softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    Why does it happen? Because it happen,roll the bones,row the boat

    1号&2号です(3号は爆睡中)


    とりあえずここ数週間で、自分たちがびっくりするような公私ひっくるめた人生ピタゴラスイッチが動作開始。

    いや心配御無用。
    トラブルや不幸に巻き込まれているわけではないので基本的には大丈夫。
    基本的には誰でも経験するようなこと。

    詳しくはもう少し経ってからおいおい。


    しかし、ニール・パート先生@RUSH、貴方は正しかった。

    何故そんなこと起こるの?なぜなら起こるからだ。黙って舟漕げ・・・とは改めて至言だなぁ、と。

    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    BDレコーダー購入!(1号)

    だましだまし使っていたものの、先日ついに意識不明に陥った我が家のHDD/DVDレコーダー、東芝RD-X5。
    長い間、本当にありがとう。

    思えば君が我が家にやってきたのは君の発売日。
    その1週間ほど前、1号が仕事から帰宅すると2号が土下座で迎えてくれました。

    「すみません、RD(先代)が不調になったので分解掃除しようとして、基板上にドライバー落下させてしまいました」
    「そのせいかどうかはわからないのですが、RDがうんともすんともいいません」
    「大変申し訳ありません」
    「TVの録画ができなければ、とても困ってしまいます」
    「大変申し訳ありません」
    「実は、RDの新製品がすぐ出るのです
    「大変申し訳ありません」

    (以上、全部2号の言)

    申し訳ないのは壊したことか録画できないことかRDの新製品が出たことなのか良くわからないのですが、まぁ新製品のカタログまで用意していたネタの周到さ(笑)に免じて、発売日の段階で一番安かった秋葉原外れの小さな店でRD-X5はうちの子になりま した。

    ちなみに、その数年後に該当者氏が我が家の購入価格の半値くらいで入手しウハウハしてたのを決して忘れない(笑)。


    ま、そんな話はともかく、DVD見れないのは困るし(特に3号)、テレビが地デジになってから録画した番組のサイズが馬鹿デカくなってDVDでは保存しきれないし、そもそもお互いの実家もすでにブルーレイ化されてたりするので、この際BDレコーダーにしますか!

    で、機種選定しようと思ったのですが、こういうときは実績重視。
    一応今使っているテレビ(日立Wooo)とネットワーク経由(DLNA)でダビングできるやつじゃないと困るので、日立のWebサイトから接続確認済み製品を探してみると、パナソニック製品しか検証してないらしい。
    ということで、パナの製品から必要十分なグレードのDiga DMR-BRT300を選択。
    元々メインのテレビ録画はテレビで行うので、BDレコーダーに2番組同時録画機能とかいらんし。

    で、価格.comで最安値情報確認したら延長保証含めて大体35,000円也。
    その中の1店舗(ここでA店としておきます)でネット経由購入。


    数日後、商品は無事届いた。
    ちゃんと延長保証についても専業の会社(PWJという保証会社)から別便で案内が届いている。
    うん、何も問題ない。

    何も問題ないのだが・・・送られて来た商品の箱に、購入したA社じゃない会社(某家電量販店)のレシート?が添付されている。

    これは、どういうこと?

    えーと・・・思いつくだけでいくつかパターンはあるのだけど・・・あんまり考えないことにしよう。

    なし!いまのなし!
    こっちは正規の手続きを踏んで買ってるんだし、別に違法性あるわけじゃないんだし!


    で、気を取り直して接続・・・しようとしたらBDレコーダーをLANに接続する為の空きポートがブロードバンドルータ側にもう空いてない。
    そうだよなぁ、ネットワークハードディスク(REC-BOX)2台とテレビとUSBデバイスサーバ使っているから4ポートあっても埋まるわなぁ・・・

    で、翌日安いスイッチングハブを購入。
    やっとネットワークにも繋がった。
    やっと完了。

    でもさ、ブルーレイ対応の映像コンテンツとかないと、新しいもの買ったぜ!的な感動がいまいち薄い。
    テレビで録画されてたものをBRT300に転送し、そこからブルーレイディスクに焼いてみたって、画質が元から変わるわけじゃないし(元々綺麗だし)。

    ま、家のLANごときで数ギガの大容量映像コンテンツがテレビやらハードディスクやらブルーレイやらパソコンの間をかなり自由に飛びまわる様はちょっと「おぉ」と思
    うんだけど、それも目には見えるもんじゃないし。


    でもまぁ、ずいぶんとAVネットワークって進歩してるんだなぁとちょっと感心しながら、いやお前(=1号)の本業考えたらその感想まずいだろともちょっとだけ思ったけどもう面倒くさいので今日は寝ます。

    最近色々ショックなことが多いんで、ふて寝。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    無題(1号)

    あの大地震から1年。

    本日、テレビは東日本大震災の総括番組ばかり。
    なんかとてもじゃないけど観てられなかった、いや実は本日なんか調子悪くて14時くらいまで寝てたのだけど、まぁなんとなく我が家は本日テレビ放送視聴自粛日となりました。

    1年経ったからといって今回の話を句切っちゃいけないんだけど、この1年はやっぱり特別な年だった。
    震災がらみで起こった物不足、節電、支援活動。
    震災とは関係なく、たまたま今年度にまわって来た仕事やキャリア関連のチャンス。
    そんなこんなの根底を支える、家庭の日常生活が毎日、非日常的に過ぎていくこと。

    まぁなんとか乗り切れたし、その中で色々なことも学んだ。
    全部100点じゃないけど、自分自身にとっては思った以上の結果だった。
    自分の手が届く範囲に限れば、なんとかなった。

    でも、友人たちの輪の一員として、社会人として、国民として、そしてネット住人(って書いておきながらこの言い方何とかしたいんだけどな)としてはどうだったのか。
    いや、やることやってた側面もあるんですよブログには書いてないけど(←言い訳)。
    でもね、あまりの不甲斐なさに未だに苛まれることも。

    最近東電とか政府とかの初動の不甲斐なさに対して指摘が散々(手のひらを返して)噴出してきてるけど、あの状況で適切に動けるかどうかっていうのは「備え」の問題なんだろうかって疑問に思う。
    東電関係者でも政府関係者でもないし、彼らが背負っている責任の大きさはそりゃあ大きなものだけど、いざあーいう状況になったときに、意外と「なんとかできる人間」は本当に少ないんだってこと、自分の会社でも本当に骨身にしみた。

    まぁうちの会社がぎりぎり何とかできたのはそういう人たちが死ぬ気で踏ん張ったからなんだけど、いやすげー右往左往はびっくりするくらい発生しましたよえぇ。
    そこから敷衍して考えたら、なんか政府やら東電やらの腰の引けっぷりもなんか判らんでもない気がする。

    でもこれって、本当に「備え」られるもんなんだろうか。
    まだ、よくわからない。

    でさ、そういう「ぎりぎり死ぬ気で踏ん張ったいろいろ」がだんだん社内では「なかったこと」になっていくんだよな。それは誰かの不甲斐なさをみんなで責め立てることだから。

    報道も色々検証しようとしているけど、責められる方は全力で無かった事に倒そうとするんだろう。


    やっぱり、「駄目だった人を責める」ことは「本当に大事な教訓を握りつぶしてしまう」ことに繋がるんじゃないか。
    被害にあった人のことを考えたら、本当にヘタ打ったやつは首くくれ!って思うのもむべなるかななんだけど。


    被災地の復興もまだまだ続いていくし、こういうことをどうしたらいいのかもまだまだ考えていかなきゃならない。

    やっぱり、この日を区切りにする気にはなれない。
    うーむ・・・

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    多摩丘陵 癒しの生田緑地へ(1号)

    いきなりですみません、今回は看板に偽りアリ。


    先週末、なんとか午後に数時間の自由時間が手に入り、久しぶりにP20-RACで走ってきました。
    最近は全然新規ルートを開拓してないのですが、そんな中、暇を見つけては地道にこつこつと「近場で走ってみたいルート」を雑誌などで探してデータ化し、Edge705に取り込んでおいた中から、今回選んだルートは多摩丘陵と呼ばれる一角に広がる「生田緑地」。 

    元々、最新号の自転車人に載っていた物をアレンジしました。

    で、どうアレンジしたか。
    本来のコースは「生田緑地」という公園の中を自転車を降りて通り抜け、里山の趣をたっぷり味わう癒しのコース!ってな趣旨だったのですが、とりあえず今回は時間も限られているし、とくに一人で公園巡っても面白くもないしということで、この公園の中には入らないようなルートにしてみました。

    なので、実際に生田緑地には行ってません。
    ばら苑とか、美術館とか、いろいろ施設も充実してるようなんですがね。
    ということで、看板に偽りアリ。
    でもいいんです、「観光」したいんじゃなくて「里山に癒され」たいので。

    走行記録(INOU Atlas)はこちらです。


    で、結論。
    元のコースから「生田緑地」を抜いてみたところ、「里山情緒も一緒に抜けちゃいました」(笑)
    ルートの前半はひたすらアップダウン、アップダウン。

    中でも一番の難所は専修大学近く(INOU Atlasの画像データ部分にも記載しています)。
    さすがに自転車降りて押そうかと思ったところ、近くで遊んでた子供たちの
    「おぉ、あのチャリンコ、かっこいい~」
    「いいなぁ、あーいうの欲しいなぁ」
    「すげー、この坂上れるんだ~」
    なんて声が聞こえてきて、降りるに降りれなくなったさ、えぇ。

    で、上りきってぜーはーいいながら進んでると、付近の学生風歩行者からは奇異な目で見られるし。


    そんなわけで、首からGRD3を斜めがけにして走ってたのに、全然写真も撮りゃしない。

    さすがにそれもなんだなぁと思いながらも、なんともカメラに収めたいと思うような景色になかなか出会わない。
    いや正確には、そこそこ奥に入ったところなんかに昭和30年代竣工っぽい風化をした住宅や団地がひっそりとあったり、なんかうらぶれ感とも違う不思議な静寂さが所々に現れる、プチ異世界っぽい趣はあるんですけどね・・・

    なんか初めてのルートだし、GPS使ってるくせに道に迷うしで、ちょっと写真にまで気が回らない。
    ルートの概要はなんとなくつかめたので、今度走ればまた違う景色が見えてくるかもしれない。
    そろそろ春だし。 
    R1171896.jpg 
    それでもなんとか「里山」を探して探して、苦し紛れの一枚。

    いや反省。このルートに「里山」を求めすぎたのが敗因だった。
    そこに拘らなければ、そんなに悪くないと思う、このルート。

    で、元のルートは溝の口駅を始点にぐるっと一周して25キロくらいというお手軽コースなのですが、さすがにちょっとそれでは走り足りない。
    トータルの「上り高度」は300m超えてるので小さな峠越えてきたくらいは上ってるのですが、何せ坂が前半に集中しているので一周してくる頃にはその疲れもどっかに行ってしまってるし。

    で、そこから府中街道~ガス橋~多摩川と走って二子玉川迄走り、トータル40キロちょいで終了。



    久しぶりの新規ルート。
    期待した「癒しの里山」は味わえなかった(これは自分のルート設定ミス)し、天候もあいにくの曇天。
    なかなかしんどいアップダウンを越え、見知らぬ道に迷い、交通量の多い道路をびくびくしながら走って(車道走行はすでに自分の中で十分慣れているけど、それでも初めて走る大幹線道路なんかはやっぱり怖い)いく中で、不思議とどんどん自分が浄化されていく感覚を味わいました。

    そう、ここ最近の日常に欠けてたのはこれなんだ。
    癒しの景色や、爽快感じゃなくて。
    自分の力では明らかにどうにもならない厄介さ(坂とか、迷子とか、車道とか)に自分を晒して、乗り越えていくこと。
    おそらく普段目にする時には何の変哲も無いんだろうけど、そんなふうにそこそこ頑張っているときにだけ、何かを語りかけてくる景色。
    すごい大冒険じゃなくて、こういう数時間程度のちょっとした試練であっても、これが今の自分にとって、とても大きな癒しなんだなぁ、と。
    願わくば、その欠片だけでも写真に収めたいんだが。


    なんかここ最近色々ありまして、仲間を、取引相手を、周りのいろんな人を、ずいぶん呪う気持ちにとらわれることが多かった。
    美味しい物や、音楽や文学や映画もいいんだろうけど、そういうものだけではどうしても満たされなかったんだな。

    やっぱり、走らないとだめだ。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    宮前平第2公園(1号)

    いつもどおり全然関係ない話からスタートなんですが、最近本ブログの更新頻度が随分下がっている原因のひとつは「テレビ」、もっというと「BS・CS放送」だと思います。
    以前、地上波しか見れなかった頃はほとんどテレビ見ることも無かったんですが、BSやCSは小粒だけど面白い放送が結構多くてですね・・・いやといっても観てるのは「玉袋筋太郎のナイトスナッカーズ」やら「吉田類の酒場放浪記」やら「野天湯へGo!」やら「ニュースの深層」やら「ピンクフロイド特集」やらなんですけど(一部受け狙いを装った恥ずかしい告白あり)。
    やっぱりテレビ観ながらブログ書くのって、無理。
    文章の質はさておき、書く作業と観る作業はどーしてもマルチタスクできないんです。
    最近のスマホ世代やソーシャルネットワーク世代はそういうこと、いとも簡単にできるんだろうか。

    今はまだ前述のようなどーでも良い番組ばかり観てるので被害も軽いですが、ナショナルジオグラフィックチャンネルとか、ディスカバリーチャンネルなんて観始めたら、多分もう帰ってこれないと思います。


    という話はさておき、本日は2号羽伸ばしDayということで、3号とお出かけ。
    前日は雨降ってたので公園なんか行こうものなら泥だらけ必至だろう、かといってお出かけしないと3号も結局キッズチャンネルやカートゥーンチャンネルに絡め取られてテレビ廃人な一日になるのも必至なので、とりあえず我が家定番の屋内お出かけスポット「電車とバスの博物館」@宮崎台へ。

    で、そこでひとしきり遊んだあと、帰ろうと促したものの3号は断固拒否。
    田園都市線・宮崎台駅から線路沿いに続いている道をお散歩開始。

    で次の駅「宮前平」まで引きずり回されたのですが、その手前に小さな公園が。
    名前は宮前平2号公園。
    まぁ何の変哲も無い、小さな公園。
    滑り台がちょっとだけアスレチック風味。

    でもこの公園、目の前を田園都市線がガンガン走る。
    2012030314010000.jpg 
    ちなみに場所はこちら。

    大きな地図で見る
    さすが子鉄、鼻が利くのぉ(笑)

    しかしさすがの3号でも、これだけ田園都市線ばかりガンガン観るわ乗るわでかなり脳内デフレ起こしたらしく、帰り道ではボソッと
    「こんどは たまがわせん・・・」とつぶやいてました。

    って、その路線に乗ったとして、何処にいけるんだおい。


    さて、ブログも書き終わったし、録画しておいた酒場放浪記でも観るか。

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。