softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    メンテナンスデイ・メンテナンスツール

    翌週から出張やら何やらで心身ともに限界ラバーズ(歳ばれる)になることがわかりきっていたので、日曜日は半日、おひとりさまの時間をもらって諸々メンテナンス。


    ジムで松山千春のラジオを聴きながら9キロ弱走ってあぁ千春の歌や喋りは運動とまったく合わないなぁと思いながらも、北海道に戻って来ると良く耳にするこのご仁は改めて聴くとすげー歌上手いのな、いまだに。60歳になってあの声はすごい。

    おまけにデビュー前後の音源聴くと(これも北海道ならではで、地元のラジオ聴いてるとたまーにかかる)、ギターも大変達者。本人ですら「いやーあの頃はギターも本当に上手かったよな。今あれ弾けって言われても・・・なぁ」 ってくらい。

    昔住んでた頃、そして東京にいた頃には全然耳に入ってこなかったんだけどな。

    ちなみに松山千春のラジオ番組、政治的な話も出てくるので閉口するところもあるんだが(絶対そのうち知事選でるぞ)、それ以外は結構面白い。
    以前聴いてて思わず吹き出してしまったのが、若者からの「自分は歌が上手くなりたく上手くなりたくてボイストレーニングとかやっているんですが、どうしたら千春さんみたいに感情のこもった歌が歌えるんでしょうか」という質問に

    「うーん、あのな、感情なんて込めればこもるんですから、な?もっとな?大きい声で歌えるのがな?大事だと思うんですよねぇ」

    「俺なんかな、小さい頃から親に連れられてな、山にはいるときにさ、熊避け代わりにな、大声で歌うわけですよ。それがな、良かったんじゃないかと」

    「お前もな、山で熊避けって訳にはいかないかもしれないけどな、やっぱりですね、大きな声で、うたうと、いいんじゃないかと、思います」

    いやそれ、大正解なんだけどさ。でもさ・・・


    話を戻そう。


    ジム行ってから、会社へ向かう途中の「ゆで太郎」で昼食。
    ゆげ1号の数少ない、癒しの店。
    すげー美味いわけでも、とても雰囲気がいいわけでもない。

    大事な話なので繰り返します。
    最近身内にまで「ゆで太郎ってそんなに美味しいの?」と聞かれるんですが、蕎麦と小ぶりなかき揚げ丼のセットで550円の店ですよ。
    そこはあまり期待しないでいただきたい。
    でもね、機械つかって、毎日店で粉ひいて蕎麦打ってすぐ出すんだから、それだけで「普通に美味しい」よ、それは。

    そう、ゆで太郎って、安くて美味しいものを出すための仕組みづくりを死ぬほど考え抜いている感じがするんだよな。
    ちなみにすっかり更新されなくなってしまいましたが、ここの社長のブログは「経営実務」という観点ですごく面白い。
    みんなのムダや苦労やリスクをできるだけ排除する仕組みをいかにして作るか、そしてそれをしっかり実行管理していく実直さ。
    いやーこれが経営なんだなと。


    何の話だっけ。


    いいや。そして会社へ。
    160221153313.jpg 
    天気はいまいちなれど、あちこち巡る必要があったのでこの日はATB500で移動。
    そして会社で残務をこなし、そのあと入院中の身内のお見舞いに赴いて帰宅。


    冬に自転車使えるのって、やっぱりいい。
    どうしても冬って移動手段が限定され、それが生活の諸々を面倒にしてしまうんだけど、そういう諸々って札幌という街ならせいぜい半径5キロ圏内で起こる話が多くて、そこに冬道自転車がうまくはまってくれるんです。

    160221153213.jpg 
    それにやっぱり、自転車に乗ること自体が気持ちいい。すごくリフレッシュできた、気がする。

    夏みたいに距離は走れないけど、いいもんです。冬道自転車。
    閉ざされがちな北国の生活の扉を開いてくれるし、自分自身の心と身体のメンテナンスもしてくれる。

    スポンサーサイト

    Category : 冬自転車
    Tag : ATB500
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    結局、FATの出番



    雪量自体は少なめだけど、しっかり冷え込んで街全体が凍てついた札幌。
    こうなると、なんとなくFATに乗る機会が増える。

    おまけに今年は、近くの公園とかに息子と遊びに行ったりする時にチャイルドトレーラーも投入中。
    そうするとさすがにロングテールで引っ張る気にはなれなくて、やはりそこはFATバイク、ATB500の出番になる。

    FATバイクとチャイルドトレーラーの組み合わせ、とにかくビジュアル的なインパクトがかなりでかい、みたい。
    ほんと、夏以上に注目されますもんね。
    先週も中島公園にソリ遊びに行ったとき、ちょうど停車していた場所がコンサートホール帰りの人々が通る動線になっていて、まぁ目立つ事(笑)

    なんかとても気恥ずかしくなり、写真撮る余裕もなく。

    まぁでも本当に、通る道とかちょっと気をつけるのと、それほど長距離の運用じゃなければ、かなり実用的だなーって思います。
    そもそも冬は駐輪先が限定されるので、やっぱり夏に比べると制約は大きいですけどね。
    でも逆に、ほんとは車で行くほどの距離じゃないんだけど、荷物(ソリとかスキーとか七輪とか(一部嘘))もあるし子も小さいしなー的な距離感だと、結構有用な選択肢じゃないかなー。
    うちなんかだと、実は去年の夏などは息子が自転車に乗れるようになったので、実際のところトレーラーの出番はほとんどなかったんです。それが冬になり息子の自転車は封印され、逆にトレーラーが(度胸さえあれば)結構便利ってのがなかなか興味深い。

    そう、トレーラー使うためにもっとも必要なのは、いろんな視線に耐えられる「度胸」かな、と。
    面白がってみてくれる人ばかりじゃないものね、たぶん。



    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    これが我らのアイデンティティ?

    やはり冬の北海道に住んでいるんだから、試してみないと。



    FATバイクのATB500チャイルドトレーラー HoneyBeeの組み合わせで近所の公園に息子のスキー練習へ。
    もうね、人力で息子とスキー積んだソリ引いて公園まで行くの、嫌なんですよ。
    重たいし、疲れるだけで楽しくないし。
    そんなわけで、意を決してトレーラー出動。

    とりあえず、圧雪路面やアイスバーンなら全然問題なく走れる。
    いやほんと、走行感についてはなにもコメントすべき点がない。ふつーに走れます。

    ただ、全面的に車道を走ることになるので、幹線道路とかを上手く避けて走る必要はあるし、そもそも冬道の車道を堂々と走る「度胸」みたいなものは必要。
    あと、自動車からすると邪魔な存在なのは間違いないので、最大限の「ゆずります精神」で後ろから来る自動車はこっちが一時停止してでも抜かさせて差し上げる心の広さは必要かなぁ、と。
    そうじゃないと絶対にDQNなドライバーに絡まれる、と思う。
    そうじゃなくても、どやしつけてくる人はいるかもしれないなぁ、とは思う。
    まぁ仕方ないよね、そういう人は。今回はそういう人に合わなかったけど。

    あと、夏以上に目立ちますな。

    1601161440.jpg 

    まぁいろいろありそうですけど、氷点下のお出かけにおいて子供用の「個室」を持ち歩けるのは結構便利。
    近場で、道路状況をちゃんと把握できていれば、結構使えると思いました。


    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    このままじゃlongtail.logになってしまう



    雪の少ない今年の札幌。
    ロングテール化したCrossRiderがあまりに使い勝手良すぎて、冬用生活自転車のポジションを現在独占中。

    まずい。
    このまま雪が少ないままだと、FAT乗る機会ないままシーズンが終わってしまう?ってくらい、ロングテールが気に入ってしまった。

    いやFATに比べりゃ絶対に走破力は劣りますよ。
    凍結路面だと走行中にズリッと横滑りすることもあるし、轍だってFATの方が乗り越えやすい。
    でも700Cのタイヤはそれなりにジャイロ効果を発揮してくれるので、ビビってパニックブレーキとかかけなければ体制は立て直せる。それにせいぜい往復10キロくらいの生活圏でチンタラ走る分には、FATの積載力の方が有用なんだよな。

    それにさ、やっぱり700Cのロングテールバイクって見栄えがいいと思うんだよな。
    正直、ずーっと使ってきていながらこんなこというのもなんだが、もともとCrossRiderってカッコいいと思ったことはあんまり無いんです。
    でもロングテール化した姿は、素直にカッコいいって思う。


    さてこのロングテール、できればサドルの後ろの方に、補助ハンドル的なものを取り付けたい。
    いやあえてこの冬道を二人乗りしたいわけじゃなくて、例えば息子を近所の公園にスキーの練習へ連れて行く時とか、スキーやブーツetcはまったく問題なく積載できるんですが、ついでに息子も乗っけて押して行きたいのです。そう、ソリの代わりに。
    押して歩く分には歩道を進めば良いわけで、実は試しにソリと息子を積んで近くの公園に行ってみたんですが、まぁやっぱり補助ハンドル的なものとフットレストがないと厳しいな、と。
    そんなわけで、夏なら息子も自転車で移動させりゃいいのだけど、冬はそうもいかないので、うまくロングテールを活用できないかなぁと思案中。

    ほんとは冬こそトレーラーで堂々と車道を走ればいいのかもしれないけどね、なかなかその勇気が出ない(笑)
    なんか直感的には、FATとチャイルドトレーラーの組み合わせがベストな気がするんです。でもその組み合わせだと歩道走行が絶対に(法律面だけでなくそもそも路面的に)できないので、なんか恐いんだよなぁ・・・よっぽど通る道を選ばないと。

    あ、でも、なんかごく近距離なら、何とかなるような気がしてきた。
    今度実験してみようかな・・・

    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    ロングテール化したCrossRiderでちょっと走ってみた



    祝日にどーしても気になって仕方が無い仕事をちょっとだけして、その帰りにロングテール化したCrossRiderでちょっと走ってみた。
    路面はほとんどアスファルトが露出しているものの、所々凍結。中通りはしっかり雪が残ったアイスバーン。まぁそんなコンディション。

    タイヤはすでにスパイクにしているので、凍結路面も特に(無理しなければ)問題ない。
    今回は、バッグの中は空荷。純粋にフレームがロングテール化されただけの状態での感想。

    一番強く印象に残ったのが、乗り心地のよさ。
    ホイールベースが伸びるって、こんなに影響あるんだ。
    荷物を積んだ状態でどうなるのかはまだ判らないけれど、とりあえず空荷の状態での乗り物としての快適さは意外だった。
    察するに、直進安定性と車体全体のしなり量の増加なんかが影響するのかな、と。

    少しアップダウンのある道にも行ってみようかと藻岩山麓通を通ってみたけど、まぁ全然普通に走れます。
    そりゃロードやP20-RACみたいには「走れ」ないですけどね、そもそもこのゆったりした乗り心地だとスピード出して走ろうなんて気にならないので、それは問題ない。

    それにしても、このゆったり感。そしてその気になればいくらでも荷物詰めそうな安心感。
    ランドナーとか、キャンピングのような趣は無いけれど、これはこれでツーリングワゴン車みたいな良さがあるな。

    あぁ、こいつでゆっくりと、遠くまで、さすらいたい。
    ギリギリまで軽装にして、とにかく速く、遠くまで走ろうっていうロードバイクみたいな走り方も良いんだが、ロングテールにいろんなものを積み込んでのんびりっていうのもいいぞ、絶対。

    あと、もう思いっきり手前味噌全開なの承知で言うけど、700CのCrossRiderロングテールって、すごく似合っているんじゃないかと。
    新しい(わけじゃないんだが)自転車の魔法にまだこっちがかかったままだからなのかもしれないが、なんか取って付けた感が全然無くて、すごくかっこいいと思う。

    気のせい?ねぇ、気のせいですか?


    それにしても、思えばこういうゆったり走ろう系の自転車に乗ったこと、ほとんど無かったかもな。
    まだまだ自転車の世界は、奥が深い・・・


    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 4 comments  0 trackback

    いよいよやってきた

     1512191539.jpg
    しっかりと帳尻を合わせるかのように、一晩で札幌は雪に包まれました。
    いよいよ、45NRTHのスパイクタイヤを装着したFATバイク、ATB500の出番だ。

    今年はちょっとタイヤの空気圧上げ気味でスタート。
    普段は深雪とかそんなに突っ込まないし、スパイクタイヤでその辺を生活自転車として走り回る程度なら、あんまり低圧でグリップ上げなくてもとりあえず問題はなさそう。
    それにしても、やっぱり冬道にFATスパイクはほんと無敵。
    間違いなく、歩くよりはるかに滑らない。
    たしかに45NRTHのスパイクタイヤは高いんだけどさ、この安定感を体感してしまうとねぇ・・・まぁ買ってよかったなって思う。

    今シーズンは、生活自転車としてだけでなく、もう少しウィンタースポーツとしても遊びたいなぁ、と思う。
    経験しておける状況にいるんだから、やれることはやってみないとね。

    1512191631.jpg 

    クリスマスに間に合わせるように、ちゃんと冬はやって来るんだな。
    ベランダで酒飲みながら、日高晤郎ショーに笑ったり憤ったり。
    これが北海道の休日の景色。
    良くも悪くも。


    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    夜走






    休日出勤の帰り道、久々に夜の町を散走。
    雪まつりの終わった大通公園はあっという間にほぼ平坦に。

    この日は2号&3号がいつもどおり東京に行く予定だったのだけど、今期2回目の「悪天候による飛行機欠航」に見舞われ、げんなりして(たのは2号だけか)帰ってきた。
    しかしこちらも夕方から仕事だったので、慰める暇もなく職場へ。

    ま、翌日には無事に出立できたのでよかったよかった。


    それにしても、この日の天気、札幌はそんなに酷いとは思わなかった。
    夜には風も収まり、まぁ寒いっちゃあ寒いけど、ちゃんとダウンを着込んで暖かい防寒具を身に着ければ冬の夜道もまた楽し。

    そう、ダウンジャケット最強ですよ。
    冬の北海道にはダウン必須。
    あと北海道のコートにはフード必須。飾りじゃないんですよフードは。
    巷で売っている冬用ビジネスコートなんて、外を歩かない人用ですわ。

    1502142219.jpg 

    帰り道、すすきのの外れを通っていると、多分観光で来たと見受けられる酔客が我がFATに目を丸くして
    「うわーあれ見てみぃ、冬用なんかなあれ!」なんてわめいてた。



    雪道FATのシーズンはあと一ヶ月くらいか。
    それまで何人の観光客に「北海道の自転車は冬道走るためにタイヤがすげー太い」って誤った豆知識を植えつけられるだろう。
    そして、そんな噂が本州でちょっとずつ広まり、北海道の自転車は総じてタイヤが太いっていう誤解が広まってくれたら、ちょっと面白い。


    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    散歩、散走、冬景色

    1月に入ってから更新頻度がガクッと落ちてしまったのは、まず仕事がちょっと立て込んでしまったから。

    ブログ書く時間が無いっていうより、仕事の方に「言葉」の大半を持っていかれてしまい、プライベートで何かを記すのが面倒くさくなってしまうんですな。

    あと、いくらFATを導入したとは言っても、そしてFATで走る雪道が快適だと言っても、やっぱり自転車に乗る絶対量が減るので、なかなかブログネタが生まれない。

    150125163439.jpg 
    それでも日曜日の夕方、買い物ついでに近場をちょっと散走。
    引っ越してきて半年、まだまだ近所にも知らない道がたくさんある。

    150125163315.jpg 
    ここは市電の車両基地の裏。

    冬道自転車って、スポーツとかロングライドとかそういう邪念さえ取っ払ってしまえば、結構楽しい。純粋にいろんな路面、段差や凍結、深雪や圧雪といった状況の変化を自転車のコントロールで乗り越えていく楽しさもあるし、冬の札幌ならではの景色の綺麗さもある。
    150125163530.jpg 
     
    そう、だから、「運動」と切り離して乗ることを楽しめばいいのかな。 
    先週は実家までの往復と、帰宅後の散走くらいしか乗れなかったけど、やっぱり自転車に乗ってサドルの上から流れる景色のなかに自分が溶け込んでいる時間は癒される。


    でもそんな楽しみを味わいはじめると、今度は自転車自体の意匠が気になってくるんだよなぁ。

    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。