softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    3月、色々ありまして その2(旅行に行ってきた)

    もう3月も終わってしまう。
    ほんと、これほど翻弄されるとは・・・
    そんな中、ええいストレス発散じゃ!
    たまには優雅な寝台列車の旅・・・

    なんぞできる度胸も無く。
    半年越しの息子の悲願、京都鉄道博物館に行って来ました。
    それも、かなりの強行軍で。
    一日目は朝から東京へ行き、一昨年までお世話になっていた自主保育の卒会に参加。
    そして二日目は新幹線で京都まで行き、鉄道博物館を堪能した後大阪から飛行機で帰る。
    旅行に行ったんだか移動しに行ったんだか。
    1703201253.jpg 
    この博物館、とにかく展示されている車両が半端な量じゃない。
    一枚目の写真はトワイライトエクスプレスの食堂車(を車窓の外から撮った)。
    1-R1175525.jpg 
    国鉄好きの息子、大興奮。
    いやしかし、本当に見ごたえあるわ、ここ。
    1-R1175533.jpg 
    車両を下から眺められるような展示の工夫もあったり、よく見せ方を研究してるわー
    1-R1175512.jpg 
    なんつーか、栄枯盛衰でござる。
    このすぐ近くに鎮座していた蒸気機関車には日立製作所のマークが付いていて、あぁ蒸気機関からディーゼルに変わるところでプレイヤーも変化していったのだろうか。よく知らないけど。
    そしていまの両社を見ると・・・本当に、会社って難しい。
    1-R1175538.jpg 
    残念ながら転車台が動くところは観れなかったのだけど(ちなみに小樽の手宮にある博物館は1/10位の規模ながら転車台を結構頻繁に動かしてくれる)、ずらーっと並んだ蒸気機関車はなかなか壮観。
    しかし息子は「義経号」以外の蒸気機関車にはあまり興味が無いらしい。
    なんといっても彼が惹かれるのは
    1-R1175514.jpg 
    国鉄色(笑)

    この後、館内のレストランで食事して、京都から「新快速」で大阪へ。
    そして阪急~大阪モノレールと乗り継いで、伊丹空港へ。
    空港の保安検査場抜けた先にあるたこ焼き屋さんが美味しかった。
    思えば、この旅で唯一「美味しい」食事だったかも。
    あまりの強行軍で、食事なんてファミレスとかおにぎりとかそんな感じだったから。
    1703201941.jpg 
    最後は空路で北海道へ。
    あまりの強行軍に1号&2号はダウン気味。
    しかし息子は鉄分たっぷり吸収したのか、翌日も疲れひとつ見せずに学校へ。
    たいしたもんだ。
    ほんと、行けてよかった。
    また行けるよう、色々がんばろう。
    スポンサーサイト

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ちいさなミステリー大冒険

    先週末、「ミステリー大冒険」をする約束になっていた息子を連れて、JR札幌駅から函館線に乗車。
    行き先は告げずに、というところが「ミステリー」ということらしい。

    1-R1175059-001.jpg

    今日は最初から最後まで自転車が絡まないので、心おきなく飲める。
    やっぱりJR、癒される。

    1-R1175061-001.jpg 
    目的地は、小樽。
    ここからバスに乗って、目的地の「小樽総合博物館」へ。

    そう、行き先は総合博物館なんですけどね。
    小樽の「総合」博物館って・・・

    1-R1175093-001.jpg 

    おい、その、あまりに堂々とした「非総合」な表札・・・いいじゃないか。
    「そうごうはくぶつかんって、乗物はあるかなぁ」と期待半分、不安半分だった息子も「鉄道」という文字、そして最近「青少年科学館」で実験系の触れる展示に(意味はまったくわかっていないけど)とってもはまっていることもあって「科学」という文字にも大興奮。

    1-R1175070.jpg 




    中身は・・・はい、しっかり鉄道博物館(笑)
    いや科学実験系のコーナーも1区画あり(息子は小規模ながらとても気に入っていた)、企画展示では世界の蝶の標本もあったり、プラネタリウムもあったりするんですが、大部分は「鉄」。

    1-R1175069.jpg 

    1-R1175073-001.jpg 


    かなり展示は見ごたえあり。
    歴史的な資料も結構面白そう・・・なんだけど、やっぱり子供連れだとじっくり見るのは難しい。

    1-R1175075-001.jpg 

    屋外にもたくさん車両が展示されている。
    そしてここの目玉は、アイアンホース号という蒸気機関車に乗れること。

    1-R1175085.jpg 

    こいつが引っ張る客車に乗れる。大した距離ではないけど。
    しかも無料。
    おまけに、夏季は転車台に乗って方向転換するのも見学できる。

    いいじゃないか。
    息子も「おたるは、すてきなはくぶつかんのまちだね」と。
    よく言うよ。すぐ近くにある「手宮洞窟」はまったく興味示さなかったくせに。

    1-R1175098.jpg 

    そして帰りも、ハイボールでいい気分に。
    子鉄なんて言ってるけど、楽しんでるのは父も。




    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    鉄道技術館へサイクリング(前編)

    最近街中でよくBig Allowって名前の小径車を見かけるんですけどね、何を許して欲しいんだろう。
    つーかどんだけてきとーなものづくりしてるんだか・・・

    それはともかく、週末に息子と苗穂の「鉄道技術館」へ。 
    普通に走っても往復で10キロ越えるのでどうやっていこうか迷い、トレーラーを出そうとしたところ、息子が「自転車で行きたい」と。
    先月の事故以来、距離を伸ばすチャレンジをあんまりしていなかったので、ちょっとチャレンジしてみるか。

    150822140825.jpg 
     ちょっと暑さも和らいできたせいか、特に苦戦することもなく順調に・・・いやちがうな。途中にある「HobbyOff」にどうしても行きたいとせがまれ、彼が今回母親からゲットした小遣いの範疇でどのトミカを買うかで小一時間足止めをくらい、その後あまりにお腹が減ったのでこれまた近くにあるアリオに入っているサイゼリアで昼食。
    サイゼリアは彼の2大好物、ピザとパスタが安価に供されるし、ドリンクバーも子供は安いし、1号的にはワインが安いのでお互いの利害が一致するんだが、残念ながら自転車移動の日はワインが飲めないのがまったくもっていただけない。

    いや飲酒運転そのものですから頂いちゃいけないんですけどね。

    そんなこんなで鉄道技術館に到着するまでにしっかり2時間半くらいかかった。

    150822141721.jpg 
    さてこの鉄道技術館、「JR北海道苗穂工場」の中にあって、月2回(第二、第四土曜日)の午後だけ開いている。館内展示だけじゃなくて屋外展示されている車両もあるし、そもそも工場の中なので整備中の車両も見ることが出来る。。
    150822141414.jpg 

    150822145249.jpg 

    もちろん屋外展示も素晴らしいのだけど、息子が今回食いついていたのは・・・

    150822142057.jpg 
    なぜかネクタイピンのコレクション。運転台のシミュレーターとか全然見向きもせず、ひたすらネクタイピンと、その横にあった「オレンジカード」のコレクションに釘付け。 

    150822142105.jpg 
    これ、売り物でもなんでもなくて、寄贈された展示品。
    なんかねー、良い意味で「ミュージアム感」があまりなくて(子連れにとっての鬼門であるお決まりのミュージアムショップすらない)、ここはあくまで工場なんだなって思わせる雰囲気。
    150822144945.jpg 
    なんだよ「復位」って(笑)

    150822142417.jpg 150822142803.jpg 
    車両の運転席もどーんと。
    アルファエキスプレスは在りし日のバブルを思い起こされますな。こういうリゾート特急が走ってたんだ。
    乗ったこと無いけど。


    150822141620.jpg
     

    立ち入れる場所が限定されているとはいえ、やっぱり工場の中に一般人入れるのは大変なことだと思うので、まぁそれを考えると月2回しか開けないのもやむなしかとは思うものの、ここはおすすめの小鉄スポット。あと昔ながらのレンガ造りの建物なんかは大人が観ても結構ぐっとくると思う。
    
    いやほんとにここ、工場なんだな、と。


    さて、充分堪能したところで、そろそろ帰るとしますか。


    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    大雪の翌日に「電車とバスの博物館」へ

     R1174178.jpg  
    いやぁ降った降った、土曜日。
    前のエントリで「10年に一度」って書いたけど、それどころじゃなかったらしい。
    東京の積雪27センチってのは20年ぶりだそうだ。

    そして日曜日。
    そこそこ気温が上がったのでそこそこ融けはじめた。
    でも、歩道の雪まで完全に融けるにはもうしばらくかかるんだろうなぁ。
    とりあえず、自転車通勤はいつから再開できるものやら。
    つーか、このままじゃ通勤はおろか、休日のサイクリングもままならない。

    さて、そんな日曜日。
    3号を連れて都知事選に行き、その後に2号から仰せつかった買出しに行こうと電車に乗ったものの、なんか買い物だけして帰るのもなんだかなぁ・・・
    R1174180.jpg  
    多摩川の河原も雪に埋もれている。
    こんなじゃ、多摩サイもしばらく使えないな。


    そんなこんなで、なんとなくそのまま電車に乗り続け、宮崎平駅にある東急電鉄の「電車とバスの博物館」へ。

    R1174188.jpg 
    本日はびっくりするくらいガラガラ。
    飲食店だったら食中毒でも出したの?ってくらいの閑散ぶり(失礼)。
    大雪の影響なのかな。

    そんなわけで、今回はいつも混んでいて見送ってしまう、バスのシミュレータも遊べた。
    3号もかなり満足したんじゃないか、と。

    R1174181.jpg 
    空いていると、親も少し落ち着いて楽しめるのでいいな。
    それにしても、なんか修理から帰ってきたGRDⅢがほんとに良い感じ。
    なんか、無理してGR買うか?って気になってきた。

    R1174183.jpg 
    さて、これは20年以上前に現役を引退したデハ3450形の台車部分。
    写真の後ろに車両の上モノが見えますが、そこの運転席についているマスコンハンドル&ブレーキとこの台車が連動していて、ちゃんとモーターも回るしブレーキシリンダーも動作する。
    ちなみに運転台の隣は車掌スペースになっていて、そこには車内放送用マイクと乗客用ドアの開閉ボタン(昔ながらのごっついやつ)がついている。
    R1174185.jpg 
    この運転台がねぇ、良いんですよ。
    全然他のお客さんがいなかったのと、3号が車掌スペースのマイクにかじりついてでたらめ車内アナウンスにはまってしまい、「お父さん運転士して!」といわれて運転士役やってたんだけど、出発するときにブレーキ緩めると圧縮された空気が「シューッ」っと抜ける音がして、これがなんともたまらない。

    ブレーキ緩めの後、マスコンを押し込むと、重厚なモーターが回り始める。


    そうだ、こうやって走り始めるんだな。


    ちなみにその後、他の家族がやってきたので運転台&車掌台(?)を譲ってその場を後にしたのだけど、そのときに3号の「おつかれさまでしたー」に思わず吹き出してしまった。
    そこまでなりきるんかい(笑)


    子供向けの施設だけどさ、たまには自分が楽しんでもいいな。



    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    酷暑の中でもおでかけは心の栄養なのだ、たぶん

    北海道行ってきたシリーズの途中ですが、ちょっと中断して先週末の話。
    いやことさらに誰かに聴いて欲しい話ってわけでもないのだけど、記録として残しておいたほうがいいかと思って。


    いやぁ、先週の日曜日(8月11日)は暑かった。
    前日の夜中から気温が30度を下回らない。
    朝7時前に起きた段階で、いやこれは自転車とか無理無理無理って即決させるくらいに暑い。

    前日も暑かった。
    四国の四万十市?が気温40度越えたとか。
    で、本日(日曜日)も楽勝で越えたらしい。

    東京も、路上なんかは楽勝で40度越えてますね。
    この日に開催されていたコミケでも、救護室に運ばれる熱中症患者がキャパ越えるくらい多かったとか。

    そんな中、午後から2号は当初計画通りの一人お出かけ。

    さて、残った1号&3号、どうしようか。
    外は「命に関わるほど厳しい猛暑」。
    でも、せっかくの休日を家に閉じこもっているのも何か寂しい。

    熱中症のリスクが少なく、安価に、お出かけを満喫できる場所、ないものか・・・

    R1173740.jpg 

    なんかね、空が青じゃなくて白っぽい。
    これは午後から間違いなくゲリラ豪雨が来る。

    ということで、結局こうなりました。

    1-R1173756.jpg 
    乗り鉄(笑)

    なにか問題でも?

    1-R1173748.jpg 
    3号は最近の憧れ(なぜそこに憧れるのかは全く判らない)だった横浜市営地下鉄、ブルーラインとグリーンラインの両方に乗れてご満悦。

    グリーンラインの終点、日吉駅からは東急東横線に乗り換えるのだけど、この駅は東横線と目黒線の両方が停車する。
    で、東横線は東京メトロ副都心線と、目黒線は都営三田線、東京メトロ南北線(その先の埼玉高速鉄道とも)と相互乗り入れしている。
    ということで、この駅にしばらく陣取るといろんな路線の電車を目にすることができる。

    3号はどうやら「東横線に乗りながらしばらく併走する三田線や南北線の車両を鑑賞する」のがよかったらしい。
    なんか不思議なもんで、それに親も付き合っているとだんだんこっちも興味が湧き始めてくる。
    3号が飽きるまでの話、だろうけどさ。

    で、そのあともちょこっと乗り継いで、途中の駅で駅そば食べて帰宅。
    この駅の駅そばはいまいち3号の口に合わなかったらしい。
    生意気なやつだ。今度からオニギリでも食っとけ。


    1-R1173754.jpg 
    100メートル先が白く霞みはじめるような蒸し暑さの中、冷房の効いた電車の中は極めて快適だった。

    そして帰り道、予想通りゲリラ豪雨が降り注いだものの、ぎりぎり雨にあたることなく帰宅できた。
    本当にコレでいいのかちょっと心配ながら、まぁ3号も飽きてぐずることは無かったのでよしとしよう。

    あれ、完全に乗り鉄記録になってる。
    一番言いたかったのは「東京の暑さが新次元に入った」くらい暑かった、ということだったんだけどなぁ・・・

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    チケットゲッター

    8月に、2号と3号が自主保育の母子合宿に参加することになった。
    で、合宿先が小田原方面ってこともあり、せっかくだから小田急ロマンスカーの展望席が取れるといいねぇ、って話になって、じゃあ幹事のゆげさんよろしく、ってことになったらしい。

    小田急ロマンスカーの展望席。
    先頭車両と最後尾の車両に用意されてる、パノラマビューが楽しめる席。
    特に追加料金も必要なく、予約さえ取れれば通常料金(運賃+特急料金)で乗れる。

    ゆえに、競争率がとても激しい。
    予約は1ヶ月前の10時から可能なのだが、色々調べてみると、午前中の下り(新宿→小田原方面)や午後の上りはほぼ秒殺で予約が埋まるらしい。

    2号は旅行代理店にお願いしようと思ってたらしいが、色々調べてみると旅行代理店だからといって有利な条件下にあるわけでもないらしい。

    さて、どうしたものか。

    こういうときはやっぱりYa●●o!知恵袋ですねやっぱり。

    さっそく
    「8月に小田急ロマンスカーの展望席を予約して、新宿から小田急までロマンスカーのフロントガラスに全身白塗り姿で張り付いて山海塾へのオマージュを表現してみたいのですが、確実に席をゲットする方法を教えてくれませんか?取りたいのは、平日午前中の下り方面、人数は大人10人に小学生3名、できればVSEがいいです。」

    という質問をしたためようとしたところ、すでに我々に先んじているひとっているんですね。
    ロマンスカーの予約方法は色々相談されていて、それらの情報を整理すると、

    • 小田急の駅で事情を話し、予約端末を10時きっかりに操作して座席をゲットしてもらうのがベスト
    • ただ有人窓口を10時前後に占有してしまうので、利用客の多い駅では厳しいし、先客がいたらそこでアウト
    • 新宿の小田急トラベルで同様のオペレーションをやってもらうのもかなり有効だが、ライバルも多そう
    • インターネット予約はタイムラグがあるのでほぼ絶望的
    • 電話予約も、かなり厳しい
    • 山海塾ばりのパフォーマンスはさすがに公共交通機関ではまずい
      (一部、常識の範疇を含む)
    ということらしい。
    ということで2号と3号には山海塾へのオマージュは諦めてもらいつつ(ネタですよ念のため)、現実的にそのプラチナチケットをゲットする手段を考えました。
    なんせ、合宿の日取りは決まってますからね。
    競争率は高くても、何とかゲットしたい。

    ターゲットは、8月某日、午前中の2便(しか展望席はない)。

    上記の情報を元に、1号&3号チームと2号は別行動を取り、都内でできるだけ乗降者数の少ない駅を選んで、そこでそれぞれの便の予約を窓口で依頼。
    予約対象便をダブらせたら見方同士で競ってしまうことになるし、片方の窓口が駄目でももう片方の窓口に望みをつなげる。
    ゲットするには、これしかない。

    1号&3号チーム、某駅にてまず9時30分に駅員へ打診。
    駅員も心得たもので、じゃあぎりぎりになったら窓口に来てください、と。

    マクドナルドで時間をつぶし、9時55分に窓口へ。
    駅員さん、心得た顔つきで、我々の顔を見るなり、何月何日の、何時の便ですか?と。

    そして駅員に情報を伝えはじめた途端、我々の後ろに別の客が数名・・・危なかった。
    1分遅れてたら、不戦敗だった。
    それにしてもここから数分、後ろに並んだ客にはなかなか気まずい時間が流れそうだ。
    だって、駅員は端末を睨みながら微動だにしないし、我々は窓口を占有していながら、傍目には何もしてないように見える。

    3号、適当に間を持たせろ・・・ってのを理解してくれりゃあラクなんだけどねぇ(笑)
    でもなんとなく、3号が後ろに並んだおねーさんに意味の無いアピールをしている間に、運命の10時が。



    ・・・orz


    残念、僅かに及ばず。

    まぁ次善の策として駅員さんが後展望席の予約にすばやく切り替えてくれたので、一応その予約だけを確保し、別動隊(いや本来母子合宿なんだからそっちが本体だ)へ連絡。

    「取れたー!!取れたよー!!予約番号0001!」


    あぁ、よかったよかった。
    どうも、2号が行った駅の駅員さんはかなりこの手の予約に慣れているみたいだった。
    こちらの駅員さんもがんばってくれたんだけどねー、でも見てる限り、本当に数秒で勝負が決まる世界みたい。
    ここまでくれば運だね。
    ありがとうございました>某駅の駅員さん。


     
    で、その後3人で合流し、新宿駅のロマンスカーカフェで一休み。

    二人が乗るのはこの車両(LSE)ではないけど、是非楽しんできていただきたい。


    そして1号はこの後夕方からちょっと走りに行ったのだけど、その話はまた別途。

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    鉄道ふれあいフェアへ

     

    週末、自転車はお休み。
    1号にだってそういう週末はあるのだ。

    土曜日、埼京線にゆられ、家族で大宮の「鉄道ふれあいフェア」に行ってきました。

    会場は所謂車両基地みたいなところ(多分)。
    何の事前情報もなく行ったのですが、さすがに車両基地でのイベントらしく、コレがなかなかのスケールで。

    車両も色々展示されているし、子供向けのミニ列車も3種類くらい走ってるし、それ以外にも高所作業車とか保線用のカート(レールスターというらしい。最初西日本を走ってる新幹線のことかと思った)にも乗れたりと、まぁ盛りだくさん(高所作業車の搭乗は整理券制だった)。

    R1173405.jpg 

    1回にたぶん30人位乗れそう。
    残念ながらグランクラスは再現されていない。いや無理だけど。

    定番の駅弁や各種グッズ販売も当然盛況ながら、これまたど直球の「払い下げ品販売」も大盛況。
    なんか、以前行った小田急の鉄道まつり(あれ?この話、ブログに書いてない・・・)に比べ「大人」の比率が高かったような・・・

    R1173415.jpg 

    整備工場みたいなところにも入れる。
    さすがに広い。天井のトラス構造がとにかくそそる!
    いやこれは、大人も楽しいですよえぇ。

    ここはJR貨物のブース(?)らしく、貨物列車が展示されている。
    R1173422.jpg 

    こういう車両の台車?部分はなかなかお目にかかれない。
    まだ4歳の3号の心には響いてないようだが、大人には・・・

    そして、見学していると突然の大音響とともに、天井の巨大クレーンが動き出す。
    4歳と40歳(の夫婦ともに)、おそらくそれぞれに違った感動を覚えたと思う。

    いやJR貨物、一気に我々一家の心を奪っていきました。
    1号はここで売ってた、一般人はおそらく一生お世話になることは無いだろう「JR貨物時刻表」を思わず買いそうになり、2号はJR貨物謹製のクリアファイルを買わなかったことをその日一日中後悔していました。
    3号も絵本で見てしっかり覚えていた貨物列車の「金太郎」の実物が見られ、ご満悦。


    うーん、JR貨物、素晴らしい。
    旅客なんて飾りです!偉い人にはそれが判らんのですよ!

    子供を楽しませるために来たはずなんだけどなぁ、思いのほか楽しかった。


    ちなみにこの会場、大宮駅西口から徒歩10分強かかります。
    かつ会場の中もかなり広くて、2号の携帯電話に搭載されている万歩計アプリはこの日7キロ以上の歩行距離を記録したらしい。
    小さい子供が全部みて廻るのは体力的に厳しいですな。

    そしてこれを日曜夜に書いている1号もどうも風邪をどこかでもらってきたらしく、日曜はパッとしなかった。
    あぁなんか、喉も痛くなってきた。
    明日、熱出なきゃいいな・・・


    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 6 comments  0 trackback

    鉄さんぽ ふたたび(1号)

    前回の鉄さんぽに味をしめた1号&3号。
    さらに最近、3号はモノレールに御執心。

    なるほど、前回起点に使った山下駅(世田谷線)からスタートして、京王線を八王子方向に進めば高幡不動から「多摩都市モノレール」に乗れる。
    そして終点の多摩センター駅から小田急線に乗れば豪徳寺駅まで帰ってこれる。

    よし、これでいってみよう。 

    R1172647.jpg  

    で、いざ乗り始めると、とにかく京王線は乗り換えの嵐。
    なんせ同じ路線上を「各駅停車」「快速・通勤快速」「急行」「準特急」「特急」が走っていて、おまけに行き先も八王子方面にいくやつと橋本方面に行くやつが調布までは同じ路線を走るので、もう何がなにやら。 

    時刻表をみていただくと、さらに訳わからなさが実感いただけるんじゃないかと。 
    この色分けされたそれぞれ、停車駅が微妙に違う。
    急行停車駅に行きたいならそんなに悩まないんですけどねぇ・・・

    どこに行くのであれ、各駅停車にのればそりゃー間違いなくたどり着くんですが、これだけの路線・系統が走っているとあちこちで「通過待ち」の嵐になって、いつたどり着くものやらって感じなので、結局携帯の乗り換え案内をにらみながら「義経の八艘飛び」さながらに乗換えをしていくことになる。

    R1172646.jpg
    まぁ3号は乗り換えのたびに走る電車や通過していく電車を堪能できるので、それはそれで良いらしい。

    そしてお目当ての「多摩都市モノレール」
    R1172654.jpg
    最初はいまいちピンとこなかったらしく、「羽田空港?浜松町?」とか言ってたが、まぁモノレール特有の視界にそこそこ満足の様子。 
    R1172655.jpg
    終点に着くまで、この特等席は子供たちに占領されていた。
    みんな考えること一緒だ。

    で、終点の多摩センターから小田急に乗って、またこちらもいくつかの乗換えを経て都合3時間程の散歩は終了。

    途中、乗換駅で二人で駅そばを食べ、小腹を満たした。
    子供のころに親父とサイクリングに行ったとき、道中二人で蕎麦屋に入って食べた記憶がなぜか強く記憶に刷り込まれている。
    そのせいなのか、「自転車に乗ってる時」と「息子と二人の時」は蕎麦屋(ラーメン屋でも可)の誘惑に負けてしまうことが多い。


    しかし振り返ってみれば、電車に乗ってそば食って帰ってきただけだ。
    これでいいんだろうか・・・

    Category : 子鉄日記
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。