softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    1月を振り返る

     正月明け、新しく眼鏡を作り直して視力を合わせたら思いのほか老眼が進んでいたことにショックを受けているゆげ1号が、新しい眼鏡がよくよく見ると全然自分に似合っていないことにも気付いてしまって踏んだり蹴ったりなわけですが。

    まぁそんな悪いことばかりでもなかった1月を振り返ります。
    ちなみに眼鏡の見え方自体は至極好調。良い眼鏡屋さんに出会えてよかった。


    1-DSC_0322.jpg 
    息子と行ったトミカ博でみた、プラチナ製トミカ。
    700万円だって。


    1-DSC_0370.jpg 
    相変わらず行ったり来たりな生活が続いていますが、札幌出張中にチカホの古本市みたいなやつで偶然手に入れたさっぽろ文庫「老舗と界隈」。
    これに載っていた、冨士屋のとうまんをたまたまアピアで見つけて購入。
    札幌の街並みと老舗の歴史を振り返りつつ、この本自体が昭和の本なのでさらに現在との時間の経過があるのが面白い。
    今は仕事で札幌市内を歩き回ることも多いので、この本に記された景色を思い浮かべながら歩いている。

    1-R1176232.jpg 1-R1176238.jpg 
    携帯をSIMフリーの安いやつに換えたら、カメラがほんといまいち。
    そんなわけでまたGRD3をまた引っ張り出す機会が増えた。
    やっぱり、記録される情報量が全然違う。
    今年はもっとカメラと戯れよう。

    1-R1176264.jpg 
    1月22日。
    東京は大雪。
    首都高がほとんど壊滅してたので、246とかがかなりすごいことに。
    1-R1176273.jpg 
    普段、雪への備えなんて無いですからね。
    東京で雪が積もると大変。

     1-DSC_0333.jpg 
    そんな合間、1月はなんか色々と美味しいものを頂くことができた。
    なんか、そう考えると盛りだくさんだったんだな。


    さぁ、年度末にかけて、公私共に大変だ。
    腹を括って、怯まずに行こう。


    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    師走模様

    12月、結局半分以上の時間を地元で過ごしていた。
    周りから見ると、いよいよ本当にこいつ転勤したのかと疑われても仕方ないくらい。 


    ミュンヘンクリスマス市。

    DSC1712211743.jpg
    ホワイトイルミネーション。
     
    1712171218.jpg
    雪景色の小樽へ。
    1712170031.jpg
    小樽総合博物館。

    1712143814.jpg
    札幌の冬の風物詩、雪ミク電車が走り始めた。

    いや、ずーっと遊んでたわけじゃないんです。
    写真とは裏腹、未だに慣れない、新しい仕事もかなり忙しかった。
    ほぼ毎週、札幌と東京を往復していたし。

    だからなのでしょうかね。
    イベントや景色、街の景色の見え方が、去年とは随分違う。

    今年、自分からなにか大きなアクション起こした訳では無いのに、振り返ればなんか激動の一年だったなぁ。
    大きな仕事もあり、仕事も大きく変わり、はじめての単身赴任も経験(なのにあんまり赴任先には行ってないのだが)。

    だから多分、同じもの見ても感じ方が去年と今年では随分違うんだろうな。

    そして果たして、来年の海図も未だ見つからない。

    1712210936.jpg
    毎日よくも悪くも刺激的ではあるけれど、安住の日々はいつ訪れるやら。


    

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ほんと、裏目に出る



    本文と写真はあんまり関係ないんですが、結構カメラ機能が気に入っていたスマホ、ついに故障。
    1-DSC_2640.jpg 
    札幌ー東京の往復生活における連絡手段、カメラ、ジョギング時の音楽プレイヤー、ネットやSNS。
    そして飛行機のチケットレス搭乗をはじめとするおさいふケータイ機能。

    良く考えたら、ほんと呆れるくらいスマホに生活を依存している。
    で、修理に出してみたら、保障サービスに入っていないことが判明。
    そうだ、この前に使っていた端末の時には保障サービス入ってたんだけど、その端末が壊れた時に「端末のカドに落とした痕あるから保障対象外ですねー」ってもんで、えーそんなちょっとの傷で保障効かなくなるんならもういいやって機種変するときに保障サービス入るの止めたんだった。

    そしたら、今回は「特に外傷とかも無いんですけど、保障サービス入ってないので引き取り修理対応で、修理費見積もりさせてください」ってことに。

    1-DSC_2462-EFFECTS.jpg 
    思えば、夏くらいから調子悪かった。
    ま、すぐ対処したらどうにかなったわけでも無いんだが。

    見積もりには1週間くらいかかるそうな。
    一応代替機貸してくれて、googleアカウントとかうまく使えばまぁ7割くらいの機能は代替機でもすぐ復旧できるんだけどさ(裏を返せばどんだけgoogleに情報預けてるんだってはなしだが)、やっぱり細かい操作感とか、アプリ入れなおしたりとか、どうせ代替機はいずれ返すものだからまぁ入れずに我慢するか的なアプリとかあって、なんとも使い勝手はよろしくない。
    なんか、自分自身の機能もデグレしてしまったような不便さ。

    それよりも、いったい修理費いくらかかるんだろう。
    見せてもらった書類では、修理費の範囲は約1000円~6万円・・・
    ちなみに機種変してから1年ちょっとしか経ってないので、残債も4万くらいある。

    なんか、裏目裏目だわ。
    修理費高かったら、もうSIMフリーの格安スマホに乗り換えたほうが良いかもしれない。

    そういえば最近購入したHuaweiのタブレットがかなり良かったんだよな。
    MediaPad M3の8.4インチモデル。
    こんなの。


    性能も申し分ないし、余計なアプリ入ってないし、それでいて標準機能でパワーマネジメント系の機能が動いていてバッテリ喰いのアプリを止めてくれたり、キャッシュ削除とかもやってくれる。
    画面も奇麗で、あと操作性がかなりよい。
    下部中央のボタンというか指紋認識パッド部分を押せば「前画面に戻る」、長押しで「ホーム画面に戻る」、左から右にさっとなぞれば「起動中アプリ一覧が表示」ってのがすごく使いよい。
    これで3万しないって、すごいなHuawei。

    修理代がいくらか次第だけど、どうせならスマホもHuaweiのやつにしようかな・・・
    仕事柄、正直この会社には色々あったり無かったりしたんだが、このコスパと完成度は本当にすごいなって思う。

    うーん・・・


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    旅客機が飛ぶ下で季節は変わっていく

     IMG_1718122012.jpg
    相変わらず、行ったり来たりな日々。
    文字通り、地に足が着いてないと言っても差し支えないくらい飛行機に乗っているのですが、たまーにうまく窓際の席が取れて、天候にも恵まれたりすると、こんな景色に出会えたりします。
    しかし北海道と東京を行ったり来たりしてると、ほんとに季節感がぼやけてくる。

    17101435.jpg 
    とはいえ札幌はもう晩秋。
    そろそろシーズンオフということで、中島公園のボートに乗ってきた。

    1710016.jpg 
    ボートになんの警戒感もなく近づいてくる鴨。

    ゆげ1号  :鴨って英語でなんていうの?
    息子  :duck

    ダックって、アヒルじゃね・・・?って思って、家に帰って辞書引いたら、鴨もアヒルもduckなのね。
    知らんかった。

    17101550.jpg

    落ち葉が増えてきた。もう冬は間近。
    来年の秋は、どこで何をして過ごしているいるんだろう。
    願わくば、もう少し自転車を楽しめる日々になっているといいのだけど。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    蕎麦が好き

    ここんところ外食といえば蕎麦ばかり食べている気がする。
    一人暮らしのわりにあんまり外食しない方だと思うんだが。

    決してグルメではないんです。蕎麦も、必ずしも「美味しい」蕎麦が好きってわけでもない。
    なんか上手くいえないんだけど、たぶん適度にチープな感じとのど越しのよさ、あとそばつゆの好みくらいしか判断基準はない。
    だから「ゆで太郎」がお気に入りだったりします。
    まぁその程度です。

    それはおいといて。

    写真使いまわしもなんですが、深大寺にて。
    松葉茶屋。

    やっぱりここが一番好きなんだよな。
    しかし、以前より蕎麦の量が少なくなったような気が・・・気のせいかな。こっちが朝食抜きで自転車で行ったから食欲が増進してたんだろうか。

    そして、その後にちょっと食べ足りないなぁということでちょっと別の店にも行ってみたんですが・・・
    1-1709091234.jpg 
    ・・・店名は置いておこう。
    なんか、蕎麦が「ふわふわ感」なんだよな。
    冷たい蕎麦の涼感みたいなものがあんまり感じられない。

    いやでも、ちょっと深大寺の蕎麦屋さんは色々巡ってみようって思った。


    そして札幌にて。
    南風自転車さん関連で知り合った方に教えていただいた、地下鉄南北線、自衛隊前駅近くの「美幌十割そば」。

    1709173620.jpg

    天ざるそば1200円。
    美味しくて結構ボリュームもある。
    十割蕎麦ならではの風味を理解できるほどの味覚は持ち合わせていないのですが、のど越しのよさ、少し辛めのめんつゆがとても好み。
    あと一緒に行った息子は今回も(今回で訪問2回目)親子丼のミニサイズをいただきました。
    ここの丼、結構ボリュームあるので小学校低学年くらいだとミニサイズで結構満足のようです。

    お会計のときに、紹介してくれた方の奥様が働いていて声をかけていただいた。
    不思議なもんで、札幌にいながらひょんなことでお会いする方もいれば、巡りあわせなのか全然会えない人もいる。
    まぁそういうことになってるんだな。

    そして札幌に帰ってきたらいつもの「ゆで太郎」に・・・とは今回はならず。
    あ、でも一軒変り種の蕎麦屋さんに行った。

    北2西3、敷島ビルの地下。
    札幌ガッツつけ蕎麦。

    1709193002.jpg 

    太麺の食感しっかりした蕎麦と具の野菜、鶏肉、かぼすをラー油入りの濃厚なつけ汁につけて食べる、つけそば。
    しょーじきなところ、つけ麺ってやつがそんなに好きじゃない、不味くは無いけどそんなにありがたがる理由が判らないと思いながら羽田空港の大勝軒でつけ麺すすってるくらいの1号ですけどね、つけそばってのはいいなぁって思いました。
    香り強い具材も入っていて、いろんな歯ざわりや塩味、旨みや辛味が自分の箸裁きひとつで色々と変化する。

    こういう主張の強い蕎麦は、芋焼酎で迎え撃ちたい。
    いや素直にビールでもいいか。
    しかし、今は平日お昼時。世が世ならうきうきウォッチングな時間帯ですよ。
    おまけに午後からも仕事・・・
    大変、夜が気になるお店でございました。




    とまぁ色々食べているのだけど、そんななか想定外の美味しさだったのが・・・
    1709194040.jpg
    極楽湯というお風呂屋さんの中にある食事処。
    ここの蕎麦は幌加内産そば粉を使っているという触れ込みなのだが、ここのもりそばが390円ですごく美味しい。
    いや風呂上りだから余計美味しいのかもしれないが、いや市内の他のスパでも蕎麦は食べるのだけど、ここほど美味しいと思ったことは無い。それらの蕎麦は伊藤礼の言葉を借りるならば「案外だったのである」って感じ。

    いやその感じはそれはそれで好きなんですけどね。
    でも、極楽湯のお蕎麦は全く案外ではないのだ。ネットで検索しても絶賛している人なんて全然出てこないけど、のど越し、麺にほんのかすかな穀物の甘みを感じる風味(個人の感想です)。
    美味しいと思うんだけどなぁ・・・

    いや、本当に個人の感想です。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    シルバーウィークはあれこれあったんです

    シルバーウィークは、仕事も少し絡めながら札幌に帰ってきました。
    なかなか、慣れない一人暮らしをしていると、連休を一人で過ごしてると気が滅入ってくるのです。
    45歳のおっさんがなに気弱なこと言ってるんだって感じですが、仕方ないんですよ。就職してすぐに結婚したし、一人で生活するって経験がほとんどないのですから。
    一人暮らしのスキル的な部分は意外と何とかなるんですけどね、なんかそれだけじゃないんです。
    それに、なんつーか色々整理しなくちゃならないことも出てきたので。


    さよなら交通資料館












    1709173608.jpg 

    約2年半、札幌の交通資料館がお休みになるそうで、息子と行ってきました。
    ここ、古い市電や路線バスが無造作に展示されててよかったんだよな。
    息子も自分のタブレットでたくさん動画や写真を撮りためていました。

    1709172116.jpg

    再開される平成32年春、我々は何処にいるのやら。


    モエレ山がどうにかなっていた

    1709131349.jpg 
    モエレ沼公園にそびえるモエレ山、山頂を目指して銀輪たちが。
    17091452.jpg
    主を失った自転車たちが天を目指す。

    今、札幌で芸術祭やってるんですね。
    そのインスタレーションの一つらしい。

    こういう景色って、いわゆる「インスタ映え」しないんですかね。
    しないんでしょうね。
    でも、好きだ。


    もう一つのさよなら

    色々な事情がありまして、今札幌で家族が住んでいる住居から退去しなくてはならなくなりました。
    時間的猶予はもう少しあるし、別に誰が悪いとか訴訟とかそういう話でも全然なく、でもその期限はいつか来るのだろうけどもう少し先のような気がしてたんだよな、何の根拠もなく。

    しばらくの間は札幌と東京を行ったり来たりしそうだから、だから当面は札幌の住まいに家族を残して良いかって形で今の生活がある。往来生活は一応期間限定だから、いつかは終わる。
    そして、家族にはここで数年間暮らしてきた蓄積と人間関係がある。

    いずれ、この往来生活が終わったときに生活スタイルをどうするかってのは、考えなきゃいけない懸案事項だったんだ。
    でも今の二重生活がなんとなくやれてしまっているので、なんかそんな先のことを悩むモチベーションがちょっと低かった。

    でも、今回明確に、期限を切られてどうにかしなきゃならなくなった。
    どこかに札幌での住まいを見つけて、そこと東京の二重生活を続けるべきなのか、家族ともに東京に戻るべきなのか。

    いずれにせよ誰かが誰かにさよならを言わなければならない。
    そんな話を、2号と話し、息子とも話した。
    息子はまだそんな難しいことは解らないけれど、土地への愛着と家族への愛情という選択肢を息子なりに真剣に受け止めてくれた。たぶん。

    やっぱり、生きていると些細な、寝言サイズの大事件が色々と怒りますね。


    それはそうと。

    引っ越しするしないは置いといてですね。
    Barleyのチャイルドトレーラー、だれか要りませんか?
    我が家ではさすがにもう息子も乗らず(乗れるけど)、荷物運搬に使おうと思ってもロングテールで結構間に合ってしまうし、なにより子を乗せずに荷物だけ積んで走っていると覗き込んだ人がかえってびっくりするんですよ。「えぇ、人も犬も乗ってない!」って。

    なので、同じトレーラー買うにしても荷物運搬用に特化した奴に買い替えたいかなぁ・・・と。

    結構使い倒したので使用感はありますが、まだまだ機能的には問題なく使えると思います。
    定価4万くらいですから、古物半値の五割引ということで1万円くらいでどうですかね・・・

    ま、このブログで募集してもあんまり意味ないんですけどね。
    一応。





    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    この世の終わりかと

    2017年8月19日夕方、大荒れとなった東京の模様をメモ。

    この日、朝イチの便で札幌から東京に帰ってきたんですけどね、お盆シーズンということもあって成田便しか取れなかった。

    1-DSC_2350.jpg 
    9:30の成田空港、豪雨。
    いやなんか、嫌な予感したんですよね。この雨、成田から船橋に抜ける頃には上がってたんだけど、なんか大気の状態が不安定な感じ。

    そして自宅に戻り、買出しやら諸々出かけているときにはまだ東京の天気もギリギリ曇り空。
    スーパーでも、この日の夜に催される多摩川花火大会を当て込んだお惣菜やら酒やら寿司パックやらがまぁまぁ売れていた。
    世田谷区の公式発表でも、まだこの時点では花火大会は実施の方向だった。

    そして買い物を済ませ、自宅に帰ってきてしばらくすると雨が降り出した。
    その後、雨、風、雷が降り注ぐゲリラ豪雨が発生。




    この時間、私は部屋にいたのだけど、おー雷すげーなーって思ってたらいつの間にか、どう考えても雨音じゃねえぞこれみたいながんがん言う音が聞こえてきた。
    窓を開けてみたら、でっかい雹が。


    いやぁ、すごかった。
    実際、多摩川の河川敷は雨風を避けようと橋の下にみんな避難するも、雹ががんがん降ってくるわ河川敷には落雷もするわで本当に大変だったみたい。




    いやぁ、自宅の窓から見てただけだけど、本当にこの世の終わりみたいな30分だった。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    こんな夏の日々

    1708101141.jpg 
    今年の夏休み、しっかり遊びました。
    旅行に行ったりとか、派手なことはしなかったけど、キャンプに行ったり、プールに行ったり、プラレール博に行ったり。


    1708103828.jpg 
    なんという偶然か、去年と同じ日に、同じキャンプ場を予約していた。
    オートリゾート滝野、ベテラン勢には食い足りないのかもしれませんが初心者には大変行き届いていて快適です。
    今回、車を横付けできるスタンダードカーサイトの「まる得プラン」ってやつしか空いてなくてそこを利用したのだけど、通常料金から1000円引きの代わりにサイトが狭い、とのこと。
    でもうちは4~5人位用の少し大きめのテント一張りでタープも使わないので、全く問題なし。
    タープ、特に必要性感じないんだけど、テント自体にもう少し大きな前室っぽいスペースがあるといいな・・・なんて。

    アウトドアって、ほんとに物欲刺激されまくる。
    モンベルとか行くと、コッフェル一揃えなんかにいろんな夢が浮かぶもんな。

    今年はホワイトガソリンのストーブの代わりに固形燃料を持って行ったのだけど、いやぁ便利便利。
    火力はガソリンに当然かなわないけど、一瞬で火がついてお湯を沸かすのもそんなに困らない。
    凝ったことしないなら木炭と固形燃料で十分かなぁ・・・と。
    そんなこと言いつつ、小型軽量のガソリンストーブがあったらいいなぁなんてちょっと欲目を出したりしているのだが。

    いやね、いつも借りている親の車が軽自動車なので、キャンプ用品もできるだけ小型軽量なものが望ましいのです。
    それに、もう少し息子が大きくなったら自転車でキャンプとか行ってみたいし・・・そんな野望もあったりするので、キャンプ用品は小型軽量なものが欲しい今日この頃。

    しかし、良いもの、軽いものは高い。
    そしてなんとも魅力的だ。
    はぁ。

    1708110113.jpg 
    翌日は公園の有料ゾーンへ(キャンプ料金に入ってる)。

    1708112826.jpg 
    息子、このボールに乗り上げてごろんと一回転して顔面強打。
    顔擦りむいて一気にテンションダウン(笑)
    しかし息子よ、父は子供の頃同じようなことやらかしてムチ打ち症になったのだ。それに比べたらお前さんは体も柔らかく、身体能力は高いぞ。
    まぬけでもいい、無事に育ってくれ。


     1708151433.jpg

    そして夏休みの間、何度となく「札幌ドイツ村」に行ってた気がする。

    1708092249.jpg 

    17-08133621.jpg

    いやまぁサッポロビールのブースも行ったけど。
    1708152109.jpg
    いやいや日本のビールも、美味しいんだ。
    というか、いつも言ってる気がしますけどね、ビールが「飲んで美味しい」のは北海道の気候のおかげなんじゃないかと。

    ここは一つ、ビアツーリズムみたいな感じで「ビールを飲みに来る」という観光スタイルごあっても良いと思うんだが、どうだろう。



    プラレール博で観た、江戸切子とのコラボ。
    他にも、箱根の寄木細工、京都の竹工芸とのコラボも。

    1-2017-08-13133047.jpg 1-2017-08-13133019.jpg 

    プラレール博自体は、なんか思ったほどの人出もなく。
    内容も正直なところ、別にどうって事もない。息子ですら、定価販売されているトミカやプラレール関連製品には目もくれない。
    イベントでしか買えない限定モデルはあるのだけど、まぁそれくらいしか見所はないんです。
    でもって別に我が家はコレクターでも無いので、別に限定モデルを収集するわけでもない。

    そんななか、今回お目見えした伝統工芸とのコラボは結構よかったなー。
    なんでも、三つ合わせてお値段100万以上とか・・・まぁ一点ものだしね。


    色々あって、今回は久しぶりに長めの夏休み。
    個人的には東京に転勤になったにもかかわらず公私共にこれから色々あってさ、どうなるのかなぁって期待、いや不安の方が大きいのですが、自宅に戻って息子と遊び、結構いいペースでジョギングもして、自転車も乗って。

    派手なお休みではなかったけど、日常プラスアルファの時間をゆっくり過ごせました。
    こういうのもよかったな。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。