ゆげーずの長い長い一ヶ月(1号)

    超大型台風クラスの春一番が吹き荒れたと思ったら、掃除の終わった空に桜が咲き始めましたな。
    今年度はバットを短く持って、こつこつある程度マメにブログ書いていこう・・・って去年も思った。
    ぬぬ、今年こそ。

    で、そんなこといいつつちょっと長めのネタ。
    力尽きないうちに書いてしまおう。


    ■3月14日

    色々がんばりました。

    部屋の中で無駄に場所取っている衣装タンスも処分した。
    不用品もずいぶん処分した。
    本・雑誌もかなり捨てた。
    今使っているミノウラのバイクピット(床と天井の間で「突っ張り棒」になって、そこにアタッチメントつけることで自転車を引っ掛けて保管できる便利ツール。震災時にもびくともしなかった逸品ですよ奥さん!)に追加アタッチメントも買ってみた。
    ちなみにこんなヤツです。

    そのほか、デッドスペースに突っ張り棒使って収納スペースも新たに作った。
    いやぁ突っ張り棒に突っ張り棚、そりゃもう尾崎豊か横浜銀蝿か群馬暴威かってくらい、突っ張りまくった。


    いやでも、やっぱり無理だ。

    どんなにがんばっても、P-20RACに加えもう一台を室内保管するのは、絶対無理。
    深ーい失意の元、「1号への御褒美・クロモリロードバイク購入計画」は巨大な暗礁に乗り上げたわけです。
    そんな3月14日。


    取りうる解決策は、そんなに無い。
    必死に頭を捻っても、

    ①クロモリロードバイクを諦める
    ②屋外保管
    ③P20-RACを実家送り
    ④家を大きくする

    まぁ、現実的に考えて①しか無いんですよ。
    いや普通の人の率直な感想として、何で自転車を屋外保管できないの?とか2台も持ってなくていいでしょ?とか突っ込まれるのは百も承知ですけどね、こればかりは仕方ない。


    そんなわけで、1号は泣く泣く解決策①を選択し、家族会議で宣言しました。
    まぁ時期は別として、いつまでもこんな狭い家に住んでいるわけでもないし、そのうち転勤とかもあるかもしれないし、というかうちの会社は転勤多いからね。
    いつかチャンスも巡ってくるさ。
    そう、いつか。

    でも悔しいなぁ・・・
    この一年、結構自分なりに頑張ったし、そんな自分への御褒美として絶対買うんだ!って心に決めてたのに。
    試乗もして、あぁやっぱりいいなぁなんて決意も新たにしていたのに。

    まぁ、でも、やむなし。


    すると2号、
    「あのさ、週末、近くのマンション売りに出てるから見に行こうよ。そこそこ広いから自転車も室内保管できるよ多分」

    はぁ?

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。