softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    GWその2(4/30)城南島海浜公園

    ■4月30日(月)
     天気は快晴。明日は仕事があるので、輪行なし・あまり迷わずに行けそう・とはいえせっかくなので行ったことがないところ…というような条件で目的地を城南島海浜公園に設定した。先日行った江ノ島の印象が強く、また海が見たいと思ったこともあるが。

     目的地:城南島海浜公園
     ルート:呑川緑道→京浜急行蒲田駅→平和島公園→大和大橋→城南大橋→城南島海浜公園(折り返し地点)→城南野鳥橋→新平和橋→京浜急行雑色駅→呑川緑道


     呑川緑道は一時停止が多く、車や人の通りもあるためそれほどスピードは出せない。しかし、stop&goが多いのはこぎ出しの軽い小径車にはそれほど苦痛ではないし、一般道に比べれば信号が少なく、緑が多いので我々には結構よいルートとなっている。多摩川サイクリングロードと比べて風の影響を受けにくいのも助かる。


     蒲田駅の線路を越えると、状況に応じて歩道か車道を走り分けている。比較的歩道が広いので走りやすいが、車道がそれほど混んでいなかったので、今日はそちらを走ることにした。途中、ちょうどよいスピードで走るローディの方の後ろについたので、がんばってついて行った。このあたりを走りなれている方のようで、緩急のついた無駄のない走り方は大変参考になった。どなたかは知りませんが、ありがとう。


     平和島公園は小さな小川で釣りをしている人がいたり、街中にありながら流れる空気が違っていた。ダメな人にも優しい公園である。


     大和大橋を越えると巨大な倉庫が立ち並ぶ臨海の風景となる。巨大トラックに合わせた広大な橋や道路を走っているとまるで自分が小さくなってしまったような不思議な感覚に襲われる。休日のため流通もほぼ止まっており、専用道のように走りやすい。城南島ふ頭公園から城南島海浜公園までのみちでやや迷ってしまった。はじめから右側の歩道を走って、動物愛護相談センター脇を通るのが正解のようだ。


     城南島海浜公園はバーベキューができるせいか、家族連れで混みあっていた。とはいえ、自転車で来た我々には大して影響なし。ただ、唯一の売店が冷凍食品などで味がいまひとつなので、途中で弁当なり用意したほうがよいようだ。海のそばまで出ると東京湾をぐるりと見渡せ、眺めがよく飽きない。また羽田空港が目の前のため、驚くほど近くで着陸する飛行機が見られる。また大きな船が行き交い、汽笛が響くのもよい。


     城南島公園 20070430


     帰りに雑色商店街に立ち寄る。店先で串物を焼いている店が目当てである。鳥・豚・牛や、内臓系と種類が豊富でボリュームたっぷりなのに値段が安くおいしい。あとは家の近くでビールを調達すれば宴会の準備は万端である。


    49.65km


    参考:文庫判 東京都市図 /

    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ブログはじめました&GWその1(4/28)江ノ島

    ブログはじめます。内容はポタリングや自転車関連の話が中心で、そのほかすこし。
    主要登場人物はゆげ1号・ゆげ2号。
    登場車両はKHS(折りたたみ自転車)のF20-RとF20-RA


    とりあえずいろいろ行ったので、GW中の活動をば。


    ■4/28(土) 
     目的地:江ノ島
     ルート:中央林間駅まで輪行→境川サイクリングロード→江ノ島(折り返し地点)→引地川→雨のため長後駅から輪行


     天候が夕方ごろから崩れるという予報だったので、そもそも遠出するべきか迷う。しかし、そこは折りたたみ自転車の強みで、ゆげ1号の「雨が降れば輪行すればよかろう」との判断で江ノ島行きを決行することに。少しでも早く出発しようと「今何時?」「そうね、だいたいね~♪」と声を掛け合いつつ急いだ結果、8時半に出発。GWとはいえ、都心から下っていったため、電車内はほどほど空いていて快適だった。


     中央林間駅から境川サイクリングロードの起点である大和橋まで走る。境川サイクリングロードはよく整備されており、中央線が引かれているため、非常に走りやすい。走るほど風景がのどかになり、やや向かい風ではあったが気持ちよく走ることができた。うっかり飯田牧場(ジェラードがおいしいらしい)に寄るつもりなのを走り飛ばしてしまったが、ぜひまた来たいと思わせるよい道であった。


     「江ノ島が見えてきた~♪」11時前に江ノ島到着。この日は夏を思わせるような好天のおかげで混みあっていた。橋を渡ったところで自転車を停め、徒歩にて散策。道端で生しらすが売られており「残りわずか」との声に釣られて買い求めた。生臭みがなく、つるつるした食感とわずかな苦味が生姜醤油とよく合い、おいしかった。生しらすは天候が穏やかなときにしか取れないそうなので、運がよかったようだ。


    江ノ島20070428


     江ノ島の遊歩道は起伏に富んでおり、散策しがいがあるのだが、自転車を降りた我々は急な坂や階段に苦戦。1時間半ほど滞在したが、すべては回りきれなかった。途中昼食で1号はしらす天丼、2号は江ノ島丼(貝類を親子丼風にとじたもの)を食べる。海が青々と輝いて、「日本海とはちがうなあ」と思った。洞窟は…まあ一度行っておけばよいかと。


     帰途のルートに引地川沿いを選んだが、途中の公園など緑が美しく、こちらも気持ちのよい道。
    ただ、途中で川沿いのルートは途切れてしまい一般道をたどるのに迷ってしまった。行きで通った境川サイクリングロードがほぼ平行に走っているので、途中でそちらに合流してもよかったかと思う。


     15時頃、予報どおり雲行きが怪しくなり始めたため、その場から最寄り駅の長後駅へ向かい、輪行。予想通りなのでがっかり感はなく、むしろ折りたたみ自転車の醍醐味を味わう。自宅近くの駅に着いたらタクシーを使うつもりだったが、ちょうど雨が上がり、再び自転車を組み立てて17時ごろ帰宅。


    計53.84km


    教訓:電車内でおにぎりを食べると、海苔が意外ににおうぞ!気をつけよう。
    参考:神奈川自転車散歩(山と渓谷社)








    神奈川自転車散歩―(横浜・三浦・湘南・富士箱根 神奈川自転車散歩―(横浜・三浦・湘南・富士箱根
    丹羽 隆志、中村 規 他 (2005/09)
    山と溪谷社
    この商品の詳細を見る


    BGM:勝手にシンドバッド (サザンオールスターズ)

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。