softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    やっぱり乗ってみなけりゃわからない(1号)

     こんなはずじゃなかった2月。
    なんか自分の周りで、大怪我やら不幸やら不和やら多忙やらがしぶきを上げながらがんがん立ち上ってきた1ヶ月でした。
    そんなこんなでなんか元気も出ず、色々進めたい話もなかなか足踏み。
    ブログもほとんど更新できやしない。


    まぁ、自分や家族には特に何も起こっていないのが幸い。
    でもなぁ、元気でないっすね、こういろいろあると。
    なんとなく胃もちくちくするし。


    そんななか、先週末に上京してきた先輩と夜に会うことになり、そのついでじゃないけど夕方に少し時間が空いたので、ちょっと気になってた所に行ってきました。
    東京・青山なんていう日本屈指のサレオツスポットに門を構えるブリヂストンサイクルのショールーム「バイクフォーラム青山」。

    ここ、Anchorブランドの自転車が試乗できるんです。
    ほらやっぱり、RNC7が小骨のように心に引っかかっている身としては、いつまでもテンション低いままうだうだしているより、まず乗ってみようじゃないか・・・って、ここまでの書きっぷりそのものが最近の1号の煮え切らなさを端的に表してますね。

    いや、いつもか。

    とにかく、そんな分不相応なサレオツスポットに赴いて、試乗してきたのでした。
    不良に呼び出された時おなかに週刊少年ジャンプ入れていくかのごとく、せめていつものユニクロは着替えて。


    このショールーム、最新のカーボンロードやアルミロードを中心に試乗させてくれるようなのですが、1号の目的はそっちじゃない。

    クロモリロード、RNC7をお願いします。

    必要事項を記入して、身分証明書を渡して、簡単な説明を受けたあとでヘルメットを借り、とりあえず30分の約束で試乗開始。
    空いていれば30分後に帰ってきて、延長もできそうです。


    で感想。

    とりあえず乗る前に軽くフレームを持ち上げると
    「お、思ったより軽い」

    漕ぎ出した第一印象は
    「ん?思ったより硬い?」

    なんかクロモリってしなやかっていう先入観みたいなものがあったのですが、そんな柔らかい感じはしません。
    よく考えたら金属ですもの、そりゃ当然。

    でも10分くらい走っていると、あんまり硬さは感じなくなってきました。
    ハンドルに伝わってくる振動も20インチのP20なんかに比べればずいぶんマイルド。


    ショールームの近くは結構アップダウンが多く、そのあたりを上ったり下ったりとプラプラ走りながら、あーこれはいいなぁ。クロモリは重いなんていうけど、もっと軽いバイクのこと知らないんだからそれは気にする必要ないよなぁ・・・
    それにしても、この辺(外苑西通り界隈)って、自転車関連の店が多いなぁ。
    メーカー直営だけでもAnchor、スペシャライズド、ビアンキがそろい踏みだし、それ以外にも専門店が数件。
    こんなオサレでハイソで地価が高い街にこれだけひしめくんだから、スポーツバイクって利益率高いのかな・・・

    なんてどーでもいいことを考えつつしばらく走っていると、気がついたら寒空の下、結構汗が吹き出ていた。

    そういうことか。
    ロードバイクってのはやっぱり基本はレースの道具で、「楽に走れる乗り物」というより「エンジン(=人間)から極めて効率的にパワーを搾り取る機械」なんだな、と。
    で、そこには確かな高揚感がある。
    これはラグジュアリーな移動手段じゃなくて、遠くまで走ること、そのものを目的にしたものなんだろう。

    いや、これはいいぞ。
    まぁ本当にRNC7じゃなきゃいけないのか、他の車両との差がお前ごときにわかるのか、そもそもそんなこと判るくらい走ったのかといわれるとぐっと詰まってしまうのですが、少なくともRNC7は良い!
    この感覚、覚えておこう。


    おまけにフレームの造りが美しい。
    やっぱり細身のフレームはいいなぁ。


    なんてこと考えてるうちに30分なんてあっという間。
    ちょっと内なる興奮状態を抑えながら自転車を返却しました。


    で、試乗直後の興奮状態からちょっと間を置いて、改めて考えた。
    実は今乗ってるP20-RACも、あれはロードバイクって呼んで良いモノなんだな、と。
    姿形も構造もずいぶん違うけど、乗った感じはとてもよく似ている。
    おそらく走行距離50キロくらいまで、かつレースでスピード競うような局面じゃなければ、P20もロードにかなり近い乗り味だと思います。

    なんか最近、ちょっとP20-RACと倦怠期、という長距離乗ったときの体へのダメージにちょっと違和感を感じていたのですが、逆にアレも悪くないんだな、って再認識しました。
    確かにこの前ちょっとだけ近所で乗ったとき、言いようの無い高揚感に襲われたもんな。

    で、クロモリロードの乗り味は、もっと遠くへ走って確認したい感じでした。


    そんなこと考えつつじゃあP20から乗り換えるのか?といわれると、輪行はP20の方が絶対有利だし、まぁそのほかにもなんやかんやとありまして、「P20⇒ロードへの乗り換え」はないな、と。
    あくまで「P20+クロモリロード」の方向で行きたいです。
    贅沢な話だけど。


    で、RNC7が良いのはよーくわかった。
    さて、決めるのか?それとももう少し試乗するのか?
    どうする?どうする?


    というか、その前に本気で保管場所確保せぇ、って話だ。

    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    CrossRiderのホイール交換 乗ってみた編(1号)

    調達編 

    作業編

     そんなわけで、色々判らないことも多かったものの、えいやっと海外通販で購入したクロスバイク用(ってわけではないんだろうが結果的にこのホイールをもっとも利用するのはクロスバイクだろう)完組みホイール、M:Wheel。
    やっと「乗ってみた編」です。 
    R1171857.jpg 
    まぁ見た目では良し悪しは良くわからんです。
    個人的には足元が新品になったのはとても気持ちいいけど。
     R1171861.jpg
     乗って一発目。うわーすげぇ軽い!いままでフロントのギアは平地でもセンター(38T)しか使ってなかったけど、フロントを重たいギア(48T)に切り替えてやっと同じくらいの負荷だ!やっぱりホイール換えると違うなぁ・・・

    あ、ちなみに38Tってのは「ギアの歯数が38枚」って意味。38丁とも書く。
    フロントのギアはクランク・ペダルの動きと直結しているので、歯数が多いとクランク1回転させたときにチェーンがまわされる量が多い。

    すなわち後輪がそれだけ回される。
    なので、38Tより48Tの方が「重い」ギアとなる。

    後輪側のギアはこの逆で、歯数が少ない(小さい)方がフロントとのギア比が大きくなって、いっぱい回ることになる。
    すなわち、「重い」ギア。
     ・・・と思ったけど、よーく考えたら今回は後輪のギア(スプロケット)も新調してて、そいつの一番重いギアが13T。
    でもって元々付いていたやつが11T。

    となると、上に書いている内容ってのは、

    (これまで)フロント38T・リア11T⇒ギア比3.45(ペダル1回転で後輪が3.45回転する)
    (今回)フロント48T・リア13T ⇒ギア比3.69

    よーするに、後ろのギア歯数が2枚ふえたのが、フロントギア1枚分の変化に相当する、ってことか。
    算術的にはまぁその通りなんだが、実感的には結構オドロキだ。
    よく本気の自転車乗りが後輪のギア(スプロケット)の歯数についてすげー細かい話をしているのを見聞きして「そんな違いわかるんか?言ってみたいだけなんじゃねーの?」なんてちょっとだけ思ってたけど、全力で訂正。

    ってわけで、今回ずいぶん「軽く」感じたのは、ギア比が変わったから・・・ってオチなのかもしれない。

    うーん、ミもフタも無い。
    なんか書くネタなくて自転車のギア比のことだらだら書き散らしたみたい。
    おまけに、こんな話、誰が喜ぶんだ。

    あ、そうだ。
    ひとつ面白い話。

    ギアの歯数の単位は「T」(ティー)と「丁」(ちょう)の両方が使われるそうな。
    Tは「Teeth」(=歯)から来ていて、丁は「Tに形が似ている」から、みたい。
    本当か?
    そんなんでいいのか?
    まぁいいか。
    おまけにそんなに面白くない。


    で、気を取り直してホイールの話。
    確かにギア比の話はその通りなんですが、たぶんそれを差し引いても体感できる差はあると思います。
    まず上りがラクになった。
    なんというか、ラクというか、踏んだだけ進んでくれる感じ。

    あと、前のホイールより少し堅い感じがします。
    これによって力が逃げずに回転してくれているような印象です。
    で、その分前の自転車より少しゴツゴツ感が強いかなぁと。

    まぁ別にグレードアップを狙って更改したわけじゃないので、劇的に何かが変わってくれることは期待してなかったのですが、やはりホイールを換えると乗り心地への影響でかいなぁ、と実感した次第。 



    実はこのホイール購入を決意した途端に前のホイール、スポークが折れやがりました。
    ついでにホイールを入れ替えた途端に、スタンドがぽっきり折れた。

    やっぱり10,000キロ以上(推定)走っていると、あちこちガタが来るもんだな、と実感。
    その割に、フレームそのものは全然へたる気配も無い。
    アルミって丈夫ですな。

    これまでに交換したのは
    • フロントフォーク
    • ペダル
    • チェーン
    • リアブレーキ
    • スプロケット
    • ホイール
    • タイヤ

    あと残ってるのはフロントブレーキ、変速機(ディレイラー)、ハンドルまわり、クランク、シートポストとサドルくらいか。
    大事な通勤用車両なので、あまり華美なるパーツアセンブルを奢るつもりはないけど、消耗していくパーツはきちんと交換していこうと思う。

    しかしこのCrossRider、いつまで乗り続けるんだろう。
    全く先が見えない。それは良いことだけど。

    不思議なもんです。
    2号も同じくCrossRiderに乗っていたのだけど、彼女とは結局相性が合わず、彼女のCrossRiderは結局1号父の元へ。
    新天地では前カゴつけられたりママチャリのサドルつけられたりと、なかなかどうして嫁ぎ先に染まってはいるものの、そこでも1号父の通勤号として通勤手当てをちょろまかす大事な相棒 として活躍中。

    軽くもないし、速くも走れないし、かといってMTBみたいな走破性もない。
    でもそこそこ丈夫でまぁまぁ走る。

    通勤とか、普段使いにはこの中庸感がいいんだろうな、と改めて思う。
    クロスバイク、やっぱりいいですよ。
    中途半端、上等!

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    いろいろ、ないがしろ(1号)

    2月に入ってからなんか気持ち的には浮上していたものの、今度は量的に仕事やらお付き合いやらが押し寄せてきた。


    ブログ更新が滞るのもやむなし。だってそもそもPCに触ったの、ほぼ1週間ぶりくらいだし。
    ということで、CrossRiderのホイール交換の話(乗ってみた編)は近日アップ予定としつつ、いや誰も待ってねぇよなんて声も聞こえてきそうですがまぁそういわず。
    ホイールの感想についてはそんなに語るネタもないので、引っ張れば引っ張るほどどんどん苦しくなってくるんですが(笑)
    いやはや、ブログもないがしろだなぁ。


    もう一つ、ないがしろ話。

    3号用に去年買ったStrider
    買ったときはこんな感じで、その後もそんなに進展なしのまま、こっちもだんだんないがしろなまま1年経過・・・
    と思ってたのですが、ふと週末に乗せてみたら。
    2012021111480000.jpg 
    あれ?
    いつの間にか一人で多少乗れるようになってるわ。

    こっちがないがしろにしてるうちに、コソ練してたんだろうか(笑)


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    CrossRiderのホイール交換 作業編(1号)

     前回の続き。作業編です。

     とはいってもまぁ雑誌やらWebに載っている作業をそのまま書いても仕方ないので、詳細は省略。
    とりあえず、
    ①リムにリムテープをはめる
    ②リアホイールにカセットスプロケットをはめ、カセットリムーバーをハブ軸のクイックリリーススキュワーがささる部分にはめ込み、モンキーレンチで締めこむことでスプロケットが固定される


    ここまでを部屋の中でさくっと終わらせ、いよいよ外に持ち出して

    ③タイヤの換装作業
    へ。
    我が家は集合住宅に暮らしているのですが、そんな環境で、かつ休日に外で自転車のメンテ作業してるとですね、まぁいつものことだけど子供たちが寄ってくること。

    まぁ彼らの自転車はホイールも外れないし、タイヤを履きかえるなんて想像の範疇をはるかに超える作業みたいなのでやむなしですが、「へー、自転車自分で作ってるんですか?」なんて言われて若干羨望のまなざしなんか向けられると、なんと言えば良いのかわからない(笑)

    いや、こういう自転車は簡単に整備できるようにタイヤ外せるようになってるんだよーなんて話しながら、古いホイールからタイヤをはがし、抜け目無く前輪に使っていたタイヤを後輪へ嵌め(意味があるかどうか良くわからないけどローテーションしてみた)、次に新しい後輪にタイヤを嵌めて空気を入れようとしたら・・・

    ④タイヤに空気が入っていかない
    まさかのポンプ故障。
    どこから空気漏れてるのか?なんて悪戦苦闘しているうちに、子供たちのまなざしがだんだん曇ってくる。
    いや、ずーっと張り付いて見られてるわけじゃないんですけど、彼らは広場で遊んでいて、時々こっちの作業進捗を確認に来る。
    そして、あれー?みたいな顔つき。

    だめだ、直らん。
    やむなく、

    ⑤携帯用空気入れでその場をしのぐ
    でもねぇ、小さいポンプでシュコシュコやっても28インチ(700-28C)のタイヤをパンパンにさせるのはまぁ不可能に近い。
    やばい、子供たちの視線が痛い・・・
    「ウチのポンプ、もっと大きいよ~」とか、なんか俺の為替レート暴落気味。

    で、なんかもう本来の目的からずれちまってますが、この際やむを得ない。

    ⑥子供たちをびっくりさせる為にCO2インフレータでバシュッとCO2充填
    おぉ、さすがにこれはみんなびっくり。
    すごい、一瞬でパンパンだね~なんて。

    でもね、CO2は空気(じゃないけど)抜けやすいから、緊急用なんだぞー。ちゃんと普通の空気入れないとな。
    まぁその空気入れるポンプが壊れているわけなんですが。

    いや、いいんだ。
    だって、今日中にやってしまうべき作業はまだあるんだ。

    ⑦ホイール、スプロケットが変わったせいで変速機が調子悪くなるので微調整
    ⑧ホイール外したりつけたりする過程でブレーキの効きがちょっとおかしくなった(片効き状態)ので微調整


    こんなちまちました作業は子供にアピールするでもなく、暗くもなってきたのでひとりで黙々とやったさ、えぇ。
    そう、この作業しておかないと、後日空気を入れなおした後にすぐ試走できないじゃんか。
    そう、だから意味あったのだ。敢えてCO2ボンベ1本無駄にして空気入れたのも。

    そして屋外作業完了。
    家に戻り、

    ⑨Amazonで新しい空気入れを注文(プライム会員だから翌日には届く、すげぇ)
    してから2号に事情を説明し、まぁそれなら仕方ないねと了承。

    でも、できれば明日試走したいなー、会社までとは言わないまでも、近くの駅まででもいいから乗ってみたいなーなんて思いながらこの日の作業はすべて終了。

    そして、

    ⑩翌日朝、やっぱりCO2インフレータで空気入れた前輪はペチャンコ


     さて、試乗編を別に書かなくてはならない流れになってしまったのですが、そもそもそんなに違いが判るのか?書くことそんなにあるのか?という不安感に襲われながら次回に続く

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。