softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    CrossRiderのホイール交換 調達編(1号)

     唐突ですが、2号が提唱する

    機動戦士ガンダム最終話の名台詞
    『あんなの(=脚)飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ』
    ってのは、アニメの制作スタッフがプラモデルメーカーへ
    「ロボットの方がプラモ売れるからって、何でもかんでも脚つけさせるんじゃねーぞ」という心の叫び
    を代弁させたんじゃないか

    という仮説に激しく頷いたゆげ1号です。
     
     それはともかく、こちらでちょっと触れたとおり、結局買っちまいましたよCrossRider用の新しいホイール。

      購入したのはM:Wheelってとこで組んでいる完組ホイール。
    R1171830.jpg
    ダンボールでかい。
    ちなみに運送会社が前日郵便受けに入れていった不在通知には差出人欄に「イギリス」って書いてあった。

    R1171832.jpg
    ホイールのパーツ構成は以下の通り。
    リム :Mavic A319(バルブは仏式/米式両対応)
    ハブ :Shimano Deore
    スポーク:DT Swiss プレーンゲージスポーク
    クイックリリーススキュワー:付属

    ハブにDeoreを使っているため、後輪のハブ軸寸法(OLD)がMTBやクロスバイクで使える135mmとなります。

    で、これだけじゃ自転車に取り付けても走れない。
    後輪にはチェーンを受けるためのスプロケット(歯車の束)が必要。
    これは今使っている変速機に合わせて選ぶ必要があるのでShimanoの8速用を選択。
    製品名はShimano HG50 8 Speed Cassette 
    R1171826.jpg 
    ロード用を選択していますが、MTB用でも問題なく使える。つーかもともとはMTB用が付いていた。
    MTB用の方が低速ギアと高速ギアの歯数差が大きいので、速度域のレンジを広く取りたければMTB用が良いんでしょう。

    次。
    クイックリリーススキュワーという、自転車とホイールの脱着をレバー一発で可能にしてくれるシャフト&レバー。
    これはまぁ安いのを・・・ってあれ?スキュワーって付属してたんじゃ?
    ・・・いやまぁ、ついうっかり付属して無いもんだと勘違いして(涙)
    まぁ、無かったことにしてください。
    ちょっと勇み足。

    これでパーツは揃った・・・と思ったらまだ落とし穴が。

    その1:リムテープ(リムフラップ)
    リムとチューブの接触面に張って、チューブがリム上にあるスポークの根っこに当たってパンクしないようにするテープ。
    R1171827.jpg 
    2つ買ったけど、1つ買えば2本(前輪・後輪分)付いてきます。
    1つは予備。 なんせ不器用なもんで・・・ってごめんなさい、嘘ついた。
    だって2本ついてるなんて何処にも書いてなかったんだもの。
    これもちょっとした勇み足。

    その2:カセットリムーバー
    後輪のハブにスプロケットを取り付ける時に必要(取り外す時も)。
    R1171828.jpg 
    こいつらは後から慌ててamazonで購入・・・。
    ま、そんなに高価なものではないのでいいか、と。

    ちなみにこのほかに「チューブ」と「タイヤ」も当然必要ですけど、チューブはこれを記に米式⇒仏式に切り替えようと思って事前に買っておいたので準備済み。
    タイヤは今履いているいるものを使いまわすので不要。

    あと、スプロケットを「取り外す」為のスプロケット抑え(チェーンウィップ)工具も買っちまいましたが、
    「取り付ける」時には不要。

    今回、いったい何歩勇み足してるんだ

    これだけ揃えてだいたい18,000円くらい。ホイールだけだと前後で15,000円くらいなので、まぁShimanoのクロスバイク用完組みホイールが20,000円ちょいすることを考えてもまぁお得といえるでしょう。

    なんか、職場のボスが「俺のクルマのアルミホイールは1本4,000円だけどな」って言ってるのは空耳かな。


    で、いよいよホイールの交換作業ですが、偶然今月号の「自転車人」にスプロケットの脱着方法が載っていたのでそれを参考に。
    あと楽天市場に出展している「be.Bike」のWebサイトにも手順載ってますね。
    カセットスプロケットを交換する。 

    ちなみにBe.BIKEのWebサイトには「メディカルセンター」というコンテンツがあって、そこには自転車の整備関連の情報がかなり充実しています。おすすめ。

    続きます。

    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    物欲日記(1号)

     まぁいつものように冒頭はまったく関係ない話からスタートするのですが、3号(息子:3歳)が水疱瘡を患いました。
    最初のうちは随分痒いようだったのですが、暑いと痒みも増すんじゃないか?と思い立って試しに部屋の暖房を止めてみたところ、3号の体の痒みも全然気にならないくらいに軽減されるわ節電にはなるわ寒いので酒が進みすぎて1号2号ともに朝起きれないわでまぁえらい騒ぎな週末でしたよ、はい。


     で、今回は最近買った諸々の品々の話。


    ■通勤用バッグ Vans Harbinger Messenger Bag Winter 2011
    R1171565_20120123231406.jpg
     これは去年の12月くらいにChainReactionCycles(英国)から通販で購入したもの。
    容量の割に軽くて、使い勝手も良い。
    このデザインだと会社に持って行ってもあんまり違和感無いし、もちろんプライベートユースでも問題ない。

    でもってお値段が日本円で5,000円くらい。
    日本国内価格はもっと高い。いくらかは書かないけど。

    いや、これは良い買い物した。
    グレーっぽい色違いも出るもあったのだけど、こんなにコストパフォーマンス高いのなら色違いでもうひとつ買っても良いかってくらい気に入った(←昨年末の宣言を早くも忘れかけている)のに、この11年モデルは残念ながら販売終了。

    現在は2012年モデルが6,500円位で売られていて、この値段でも十分お得だとは思いますが、さすがに値上がりしちまったらもうひとつ買おうとは思わない。


    ■前照灯(ライト) HL-EL540RC CATEYE キャットアイ ECONOM FORCE

     自転車通勤が1年以上続き、夜走る機会も増えるわけですが、そうなるとやっぱり明るいライトが欲しい。
    普通の通勤路もさることながら、時にはちょっと夜の多摩川に寄り道(いや走るだけですよ念のため)したくもなるじゃないですか。そういう道を普通のライトだけで走るのはかなり怖い。
    で、明るいライトはまぁL2DとかMoonとか色々売ってはいるものの、なかなか通勤というデイリーユースに耐えられる(毎日1時間くらい使われて、時には落とされたり濡らされたり、最悪壊れてもやむを得ないと思える)ものがねぇ・・・

    欲しかったのは、こんな条件。

    • 充電して使えること
    • ブラケットが安価に調達可能なこと(他の自転車でも使いまわしたい)
    • 最悪乾電池でも動くこと
    • フラッシングしてくれること(常用はしないけど・・・本当は前照灯をフラッシュさせるのは道交法違反らしい)
    • さすがに1万円は出せない
     で、たまたま見つけたのがCatEyeのHL-EL540RC。
    「単3形ニッケル水素充電池と専用充電器が付いているモデル」と「アルカリ電池のみ付いてくるモデル」がありますが、前者を購入。
    すでにエネループとかをいっぱい持ってる人は後者のモデルのほうが良いと思います。
    これ、明るくて良いです。
    値段もまぁまぁだし。

    あと細かい話ですが、充電中は点灯ボタン押してもライトが光らないようになっていたり、バッテリー残量が減ってきたらインジケーターでお知らせしてくれたり(ので、充電頻度を減らせて充電池の延命につながる・・かも)と、細かいところの運用性が考えられているなぁと。


    ■クロスバイク用ホイール(未着)

     えぇ、買っちまいました。
    今はまだ異国の地を出てないと思いますが・・・
    いやね、まぁいいタイミングだったんですわ。

     通勤で使っているCrossRiderに元々付いていたホイール、もちろんそんなに良いものでもないし、結構フレが出てしまうこともあるのですが、まぁ大きく困っているわけでもない。
    でもねぇ・・・なんかいじりたくなるじゃないですか。
    おまけに通勤やら買い物やら子供乗せやら散歩やらで酷使されているのに、P20やらビアンキやらに比べていまいち目をかけられてない、丈夫がとりえ故の不遇を囲っている愛車。

    事実、こいつはここんとこ「消耗物品の交換」しかしていない。
    去年はチェーン切れるわスプロケット磨り減るわブレーキシュー代えようと思ったら在庫がなくて思わずブレーキごと代えちまったりとか(一部勢い余っている気がするが気のせいとして)、消耗品が消耗しきってトラブル起こってからの対応ばかり。
    ちゃんと消耗する前に手を打って、トラブルは未然に防がなきゃ。

     ま、こんなところで理論武装はOKだろう・・・と頭では理解しつつ、どーしても踏ん切り付かなかった約1年間。
    なんか、あんまりモノ買いたいテンションじゃなかったんですな。

    一方、クロスバイクのホイールって選択肢が少ないんですよね。
    サイズは700Cというロードバイクと同じ径なのに、ハブ軸の幅(OLD)がMTBと同じ135mm。
    そんなわけで、ロードバイク用ホイールもMTB用ホイールも流用が難しい(前者はできなくは無いがちょっと無理がある)。

    でもまた例によって海外通販サイトで見つけちまったんですよね、クロスバイクに使えるホイール。
    こいつをずーっと買おうかどうしようか悩んでたんですが、先日ちょっと酒が進みすぎた夜中についついぽちっと。
    なんかね、こんな円高ポンド安、そうそう続かないぞ~ってお告げがあったんです。

    えぇもちろん、酒の神から。
    かなり目が据わり、呂律が回らない風情でしたが。


    こちらについて、詳しくはまたおいおい。

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    世田谷ボロ市 ふたたび(1号)

     先日、当ブログのボロ市エントリに拍手をいただいてしまったのに気を良くして、1月のボロ市にも行ってきました(笑)
    12月の訪問記by2号はこちら

    1/15(日)にも家族3人でちょろっと訪れたのですが、さすが休日の昼時、群集の海の中を漂うばかりで見れたもんじゃない。
    それでも2号は前回同様「プラチノのマフィンを10個」購入してご満悦。
    しかし、まぁそれくらいが限界でした。

    その後、ボロ市へリーチする為の数少ない交通機関である東急世田谷線に乗ってみましたが(乗る必要は無いのだがこの辺に来ると3号が「乗せろ」とうるさいので)、まぁえらい混み様でした。
    下高井戸から来るやつは京王線・小田急線からの乗り換え客を乗せてくるし、三軒茶屋から来るやつは東急田園都市線からの乗り換え客を乗せてくる。
    さすが400年以上続く歴史的なお祭り。
    大したもんだ。

     で翌日、「ボロ市最終日の夜ってどんな雰囲気なんだろう」と思い立ち、1号が一人で立ち寄ってみました。 
    2012011618270001[1] 
    平日夕方とはいえ、そこそこ賑わっています。

    ただ、この時間に訪れても「名物・代官餅」も「プラチノのマフィン」もとっくに売り切れてますので、その辺は諦めましょう。
    「いわしげんこつ」は大丈夫、買えました。

    この日はすごく寒かったのですが、だからこそそんな中で甘酒を飲みながら出店をなんとなく観て回るのがとても心地よく、そして飲みきったあたりでまた次の甘酒屋があったりしてうまくできてるなぁと感心しながらお代わり。

    都合3杯も飲んでしまったのですが、だいたい各店100円/一杯のところ、一軒だけ150円の店があり、確かにここの甘酒はちょっと濃い目でした。
    でもまぁどれもおいしかったです。この雰囲気とこの寒さじゃね、なかなか差は出ない。


    しかし以前に2号が書いたとおり、まぁ多種多様なお店が軒を連ね、なんか本当にパラレルワールドの蚤の市に迷い込んだような素敵な空間なんですよ、ボロ市って。 
    でも、中にはずいぶんと「写真撮影お断り」の店が多くて、なんかそこはちょっと興ざめです。


    ま、この日はGRD3もっていくの忘れたから、どーでもいいんだけどさ(笑)

    Category : ご近所ポタ
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Seek R3へのスパイクタイヤ装着 そのに(1号)

    (前回までのあらすじ)

     昨シーズンまでは前輪にしかスパイクタイヤ履いてなかった2号の実家用クロスバイク、GiantのSeek R3にやっぱり後輪にもスパイク履かせたいとWiggleで物品調達したんだけど、いざ帰省してみるとSeekには錠がかけられていて、その鍵も持ってきてない。
    さて、どうする?

    2号:ワイヤー錠、切ったりできないかな。

    1号:そんな簡単に切れないだろ・・・


    1号親父:ディスクグラインダーでばっさりいくか?

    1号:えぇっ!?

    ちなみにディスクグラインダーってこんなの。
    RYOBI(リョービ)ディスクグラインダー G-104P

    RYOBI(リョービ)ディスクグラインダー G-104P
    価格:8,450円(税込、送料別)

    親父の工具撮影するの忘れたので、楽天アフィリエイトの画像でご勘弁を。

     とりあえずSeekを1号実家へ移送し、作業開始。
    グラインダーでばっさりワイヤーを切ってしまうのは一瞬でできるから、その前にワイヤー錠の「関節部分」をドリルかなんかで壊せないか試してみよう、そうしたら後で再生できるかもしれないからと親父。

    で、15分ほど格闘した(のは親父だけど)けど、これが意外と強敵。
    1,500円くらいのワイヤー錠(まぁワイヤーはそこそこ太いのが3本ほど捩ってあるけど)ながら、やっぱり壊されそうな部分はかなり硬い材質使っていて、ドリルでもなかなか歯が立たない。

    じゃ、最後の手段行きますか・・・・
    ということで、親父が取り出したグラインダーがきゅわーんとうなりを上げ始めた。

    グラインダーだと15秒ほどでばっさり。
    やっぱりすげぇ。
    そして切られたワイヤー錠よ、本当にすまん。
    今までありがとう。

    親父もありがとう。おかげでSeekに乗れるようになりました。

    さてそんないきさつを経て、やっとSeekにスパイクタイヤを装着可能な状態に。

     で結論。
    後輪に32Cのスパイクタイヤは問題なくはまりました。 
    R1171719.jpg
    他のクロスバイクだとどうなのかはよくわかりませんが、見た感じでは37Cまで履けるホイール使っている車両なら32Cのスパイク大丈夫な気がします。
    あ、あくまで素人の目検討ですよそこんとこご了承を。

    ちなみに前輪には37Cのスパイクタイヤ(昨シーズン導入:2号に買ってもらったのでサイズ覚えてないけど37Cか42Cのどちらか)を履いているので、前輪の方が太くて後輪が細いというちょっと異型なスタイル。
    R1171722.jpg
    ま、ぱっと見て違和感はないし、実際こうするしかないのだからまぁこれでよし。
    ちなみにピン数はどちらも240ピンです。

     というわけで、めでたく両輪スパイクタイヤとなったSeek R3。
    やっぱり前輪のみスパイクだった昨シーズンと比べても安定性は格段に違います。
    今回の帰省では時間的な制約もあり、がんがん乗れたわけではないのですが、これは冬道散歩がかなり楽しくなると思いました。なんせ、歩くよりは絶対滑らないし、当然速い。

    で、気がついたことを幾つか。
    あくまでSeek R3+スパイクという組み合わせでの感想です。MTBだとまた違うかもしれません。
    • 圧雪/アイスバーン路面はかなり走りやすい一方、ザクザクの雪が積もっているような路面はスリップして走りづらい。雪が積もった公園なんかに乗り込もうなんて気にはいまいちなれませんでした。
      ⇒この点、どうなんだろ。MTBよりタイヤサイズがでかい(700C)んだから有利な気もするんですが・・・ホイール径よりタイヤ幅の方が重要なら、却って不利でしょうが。
    • Seekは前後共にサスペンション付いてないんですが、特に問題は感じませんでした。サスなんて飾りです!偉い人にはそれがわからんのですよ!
    • 楽しく走れるコース、ルート探しがとても重要。言い換えるとどこでも楽しく走れるわけではない。例えば交通量の多い幹線道路とか、車道のコンディションはとてもスパイク向きなんだけど、さすがに車道走行は無理。また走りやすさは除雪状況にもかなり影響を受けるだろうから、こつこつと「お気に入りの道」を発掘していかないと厳しい。そーなると、たまに帰省してきて乗るような運用だとなかなかルート発掘ができないんだよなぁ・・・
    • ものぐさな話で恐縮ですが、シーズン毎にタイヤ履き替えるのめんどくさ~い。安くていいからホイールをもう一組用意したほうがいいかなぁ。
    • 1シーズンの間ガシガシ走ってたらペダリングが上達しそう。とにかく均一な力でペダリングしないとホイールが空転して力が逃げてしまうので。

     まぁ帰省のタイミングくらいしか乗れないのでなかなか楽しむ機会がないのですが、
    今シーズンもう一回くらい乗りたいなぁ・・・
    R1171786.jpg 

    今回の帰省、好天と豪雪がめまぐるしく移り変わり、とても冬の北日本、日本海側らしい日々でした。
    関東にいるとほとんど見ることが無いからか、ぶ厚い雪雲を見ると自分が北日本出身だってことを強く感じます。

    離れて10年以上。
    どんどん寒さに弱くなってるんだけどな。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    Seek R3へのスパイクタイヤ装着 そのいち(1号)

     なにやら先日のINOU雪道データ、オンライン/オフライン共に(Softtail.logにしては)随分な反響でした。
    どっちかというとネガティブな(笑)

     ま、良いんですそれで。
    INOUが写す景色は、そりゃまぁ秘境やら世界遺産を撮るのならともかく、そこらへんを走って撮った映像なんて究極的には「撮った人にしか響かない」と思う。
    その映像と、それが収められた瞬間に想ったことのつながりは、本人にしかわからんもんね。


     さて今回は2号の実家に配備されているSeek R3へのスパイクタイヤ装着話。
    元々こいつには購入店のアドバイスに従い、前輪だけスパイクタイヤを用意していました。 

     まぁこれでも良かったんですが、どーせなら後輪もスパイクタイヤ履きたい、ってことで色々検討し、実のところ本当に使えるかどうかは確証なかったんですがMarathon Winterの32CモデルがあったのでそいつをWiggleで購入。
    Seek R3で採用されているリムは大体28C~38Cくらいまでのタイヤサイズをサポートしているので、32Cならまぁ履けない事はないだろう。元々ついているタイヤも32Cだし。
    最悪、どーしても駄目なら親父に譲ったCrossRider(元々2号が乗ってた方)に使ってもいいし。
    親父がそれを望むかどうかはこの際置いといて。

     で、帰省するや否や、実家を送付先にしてwiggleに発注してたスパイクタイヤを2号の実家(判りにくい話で恐縮ですが、1号と2号の実家は同じ市内)に持ち込み、そこに鎮座しているSeekと久々のご対面。

    あ、ガレージ保管とはいえ、さすが2号しっかりしてる。
    ワイヤー錠でフレームと後輪をロックしてるわ。
    大事な自転車だもんね、錠は基本。

    1号「あのさー、Seekをロックしている錠の鍵、貸して~」


    2号「は?」

    ・・・あぅ、これは想定外。

    つづく

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    雪道×INOU(1号)

    年が明けての3連休に有給休暇をくっつけて、帰省してきました。

    R1171732.jpg  
    で、せっかくなので2号が衝動買いしたSeek R3にスパイクタイヤを装着し、ちょいとお散歩。
    去年は前輪だけでしたが、今年は後輪にも装着。

    これは良い。
    圧雪路、アイスバーンなんかだと本当に滑らない。
    まるで、街中がMTBコースになったみたい。

    なんて呑気なこと書いてますが、まぁそれなりに色々あったし色々考えたので、別途小出しに書いていきます。

    とりあえず、近場プラプラしたのをINOUで記録したのでリンクしておきます。

    こちら。
    INOUで冬道を撮るとこんな感じです。
    青空とどす黒い雪雲が粗い画像で捉えられてますが、この雪雲、
    夕方にはかなりえげつない吹雪をお見舞いしてくれました。


    ということで、本日は帰省地からの戻り行路でちと疲れたのでこれにて御免。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    一年の計(1号)

    新年あけましておめでとうございます。
    R1171634.jpg
    こんな感じで、今年も正月早々「元日の夕暮れ写真」からスタートするようなヒネクレモノですが、なにとぞご愛顧のほど。
    いや、そんなかしこまった挨拶が必要なほど読んでる方はいらっしゃらないんですが(笑)。


    で、今年の正月は帰省せず、自宅でのんびりと過ごしました。
    こんな正月、7~8年ぶりくらいか。


    正月くらいグータラしたい親(=我々)の一方的な都合で、「魔の三歳児」に突入している3号へ封印していた「ToughBook」を解禁してやったところ、まぁものの見事にYoutube廃人状態になりやがり、途中から怖くなって再封印したり。 


    正月といえば凧揚げだろ!ということで2号が去年のボロ市でゲットした古ーいスポーツ凧(ゲイラカイトみたいなやつ・・・って歳ばれる?)で遊んでたら、  
    R1171641-1.jpg

    その後、お約束のように木に引っかかって取れなくなったり。
    #つーかまだゲイラカイトって売ってるのか!知らなかった・・・


    2号渾身の筑前煮を中心にしたおせち料理をぱくついていたらいつの間にか日本酒が1.5升空いてたり。
    (そのわりに体重増加がそうでもなかったのは煮物が野菜中心だったからか?)


    でもってやっぱり暇と体をもてあます夕刻には毎日のように自転車でふらっと散歩に出かけ、これって普段の休日と何が違うんだ?なんて思ったり。


    まぁ、取り立てて語るほどのことも無い出来事がゆっくり流れていく、穏やかな正月でした。
    去年の自分はやっぱり殺伐つーか重たいものがのしかかった感じだった(ブログの文章もそんな感じだったみたいですな。自分では気がつかなかったけど)けど、でもってそれは今年になったからといってどうなるもんでもないのだけども(あ、いや別に深刻な悩みや問題があるわけじゃないですよ念のため)、去年よりは愉快な顔して過ごしていこう、なんて思いました。

    だからといって、人の顔みて「いやー愉快愉快」なんて笑わないでください。
    思ってもいいけど。


    で、今回の記事、タイトルを「一年の計」にしたのですが、あんまり大きいことは考えてません。

    とりあえず、
    「今年こそクロモリロードバイク購入!」
    だけは宣言しておきます。

    いやまぁ、年齢的も今年は節目だし、もっと色々と人生において掲げるものあるんじゃねぇの?今年はいろんなフラグ立ってるんだよね?って話もありますけど、そもそもやらねばならぬことは宣言せずともやらねばならないんですよ。
    だから、良い。
    幾つかの楽しげなことで自分を奮い立たせればそれで。

    で本題に戻りますが、これを実行するにはですな、自転車を選ぶのと並行して
    • 諸々の不用品(自転車生活のバックナンバーとか・・・ってしつこい)を処分
    • 部屋に自転車収納スペースを確保
    といった作業をやっていかなくてはならないのです。

    これがハードル高い。
    なんせゆげーずは二人とも「片付け下手」&「貯め込み癖」&「ロングスリーパー」という3重苦を抱えてる(ひとつ関係なし)わけで、でもまぁこれをクリアーしなければ前には進めない。
    でもまぁせっかくだからしっかりやろう、でもってついでだから徹底的にスペース空けてソファーも置きたいねぇなんて話をしているので、これも必達目標として大書。

    ということで、部屋の大片付けの合間を縫って(片付けは年末から着手してるんですがね)、ぼちぼちと近所の自転車屋さんを巡ってみようかと思います。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。