softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    妊婦と自転車のその後

     どもです。ゆげ2号です。

     妊婦と自転車のその後について…のまえに、以前に書いた文章を簡単にまとめておきます。

     [カテゴリ新設にあたり前書き]→「自転車に乗りたい!」という動機について
     [妊婦が自転車ってどうなの?]→悩んで調べて医者にきいて、久しぶりに自転車に乗るまで
     [妊婦が乗りやすい自転車とは]→安全かつ健康的に自転車に乗るために気をつけたこと・自転車の改造など
     [恥ずかしい骨の話 前編 恥ずかしい骨の話 後編]→なんだか自転車に乗っているほうが調子がいいので、自分なりに理論武装してみた(笑)

     今現在、胎児名ゆげっちことゆげ3号は無事にリリースされ、一緒に自転車ライフを楽しめるまでに育っており、妊娠中に自転車に乗っていたことでのデメリットは特に感じていません。むしろメリットがたくさんあったように感じています。でも、一応以下のことは書いておかねばならないんだろうなあ。

    ※ゆげ2号は医者ではないので、あくまで個人的な経験を拠り所とした一個人の考えということをご了承ください。実際に自転車に乗るかどうかは自己責任ですよ。主治医と相談してくださいね(くどくてすみませんが)。

     それでは[妊婦が乗りやすい自転車とは]のその後の話をぼちぼちと。

    ■自転車に乗っていた期間
     8ヶ月目すぎくらいまでは乗っていました。9ヶ月目に入るちょっと前に里帰りすることが決まっており、自転車を実家に持っていくかどうか悩んでいたのですが、8ヶ月に入ったくらいからお腹がつっぱって休みを入れることが多くなり、自然に「そろそろやめておこうかな」となりました。ただ、実家に帰ってから禁断症状が出て「軽く流す程度でいいから自転車乗りたい~。持ってくればよかった~。」と結構後悔しましたが。
     
    ■自転車の調整について
     最初の改造・調整でしばらくはよかったのですが、お腹が大きくなって足がお腹を押すようになってきたころにハンドルを高く、サドルをやや低くして調整しました。

    ■メリット1 体重の増加が抑えられた
     つわりが早期に始まり、一時期カットパイン(一口大に切られたパイン)しか食べられなかった時期もありましたが、もともと食いしん坊ですのでその後はしっかり食べてました。塩分とかは一応気をつけていましたけど、ずっと家にいるのに食べるのを我慢するのって難しいですよね。それでも体重の増加について注意されたことがなかったのはひとえに自転車のおかげかなーと思っています。

     ちなみに誤解されることがあるのではっきり言っておくと、ゆげ2号は健康優良児体型(笑)で痩せ型でもましてやアスリート型でもありません。運動苦手だし。体脂肪率もアレだし(涙)。それでも妊娠前体重からの増加は7kgに抑えられ、出産後1週間で元に戻りました。

     とはいえ、そんなにハードに乗っていたわけではありません。普段は近くの買い物で2~3km程度。週末にはゆげ1号と10~20kmくらいを休憩を入れつつゆーっくり走っていました。スポーツサイクルではゆるゆるもいいところです。

     そんな感じで体重が管理できていたのは、運動による脂肪燃焼効果もなくはないですが、それよりもストレス解消によってドカ食いしないですんでいたためではないかと思います。

    ■メリット2 心・体の不調が抑えられた
     妊婦になっても運動大好き・歩くの大好きという方もいらっしゃいますが、ゆげ2号はまったくダメでした。500メートルも歩けば息が上がり、膝や腰が痛くなり、ふくらはぎがはり、どんなにマッサージしても足がつって真夜中に飛び起きる始末。寝返りしただけでも恥骨結合の痛みはあるし、そりゃあストレスもたまるってもんです。

     しかし、自転車に乗ればすべてOK。加えて血行がよくなるせいか、自転車に乗った後は体が少し軽くなるし、その後に歩ける距離も長くなるし、夜は足がつることなくぐっすり眠れるし、重力から開放されて風を感じて走るのは単純に気分がいいし、いいことづくめでした。もし自転車がなければもっとずっとつらい妊娠期間をすごしたのではないかと思います。

    ■メリット3 意外と人に注目されない 
     妊娠8ヶ月目ころに公園のサイクリングコースを走っていたときの話。私はお腹が前に突き出るタイプで、とっくに足元が見えないほどお腹が大きくなっていました。大きめサイズのスポーツウェアを着ていてもあきらかにお腹が大きいとわかるのですが、スポーツライクな自転車でやや前傾姿勢をとっているせいか、走っている間は「お腹見られてる~」と感じることはなし。 気づかれても通り過ぎた後だろうし。
     
     ただ、自転車を降りたとたん、自転車と妊婦の組み合わせが意外なのか、二度見されたことは何度もあります(笑)。

    ■そんなわけで大総括
     自転車最高!自転車ブラボー!自転車フォーエバー!

     以上…というのもなんなので、ちょっとまじめに。

     というわけで、やたらと自転車をほめそやしましたが、要は自分が楽しくて続けられる有酸素運動ならばどれも効果があるのではないかと思います。ただ、自転車の利点をあげれば、家を出てすぐに始められること、好きな時間に始めて、好きな時間にやめられること、束の間体の重さを忘れられること(これは水泳も)などがあり、運動嫌いの私には自転車がとても相性がよかったということです。事故の危険など注意が必要なことはありますが、自転車の効能がもうちょっと評価されてもいいんじゃないかなーと思うんですよねー。

    スポンサーサイト

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    拍手ボタンのこと

     どもです。ゆげ2号です。

     まれに、おいしいお店のサイトや何かでうちのブログの記事が引用されていることがあるのですが、毎度毎度前置きが長いうえに本文とはまーったく関係のないことを書き連ねているため、引用先の記事でもその愚にもつかない文章しか見られないので、口コミを参考にしようとした方には全然役立たないどころか、むしろそのお店にはマイナスなのではないだろうかと思う今日この頃です。あんまり前置きが長いのはよくない。 うむ、よくない。

     ところで、MAR-DE NAPOLI(マルデナポリ)って店名、すごいですね。支店がいっぱいあるからおいしいんだろうなー。行ったことないけど。

     いろいろさておき。あんまり目立たないのですが、当ブログには各ページの末尾に[拍手ボタン]というものをつけております。特に何の説明もしておりませんし、押していただいたからといってお金がもらえるとか、どこぞのブログランキングでの順位があがるとかいうものでもありません。読んでくださった方が、「この記事を読んでおもしろかったなあ。この気持ちを記事を書いた人にちょっと伝えたいなあ。」と思ってくださったときにポチッとしてもらうと、ゆげーずがほっこり喜ぶというだけのボタンです。

     キーワード検索でダイレクトに興味のある記事だけをあちこち読みあさっている方が多いでしょうし、最後まで読んだからといっても、またちょっと面白いと思っても、[拍手ボタン]を押すとは限らないですよね。それだけに、たま~に古い記事なのに[拍手ボタン]が増えていると、「ああ、まだ読んでくださっている方がいるんだなあ。うれしいなあ。(ほっこり)」とか思うわけです。特に今現在、新人ゆげ3号の教育・世話に追われてブログを書く時間もネタもなかなか作れない状況では、ことさらに(ほっこり)するのです。

     忙しい時間を割いて記事を読んでくださった方、その中で更に[拍手ボタン]を押してくださった方、本当にありがとうございます。

     …と流れ的に書いてしまいましたが、この記事の本題がそれというわけではなくてですね、えーとえーと…、そう!そうやって未だに読まれている記事の中には、ちょっと内容が尻切れトンボかなーってものもあるわけです。尻切れトンボになった原因としては「個人的な事情で書くのを中断している間に記事の鮮度が失われてしまった」とか「体力の限界っ…!」とかあるのですが、未だに読んでくださっている方がおり、[拍手ボタン]を押してくださる方がいらっしゃるとなるとそういう記事が気になってしまうわけで。

     で、本当にいまさらですが、[苦悩の(?)マタニティ]カテゴリーでその後の話を書こうかなーと思っとります。まっったく興味がない方や、「ゆげ1号氏の硬派な(笑)文章が読みたくて来てるのにん」という方にはすみませんが。

     というわけでそのうち書きます。書くぞ!以上、リハビリを兼ねた前置きでした。 

     …だから前置きが長いのはよくないって。 

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    誰にも言えない

    美人時計のことを「全然美人出てこないじゃん」なんていう大人はいまいち信頼できないゆげ1号です。
    そんだけすごい審美眼、世界平和とかエコとかプリウスの改修にでも活用しとけ。


    さてそんな話はさておき、会社からの帰り道にあるリサイクルショップで今や生産終了となっているPEUGEOTのPACIFIC-18(BD-1のOEMモデルらしい)がPS3より安い値段で売られているわけですよ。


    思えば、かつて憧れの存在だったBD-1。
    ぶっちゃけ、今懇意にしている自転車屋さんでKHSを勧められるまでは買う気満々だったBD-1。
    該当者氏が購入したBD-1をちょっとまぶしく眺めていたあの日。


    でも、いじり始めるとキリなさそうだし。
    KHS持ってるし。
    ウチには置き場がないし。

    誰にも相談できない、ささやかだけど深い、けど胃潰瘍なんて1ミリも造りそうにない悩み(笑)

    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    twitterテスト中

     北国育ちの人間とは思えないくらい冬季オリンピックにはいまいち盛り上がらないゆげ1号ですが、今更ながら国母選手の言動とその批判を眺める度に、なんちゅーかやりきれなさを感じます。

     国母氏はそもそもプロスノーボーダーなわけで、その立場からするとあーいう格好・言動はその世界における様式美みたいなものなんでしょう、多分。
    だとしたら、オリンピックといえど自分のアイデンティティやら商品価値を保つためにはあーいう振る舞いをするしかないんじゃないか、と。

     その一方、オリンピックはそもそもアマチュア競技の最高峰大会なわけで、そっちサイドの人たちの様式美は「清く・正しく」なのから、まぁどっちかがどっちかに合わせることは難しいよなぁ・・・なんて思います。


     なんか、どっちも自分が「かくあるべし!」という信念に基づいて自己主張しているようには見えないんだよな。
    自分の仲間内からどう見られているか(=様式美)が一番大事で、それを守るために頑張ってるだけみたいな。


    ・・・なんて独り言はブログじゃなくてtwitterの方がいいのか?なんてちょっと思ったので始めてみましたtwitter。

    しばらく使ってみて、ブログとの棲み分けとかを検証してみます。

    Posted by ゆげ1号 on  | 6 comments  0 trackback

    久しぶりに50キロ(ちょっと)越え

     We are the worldのリメイク版のビデオを見たけど、マイケルジャクソン以外に知っている名前はカニエ・ウェストとサンタナくらいしかいなかったことに軽くショックを受けているゆげ1号です。

     

     最近は天候やらなんやらを言い訳にしてあんまり走ってなかったのですが、新しいシートポストのおかげでP20-RACのセッティングがやっと固まりそうだったので、先週末久しぶりに50キロ程度走ってきました。

     

     しかし、地図を改めてみると、荒玉水道道路って本当にまっすぐだなぁ。

     で、サドル高を高くした結果、ハンドル高とかも色々いじることにはなりましたが、結局やっと快適に走れそうなセッティングに落ち着き、走るたびにちょっと気になっていた背中~肩の痛みがかなり軽減されました。よかったよかった。

     R0017250-2.jpg

    通りかかった芝公園ではもう梅が咲いていました。
    今回は最近よく走っているルートをベースにしつつ、竹芝桟橋あたりをちょっとぶらつきました。
    地図もロクに見ずに走っていたので、今回走ったルートはちょっといまいち。
    でもこの辺は運河があったりして結構気持ちよく走れそうな道もありそうなので、もう少し研究しよう。


     で、ゴール地点の二子玉川にある「はらドーナッツ」で2号へお土産を買って帰宅。
    以前該当者氏に教えてもらったのだけど、なかなか美味しいです。

     今回はひねりも何もないですが、まぁ最近は更新も滞っているので「書くことに意義がある」ことにしておこう。


    走行距離:50.2km

     

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    なるほど旅行記ってのは

     確かに天体戦士サンレッドに登場するヴァンプ将軍が喝破した通り、一皿105円(税込)の回転寿司といえど、100円以下で売っているコンビニetcのおにぎりの満足感と比べると、実はあんまり・・・でおなじみのゆげ1号です。

     
     まぁそんな話はともかく、今回は下記の本について。

    道の先まで行ってやれ! 
    石田ゆうすけ 著
    幻冬舎

     かつて87カ国を自転車で走破した著者が、今度は日本のあちこちへ輪行で旅をしていろんな人や食べ物、景色や町並みと出会う、てな内容です。
    某自転車雑誌の連載がベースになっているようですが、自転車に関わる描写は控えめ。

     この著者を客観的に見れば、大冒険を成し遂げたすごい人なわけです。それは疑いない。
    でもこの本に描かれている、人々や食べ物との触れあいや、その土地で感じたことなんかを読む限り、この著者は「スーパーマンみたいな別世界のすごい人」ではなく、「普通の人の延長線上にいるすごい人」だな、って思います。

     確かに食べ物に対する鋭敏な感覚や、旅先で出会った人たちにするっと溶け込んでいく様、そしてそれらをとても素直に、かつ読んでいて気持ちよいテンポで綴っていく筆の達者さも含めてすばらしくワクワクするのですが、「いやぁこれは俺には無理だぁ」ってなすごさではなく、「こういうことやってみたいな」って思わせるようなワクワク感です。

     なるほど、旅行記ってのは、旅先の様子を楽しむってだけではなく、「作者という人そのもの」を楽しむ側面も大きいのだな。
    だから、この人柄の良さがにじみ出て、かつ自分達の延長にいそうなこの作者自身の「経験や感想そのもの」に、心を動かされるんでしょうね。

     いやぁ、この本、お薦めです。
    さっそく前著というか処女作で、87カ国を自転車で走破した記録「行かずに死ねるか!」も読み始めました。


     


     

     若干ネタバレになりそうなので一度区切ります。


     ところで、この本に記されている旅行先の中で、幾つか印象に残ったもの。
    それはやっぱり具体的な旅先の描写ではなく、こんな感じでした。


    ■北海道について

     作者は以前に訪れた北海道の印象と比べ、ウニの美味さや相変わらずの雄大さ、そして人々のおおらかさを存分に感じながら、一方で道路の整備状況なんかにとても人工的なものを感じて少々げんなりしているようです。
    もちろんその背景に、自然を切り開いて作られていく道路ってものに対して自身がどうしてもバイアスをかけて見てしまう、という自己分析もしっかりされてはいますが。

     
     で、北海道は我々ゆげーずの故郷なのですが、正直なところ、帰省した時に過疎化がすすんだ地域などを通ると、この街はこのまま開拓前の原野に戻っていくのか?なんて思わずにはいられない景色をまざまざと見せつけられます。


     いや、どちらが良い・悪いって話ではなく。
    立場によって景色は全然変わって写るんだな、って思いました。

     
    ■三重県の某島について

     三重県に、かつて遊郭として栄えた島があるそうな(多分ここのことかと)。

     本書でも伊勢方面への旅の一部として、この島に訪れています。そして、この島にまつわるあれやこれやの噂を耳にして期待に胸(だけか?)を膨らませながら島に渡ったときの一部始終が描かれています。

     で、地元の飲み屋のオヤジから色々と話を聞きだす(この本の作者は何処に行ってもするっと地元の飲み屋に滑り込むのです)と、まぁ今もこの街は歓楽街としての機能を持ってはいるものの、昔ほどの盛況さ、そして怪しさは失われていることが判ります。
    もちろん、本当に失われているのか、それともちょっと立ち寄っただけの旅人にはこの街のリアルな部分は姿を見せないのか、それともすげーことがあったんだけど作者が自粛したのか、それは判らないのですが、この本の描写はある意味とてもリアルだなぁって思いました。

     怪しいところに踏み込んだりしても、エキサイティングなことってそうそう起こらないですよね。


     で、この話がなんで印象に残ったか。

     実はちょっと前に読んだ勝谷誠彦の「色街を呑む」という本にもこの街は出てくるのですが、石田氏の描写とは全く違っていて「あまりに強力な色街の結界からはじき出される」様子が結構生々しく描かれています。


     いや、どちらが良い・悪いって話ではなく。
    伝えたいものが違うと、同じ場所に行っても、ここまで描写が異なるものかと。

     でも、ぶっちゃけ「勝谷さん、この島のこと、なんとか怪しく描こうと必死だったんだなぁ」って思ってしまいました(笑)


    一応念のため。
    「色街を呑む」について個人的にはオススメ本じゃありません。
    色街という異空間に漂う特有の雰囲気、「結界」を味わうために、その手の街の中にある飲み屋ばかりを飲み歩くという、なかなかテーマは怪しくて面白いのですが・・・
    なんか作者の脂っこい残念な自意識が丸出しで、読んでいてムネヤケします(笑)
    なるほど、紀行ものは作者そのものを味わう、ってのはここでも当てはまるのか。


    ■讃岐うどんについて

     香川県で何軒もうどんを食べ歩き、美味かったりそうでなかったりしながら、結局「うどんはけっきょく、うどんじゃ!」と切り捨てる作者。

     これって結構勇気のいる発言だよなぁと思いますが、確かにうどんって何軒も食べ歩くようなもんじゃないだろうって思います。
    うまい/まずいって話じゃなくて、うどんって結局炭水化物のカタマリですからね、腹にたまりまくるだろう。
    そういう意味で、石田氏の文章にはリアルさ、というか正直さから来る共感を感じます。


     でね、これを読んでから自転車生活vol.24「讃岐うどんツーリング」を読むと、この記事担当しているライター兼モデルの多聞恵美さんは1泊2日で10件以上のうどん屋さんを自転車で巡っているにもかかわらず、最初から最後までとびきりの笑顔でうどんにくちづけしているわけですよ。
    走っている距離は2日で50キロ強。
    冷静に考えると、というか自分に置き換えて考えると、これくらいの距離走ったくらいでこれだけのうどんを笑顔で食べ続けることが出来るだろうか・・・なんて思ってしまう。


     でも、これもどちらが良い・悪いって話ではなく。
    読み物としてぐっと来たのは石田氏の「道の先まで行ってやれ!」なんですが、「実際に四国へうどんツーリングしたくなる記事はどっちか?」と言われれば、どっちかというと「自転車生活」なわけですよ。
    なるほど、「作家」と「ライター」ってのは、似て非なるものなのだなぁ・・・ってちょっと思いました。
    自己表現を磨く作者と、求められるテーマの具現化に徹するライター?


    なんかもう少しうまい表現ありそうですが、残念、思いつかない。

     



     そのほかにも、読みながら色々と思いが膨らんだ話はこの本の中にいっぱいあるのですが、とりあえずここまで。

     

     

     

    Category : 自転車本書評
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    でもなんとか皇居の写真を1枚くらいは

    撮っておこう。
    いや、別に思い入れなどはないのですが。

     土曜日に発熱した2号。
    おそらく良心の呵責に苦しんだのでしょう。
    日曜日の昼には根性で(?)平熱に戻し、1号の走る時間を作ってくれました。


     先週衝動買いしたシートポストのおかげでサドルを思った高さまで上げることが出来るようになり、全体的なポジションも出しやすくなりました。よかったよかった。

     

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。