softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ゴールデンウィーク、やりきった・・・その1 旅の空

     先日「そろそろブログ記事1000本目ですよね」とご指摘いただいてすげーびっくりしたのですが(確かにブログの個別エントリについているURLをみると全快の記事が999になっている)、よくよく記事をカウントしてみると1000本にはまだちょっと時間がかかりそうです。URLの方についている数字は下書き分や未公開分もカウントされてるのな。
    ということで、確かに自分たちが記してきた記事は本記事が1000本目なのですが、公開記事が1000本に達するのはもう少し先になりそうです。
    続くかどうかは別として。


    家族一緒での東京生活がスタートし、それぞれ(私以外)が環境の変化にちょっと息切れしてきた今日この頃。
    そんなタイミングでゴールデンウィークがやってきました。

    まぁ色々ありましてね、それでも結果的には随分あそびまくった。
    今回は、小旅行の話。
    今回もスマホのカメラは原則封印して、GRD3を旅のお供としました。

    1-R1176718.jpg 
    休日に入る前に、秩父で一泊。

    1-R1176745.jpg

    翌日は近くの農園でイチゴ狩り。

    1-R1176740.jpg 
    気がついたら息子の服や手が、返り血に染まっていた・・・(笑)

    1-R1176751.jpg

    1-R1176757.jpg

    1-R1176762-001.jpg  
    いやぁ、つくづくのどかである。
    予報ではこの日は雨のはずだったのだけど、秩父の雨は早朝で止んでくれたので色々と楽しめました。
    散策して、ウッドハウスみたいなところのハンモックを楽しんで、1人600円也の流しソーメン食べて。

    その後、来た時と同じ、ニューレッドアロー号で東京へ戻る前、ふと駅舎の中の物産展みたいなところを眺めていると、そこには埼玉が醸す「イチローズモルト」が。
    シングル、1杯700円。メニューはロックと水割りしかないのだけど、ストレートでお願いすれば出してくれます。
    プラスチックのコップに入って出てくるけど、これは本当に美味しい!

    1-R1176782.jpg
    いいよね、家族サービスの合間だけど、ちょっとくらい自分の楽しみがあっても。


    伝わるかどうかはよく判らないのですが、やっぱりGRD3は良い。
    10年前の、スペック的には画素数1000万しかない、手ブレ補正もない、ズーム機能もない「老いた広角単焦点コンデジ」なんですけどね・・・スマホのカメラとはやっぱり違う。

    最近のデジタル一眼レフとかミラーレスとかだともっと凄いのかもなぁなんて思ったりもするのですが、まぁしばらくはこれで行こう。フィルムカメラもあるし、結果じゃなくプロセスを楽しむのが趣味なのです。

    と、言い聞かせる。

    そりゃOM-D欲しいよ。ソニーのα7だって憧れるけどさ。そういうわけにも行かないじゃないですか。

    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    再び、GRD3

    1-R1176595.jpg
    引越し後のドタバタも一段落つき、GRD3もやっと出てきた。

    1-R1176610.jpg
    子どもと遊びに出かけてマニュアル機のフィルム一眼レフ持って歩くのって、やっぱり大変。
    その点、小さいしすぐシャッター切れるしオートフォーカスだしなデジカメって本当に便利。
    でも不思議と、フィルムカメラとコンデジ、あとスマホもなんですが、うまく言えないのだけどなんか出会う景色がそれぞれ違うような気がします。
    なんなんでしょうね。

    1-R1176625.jpg 
    東京も暑くなってきたので、川べりまで遊びに。
    がっつり水に入って良いよ。タオルも着替えも持ってきた。
    あーでもロングテール乗ってると、もっと色々積み込んで走りたくなるんだよな、なぜか。
    だからなのか、思わず帰ってから安いポップアップテントを衝動買いしてしまった。

    1-R1176636.jpg 
    川遊びして、自転車で走って。
    元気だなーって感心してたけど、翌日ダウンしてやがんの。まだまだ親父の方が強いな。

    それにしても、息子のラレー(20インチ)がいよいよ小さくなってきた。
    新しい自転車をそろそろ探し始めないと。


    ここ当面は趣味としての自転車にがっつり時間を割くことが難しい状況なのですが、まぁそんなときは写真とか別の、その時々でできることを楽しめばいいんだ。
    またいずれ、局面も変わる。
    そのときにまた走り出せばいいんだ。

    そんなわけで、そのときに走れるだけの体力を維持するためにランだけはちゃんとやっていこう。
    月間何百キロも走れませんが、月間100キロ以上はなんとか継続しよう。
    せめて、それくらいは。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    フィルムカメラに、昭和のお父さんたちを想う春

    1804013612.jpg 
    最近、息子とのお出かけにフィルムカメラを携えている。
    ここ1年以上身辺が落ち着かなくて、そんなだとカメラ関連にまでなかなか時間が割けなくてなぁ。

    少し生活が落ち着いたこと、以前まとめて購入したフィルムの品質期限がだんだん迫ってきたこと、引越しのドタバタでGRD3が行方不明になってしまったこと、おまけに今使っている安いスマホのカメラがかなりいまいちなことなんかが重なって、まぁ息子とのおでかけに自分の趣味要素をちょっと足してみようかと。

    オリンパス OM-2。
    学生時代の先輩にいただいたもの。
    自分とあまり変わらない歳なんだよな、これ。

    15680011.jpg

    かなり鉄分高い息子とのお出掛けなので、どうしてもこういうシーンが増えてしまうのだけど。

    いやでもさ、やっぱりフィルムカメラは難しい。
    この時代のカメラですから、当然マニュアルフォーカス。
    当たり前だけど、おでかけ前にフィルム装填する段階で感度は決まる。あぁここ暗いから感度上げるか、とか当然できない。
     
    15680019.jpg 
    シャッター押す前にやることがたくさんあって、なかなか構図を考えるところまで脳みそがついていかない。

    19180008.jpg
    そして、フィルムの撮影枚数が尽きたらそこで終わり。
    いやフィルム何本も持っていけばよいのだけれど、24枚撮り1本を現像してもらうのに650円くらいかかる。
    プリントしてもらわずにデータでもらっても、24枚撮りで合計1500円くらいかかるのよ。

    なんとも高価な銃弾だ。
    これって下手の狩猟みたいなもんじゃないか。
    ほんと、動き回る子供の姿をフィルムに納めるなんてほんと大変。
    思えば、昭和のお父さん達はよくやってたな。
    
    15680022.jpg 
    それでも、何十年も前のカメラとレンズでも、なんかその質感は今のスマホなんか全く太刀打ちできないんだよな。
    多分ボディとレンズ合わせて当時の10万オーバーって、当時の大卒初任給より高い。フィルムも現像もカネがかかる。
    まぁカメラってやっぱり気合の必要な趣味、というか嗜みだったんだろうなって思う。

    でもさ、例えば70年代のコンピューターなんて今のスマホにも太刀打ちできないくらい、世の中のあれこれは時の流れとともにどんどん陳腐化していくじゃないですか。それを考えると趣味としてのカメラって本当に奥行きが深い。古いものにもしっかり価値が残るって、ある意味踏み込んだら底なしだわ。

    いや、そっちには行かないけどね。
    191800041.jpg 
    そんなこんなで、2018年の春は駆け足で過ぎていきます。
    引越しの荷物は片付いてきて、日々の生活も少しずつ落ち着いてきた。

    今年度は色々と乗り越えていかなきゃならないことが多いのだけど、この調子で一歩ずつ挑戦していこう。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    いい街でした、ほんとうに

    昨年東京に転勤してから、半ばなし崩し的に東京と札幌の二重生活を続けてきましたが、いよいよ家族揃って東京へ移ることに。
    4年弱暮らしてきた札幌市中央区とも、お別れです。


    まぁ札幌は地元ですし、転勤してからも札幌での仕事は続きそうなんですが、なんかこれまで何気なく通り過ぎていた街並みがいちいち引っかかる。




    1803194329.jpg
    いや、東京にも「ゆで太郎」あるから。

    でもねー、なんかそういう話でもないんだ。
    この店にも、本当にお世話になった。ブログにも何度登場した事か。

    この街に10数年ぶりに帰って来て暮らし始め、4年くらい暮らしたけれど、意外と「再会」ってなかった。
    昔つながっていた人たちとまた出会ったりするのかな、って思っていたけれど、意外とそんなこともなかった。
    でもその分、色々な新しい出来事や出会いに恵まれたり揉まれたりするなかで、なんとなく暫しの止まり木として落ち着いたのがゆで太郎だったんだよな。

    もういい歳なのに。すすきのに根城の一つや二つあってもいいのに、あぁそれなのにゆで太郎。
    誰にも邪魔されず、時に一人で腹を満たし、時に一人で一杯だけ飲み、暫し現実から離れることができた。
    なかなか、馴染める飲食店に出会えないのですが、数少ないこの街での居場所のひとつでした。
    本当にありがとう。

    1803174925.jpg

    中島公園も、良く来た。
    家族でよく遊びに来たし、息子もここで色々な経験をした。
    そして自分自身も札幌生活の中でランに少しばかり目覚め、ここで本当に良く走った。

    親子ともに、大切な場所でした。

    1803016.jpg

    JetSetな生活はしばらく続き、この景色はしばらく日常のまま。
    でも札幌での生活は、ここでいったん一区切り。

    家族にも色々負担かけるし、思うところは色々あれど。
    いつかまた、縁があることを願って。




    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    さよならの準備

    1802195940.jpg
    東急ハンズ札幌店が閉店して、東急百貨店内に移転とな。
    ハンズならではの品揃えに惹かれて、息子と二人でちょくちょくお世話になっていたので、寂しいものだ。
    跡地はどうなるんだろうね。


    いや、そんなこと言ってる場合でもないんだわ。
    いよいよ、我々の引越しも近づいてきた。
    昨年に転勤したものの、札幌での仕事の比重が高かったので単身赴任しつつの東京-札幌、二重生活を送っていた。
    でもそろそろ、そのあたりも整理しようと。
    ま、これからも札幌での仕事は続くので、ちょくちょく来ることにはなるんだけど、とりあえず札幌生活は一区切り。

    といいつつ、別に慌しく準備しているわけでもなく。
    いや、それじゃいかんのですけどね、多分ぎりぎりになって大慌てするんだろうな。

    1802023416.jpg

    1802063708.jpg
    今年は例年より雪まつりを味わった。

    1802182452.jpg 


    1802182524.jpg

    話変わって、以前から気になってて時々立ち寄っていた地下鉄南北線・北34条駅の駅構内一角。
    夏に来たときよりさらにパワーアップ(?)して、「ほぼ廃墟」から「通り抜けできる廃墟」へレベルアップ。

    ほんと、どうすんのよここ・・・


    こんな感じで、なんか気になったところをできるだけ訪れるようにしてるのです。
    とりあえずの、さよならの準備。

    いいのか、それで。
    いやいかんのですよ。
    本当にさ、チャイルドトレーラーとかファットバイクとか、どうすんのよ。
    息子の自転車もサイズ的に春には更改必要だし、色々と整理が必要だ。

    そうなんだよ。
    転校をあんなに嫌がっている息子だって、最近色々と身辺整理(不要なおもちゃの売却準備とか(笑))を始めているんだ。
    やらねば。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    1月を振り返る

     正月明け、新しく眼鏡を作り直して視力を合わせたら思いのほか老眼が進んでいたことにショックを受けているゆげ1号が、新しい眼鏡がよくよく見ると全然自分に似合っていないことにも気付いてしまって踏んだり蹴ったりなわけですが。

    まぁそんな悪いことばかりでもなかった1月を振り返ります。
    ちなみに眼鏡の見え方自体は至極好調。良い眼鏡屋さんに出会えてよかった。


    1-DSC_0322.jpg 
    息子と行ったトミカ博でみた、プラチナ製トミカ。
    700万円だって。


    1-DSC_0370.jpg 
    相変わらず行ったり来たりな生活が続いていますが、札幌出張中にチカホの古本市みたいなやつで偶然手に入れたさっぽろ文庫「老舗と界隈」。
    これに載っていた、冨士屋のとうまんをたまたまアピアで見つけて購入。
    札幌の街並みと老舗の歴史を振り返りつつ、この本自体が昭和の本なのでさらに現在との時間の経過があるのが面白い。
    今は仕事で札幌市内を歩き回ることも多いので、この本に記された景色を思い浮かべながら歩いている。

    1-R1176232.jpg 1-R1176238.jpg 
    携帯をSIMフリーの安いやつに換えたら、カメラがほんといまいち。
    そんなわけでまたGRD3をまた引っ張り出す機会が増えた。
    やっぱり、記録される情報量が全然違う。
    今年はもっとカメラと戯れよう。

    1-R1176264.jpg 
    1月22日。
    東京は大雪。
    首都高がほとんど壊滅してたので、246とかがかなりすごいことに。
    1-R1176273.jpg 
    普段、雪への備えなんて無いですからね。
    東京で雪が積もると大変。

     1-DSC_0333.jpg 
    そんな合間、1月はなんか色々と美味しいものを頂くことができた。
    なんか、そう考えると盛りだくさんだったんだな。


    さぁ、年度末にかけて、公私共に大変だ。
    腹を括って、怯まずに行こう。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    師走模様

    12月、結局半分以上の時間を地元で過ごしていた。
    周りから見ると、いよいよ本当にこいつ転勤したのかと疑われても仕方ないくらい。 


    ミュンヘンクリスマス市。

    DSC1712211743.jpg
    ホワイトイルミネーション。
     
    1712171218.jpg
    雪景色の小樽へ。
    1712170031.jpg
    小樽総合博物館。

    1712143814.jpg
    札幌の冬の風物詩、雪ミク電車が走り始めた。

    いや、ずーっと遊んでたわけじゃないんです。
    写真とは裏腹、未だに慣れない、新しい仕事もかなり忙しかった。
    ほぼ毎週、札幌と東京を往復していたし。

    だからなのでしょうかね。
    イベントや景色、街の景色の見え方が、去年とは随分違う。

    今年、自分からなにか大きなアクション起こした訳では無いのに、振り返ればなんか激動の一年だったなぁ。
    大きな仕事もあり、仕事も大きく変わり、はじめての単身赴任も経験(なのにあんまり赴任先には行ってないのだが)。

    だから多分、同じもの見ても感じ方が去年と今年では随分違うんだろうな。

    そして果たして、来年の海図も未だ見つからない。

    1712210936.jpg
    毎日よくも悪くも刺激的ではあるけれど、安住の日々はいつ訪れるやら。


    

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ほんと、裏目に出る



    本文と写真はあんまり関係ないんですが、結構カメラ機能が気に入っていたスマホ、ついに故障。
    1-DSC_2640.jpg 
    札幌ー東京の往復生活における連絡手段、カメラ、ジョギング時の音楽プレイヤー、ネットやSNS。
    そして飛行機のチケットレス搭乗をはじめとするおさいふケータイ機能。

    良く考えたら、ほんと呆れるくらいスマホに生活を依存している。
    で、修理に出してみたら、保障サービスに入っていないことが判明。
    そうだ、この前に使っていた端末の時には保障サービス入ってたんだけど、その端末が壊れた時に「端末のカドに落とした痕あるから保障対象外ですねー」ってもんで、えーそんなちょっとの傷で保障効かなくなるんならもういいやって機種変するときに保障サービス入るの止めたんだった。

    そしたら、今回は「特に外傷とかも無いんですけど、保障サービス入ってないので引き取り修理対応で、修理費見積もりさせてください」ってことに。

    1-DSC_2462-EFFECTS.jpg 
    思えば、夏くらいから調子悪かった。
    ま、すぐ対処したらどうにかなったわけでも無いんだが。

    見積もりには1週間くらいかかるそうな。
    一応代替機貸してくれて、googleアカウントとかうまく使えばまぁ7割くらいの機能は代替機でもすぐ復旧できるんだけどさ(裏を返せばどんだけgoogleに情報預けてるんだってはなしだが)、やっぱり細かい操作感とか、アプリ入れなおしたりとか、どうせ代替機はいずれ返すものだからまぁ入れずに我慢するか的なアプリとかあって、なんとも使い勝手はよろしくない。
    なんか、自分自身の機能もデグレしてしまったような不便さ。

    それよりも、いったい修理費いくらかかるんだろう。
    見せてもらった書類では、修理費の範囲は約1000円~6万円・・・
    ちなみに機種変してから1年ちょっとしか経ってないので、残債も4万くらいある。

    なんか、裏目裏目だわ。
    修理費高かったら、もうSIMフリーの格安スマホに乗り換えたほうが良いかもしれない。

    そういえば最近購入したHuaweiのタブレットがかなり良かったんだよな。
    MediaPad M3の8.4インチモデル。
    こんなの。


    性能も申し分ないし、余計なアプリ入ってないし、それでいて標準機能でパワーマネジメント系の機能が動いていてバッテリ喰いのアプリを止めてくれたり、キャッシュ削除とかもやってくれる。
    画面も奇麗で、あと操作性がかなりよい。
    下部中央のボタンというか指紋認識パッド部分を押せば「前画面に戻る」、長押しで「ホーム画面に戻る」、左から右にさっとなぞれば「起動中アプリ一覧が表示」ってのがすごく使いよい。
    これで3万しないって、すごいなHuawei。

    修理代がいくらか次第だけど、どうせならスマホもHuaweiのやつにしようかな・・・
    仕事柄、正直この会社には色々あったり無かったりしたんだが、このコスパと完成度は本当にすごいなって思う。

    うーん・・・


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。