softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    3月、色々ありまして その1(キャンプ)

    3月、色々ありましてね。
    仕事はひと段落ついたのですが。
    落ち着かないったらありゃしない。

    まぁそれはそれとして、今月はよく遊んだ。

    1-R1175461.jpg 

    定山渓自然の村というところで、こんなテントハウスを借りての雪中キャンプ。
    今回は、札幌市の主催でキャンプ+雪中のいろんなアクティビティ(雪中でアイス作ったり、ご飯作ったり、スノーシュー借りてプチトレッキングしたり)がセットになっている「ファミリーキャンプ」というのに申し込んでみました。
    申込はたしか昨年秋くらいだったような・・・で、定員が5家族くらいで当初は抽選落ちたんだけど、幸いなことにキャンセルが出て繰り上がり当選。
    当日の装備は、寒さ対策できるウェアと歯ブラシ洗面セットくらい(あと酒)を持っていけばOK。あとは食材とか寝袋とかは全部用意いただける。

    1703041759.jpg 

    昼間いろいろ雪遊びして、晩御飯はご用意いただいたパエリア。
    てめぇらで火をおこし、食材の下ごしらえして料理する。
    一家族4~5人くらいを想定した食材量を用意してたみたいで、親子3名パーティには完全オーバースペック(笑)

    当然食いきれず、持参したジップロックに1/3くらい収容して帰投。翌日の我が家のご飯になりました。
    いや、ふつーにうまいのよ。下準備していただいているところでちゃんと仕事してるんだよな、こういうのって。

    1703210157.jpg 

    夕食後は小一時間ほど夜の森を探検し、森の中の結構でかい滑り台ポイントで子達は夜のアトラクションを満喫。
    まぁそんな感じで集団行動的なイベントはほどほどに(一つ一つは楽しかった!)、各自のテントハウスで夜は更けていく。

    1703050335.jpg 
    二日目のトレッキング、息子はとても渋っていた。
    おまけに2号も体調不良で辞退。
    あくまでファミリーキャンプなので、仕込まれているアトラクションはこどもができるかどうかというラインで難易度が設定されているわけですので、息子と2号置いてオッサン一人で参加してもどうよ、って話なんですよ。

    つーことで息子強制参加。
    (本人的に)酷い目にあって帰ってくるか、楽しんでくるかは本人次第。でも親父は一緒に行くから、どうしても駄目だったら二人で帰ってこよう。

    いやいやしかし、いざ放り込んでみると息子は頑張った。
    なれないスノーシューをたどたどしく使い、10メートルくらいありそうな自然の滑り台スロープを目の前にして、内に秘めていたガッツがついに噴火。
    スロープ脇の急斜面を一生懸命ガシガシ上がり、ひゃーって降りてきた。

    いやぁ見事。やっぱりだめもとでもいろんな経験してみるもんだね。


    一泊二日でいろいろと至れり尽くせりで一家族12000円くらい。
    抽選だし、スケジュールがある程度決まっているので勝手にやりたい人には不向きかもしれないけど、初心者向けイベントとしては破格だと思いました。

    ここのテントハウス借りるだけでも、冬キャンプの敷居はかなり低くなると思います。ハウスに入っている限りはあったかいし安全ですから。
    ゆくゆくは厳冬期にテント泊やりたいけどなー、でも取っ掛かりにこういう経験できたのはとても良かった。

    テントハウス借りるのはかなり倍率高いみたいだけど、こんどはファミリーキャンプ的な全部準備されたイベントじゃなくてテントハウス借りてあとは自前で一晩過ごしてみたい。

    うん、たのしかった。

    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    戦場にて

    もうね、自分史上最大(拙者比)の修羅場。
    2月はさすがにブログ更新どころじゃなかった。
    まだもう少し続きます。

    24時間、緊急時には対応が求められるので酒飲めないですよ、半月くらい。
    そしたらですね、もうびっくりするくらい体調が良くて、結構勤務時間も内容もハードなんですけどすこぶる元気。
    ジム行ったりZwiftする時間も取れないのだけど、酒飲まないだけで全然太らないんだよな。

    それがちょっと、救いだ。

    1-zwift3.jpg 

    ほんと、こんな感じの日々。
    いやZwift三昧ってわけじゃなくて、戦場みたいな現場でなんとか戦う体制を作り上げて生き延びようって感じ。


    ま、泣きも笑いもしないけど、泣いても笑ってももう少しで終わる。
    こんな冬もたまにはいいか。
    こんな冬はもうそうそう来やしないのだから。



    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    今はしかたない

    今年の12月は本当に慌しい。
    別に残業続きとか過重労働とか、そういう話ではないのだけれど、まぁ公私共にいろんなことが起こる。いいこともわるいことも、どうでもいいことものっぴきならないことも。

    ツイッターのタイムラインからは「毒吐きまくりですね」みたいなご心配も頂戴しましたが、確かにさ、物事にじっくり向き合って乗り越えていけず、100人組み手みたいにばったばったと仕事してると心が殺伐としてくる。
    でもまぁ、そんな話はともかくとして、このままだと12月の記事が1件になってしまいそうなので近況報告的なお話。


    ■ゆげ1号、アトピーだってよ

    いきなり病気ネタで恐縮ですが、12月のある日突然、背中に発疹が。
    自分では見えないので、なんか痒いなーくらいの認識しかなかったのだけど、妻氏から可及的速やかに病院へ行く旨厳命されてしまい、まー会社休む口実になっていいか、今日は会議もあんまり入ってないし的なノリで皮膚科に行ったんですけどね。

    薬どっさり処方され、血液検査されて翌週に再受診したらあっさりと

    「アトピーですね。これは遺伝的に貴方が背負っているもので、なにか原因があってこうなっているわけじゃないので(アレルゲンから遠ざかったらアレルギー反応は出ないけどそれはアレルギーがなくなったわけじゃない、みたいな話)、その抱えている爆弾とどう付き合っていくか、どう押さえ込んでいくかをちょっと考えていきましょう」

    的な話をされ、なんか定期的に通院して治療をしていくような話に。
    もう背中も痒くないし、自覚症状ないからすげー納得感無いんだよなー。
    いや、医師のおっしゃることも判る。でもなんか、心がついていってない感じ。


    ■記録的大雪

    そうだ。
    この12月は2回に渡ってどっさり雪が降ったんだ。
    月の始めなんて、せいぜいこんな調子だったんだ。
    1612031309.jpg 

    それが1回目、12月10日(土)。
    この日は市電が終日運休し、私は風邪かインフルエンザかどっちつかずな症状に悩まされて大雪の中、かかりつけ医の元へ行って
    「こんな初期だとどっちかなんて判んないから、とりあえず熱ガツンと上がったらこの解熱剤飲んで凌げ」
    という極めて合理的な診断を頂戴し、翌日すっかり熱も下がってあーよかった、でも雪かき大変だーみたいな週末だったのです。

    そして2回目、12月22日(木)。
    クリスマス前に、湿った雪がどかどかと。

    1612221745.jpg 

    この日から週末にかけ、道路交通網はマヒ状態。新千歳空港も除雪が追いつかず、多くの人々が足止め。
    そうだ、この自然と折り合いつけながら生きていくんだよな、我々は。


    ■そんななか、ゆげ一家は

    家族忘年会を開催してました。

    1612222140.jpg 

    鉄道居酒屋・ぽぷら
    鉄道とバスをテーマにした、趣味の店。

    いやー濃かった・・・
    1612221916.jpg 
    ちなみに個室を予約したら、こんな部屋。全部操作できる(操作方法理解できれば)。
    座席は路線バスのシート。これが実に座り心地良い(笑)。

    また、過去の市内路線バスの車内案内テープをかなりコレクションされているようで、我々が若い頃に良くお世話になった路線なんかも出していただき、「次は●●、XX眼科へお越しの方は、こちらで降りられると便利です」
    みたいな懐かしいアナウンスを聴きながらお酒飲むのは、とても楽しかった。
    おまけにね、路線バスのシートに座って飲めるのは、かなりいいですよ。
    ふつう、無理じゃないですか。路線バスでお酒飲むのって。
    ここではある意味、夢がかなう。

    さすがに記録的大雪の日(そもそも平日)、他のお客さんの姿はそれほど多くなかったけど、色々話もできて楽しかった。
    我々はこっちの世界のマニアではないけれど、好きでのめりこんでいる人の話を聞くのはすきだなー。


    そして日曜日、物置の屋根に上って溜まりに溜まった雪を排雪(しないと物置つぶれるんだよ、下手すると)。
    通称「雪下ろし」。

    1612255154.jpg 

    元々降り積もっていた雪+屋根から下ろした雪の量は、楽勝でかまくら作れるくらい。
    北国ならでは、ですかね。


    とにもかくにも、だ。
    病気やら除雪やら、そしてその合間を縫ってジムで走って、またその隙間には各種忘年会やクリスマスが紛れ込み、残った隙間時間に仕事なわけですよ(順序性を真に受けないでください)

    ほんとに、あわただしい。おまけに慣れない除雪の影響で筋肉痛&軽い腰痛。
    こんな中、自転車関係のイベントや観たかった映画とか、なんかぽろぽろといろんなことを取りこぼしている。


    やるせないけど、今は仕方ない。
    いいことも、わるいことも、もう少し間引いて来てくれるといいんだけどね。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    生存確認

    生きてますそれなりに。
    まぁ生きていればこそ、いろんなことが起こるんだなぁと実感する今日この頃。


    ■出張先は函館より東京の方が楽

    函館日帰り出張、片道5時間。
    1610132608.jpg

    東京日帰り出張、片道4時間。
    1611150832.jpg

    札幌と東京、もうほんと季節が違う。

    1611155414.jpg

    東京、この時期でもふつーにロードバイクが走ってて、あぁうらやましい。
    札幌も先日のドカ雪はほとんど融けてなくなってるけどさ、もう寒いんだよ。
    情けないけど、もうロード乗る気が起こらない。

    1611152359.jpg
    仕事が終わって少しほっとした羽田空港で缶ビール、それも気持ち程度贅沢にプレモルを開けたのに、これがびっくりするくらい美味しくない。
    北海道の気候下で、サッポロクラシックみたいな味の濃いビールにすっかり慣れてしまっているんだろうな、舌が。

    やっぱり、北海道の地酒はビールだ。

    まぁそれはともかく、函館だろうが東京だろうが、日帰り出張はきつい。
    楽しい案件でもないので、なおさら。



    ■走る~走る~その場で~

    昔、嘉門達夫が歌ってたんですよ。
    爆風スランプのヒット曲の替え歌「ルームランナー」。

    最近、本当に行くところ無くて、ジムばかり行ってる。
    以前ごし氏がブログで紹介していた、みやすのんき氏のマラソン本を入手してフォームを見直したところ、今までずーっと抱えていたアキレス腱の痛みがぴたりと止み、さらに何日か連続で走っても身体が痛まなくなってきた。
    走行スピードも少々向上し、それによって月間走行距離も伸びてきた。
    今までは月100キロちょっとくらいだったのが、ここ2ヶ月くらいは120キロ以上走ってる。

    10月に入ってから全然自転車に乗ってないし、外でランニングするわけでもない。
    ひたすら、ジムのトレッドミルで、走る走る。

    何が楽しいんだ。
    いくら走ってももうほとんど痩せないし(維持するだけで精一杯)、いくら走っても景色も変わらない。
    ほんと、行き場が無いんだな、自分(笑)
    まぁ、いろんなことリセットする場と時間が必要なんだ。多分。


    以上、特にネタもないのですが、生存確認まで。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    あまりに早すぎる、

    10月最後の週末は、こんな感じでした。
    今年、寒くなるの早いなー、秋なんてあっという間にすぎてしまいそうだなー、なんて予感は感じていた。



    にしても、だ。
    一週間後にこうなるなんて、全く想像できなかった。
    1611061242.jpg 
    まだ木々の紅葉も散る前に、一晩で膝丈までの降雪。
    ほんと、昨日の夜なんて全く雪なんて積もってなかったのに・・・さすが北海道、侮れん。
    慌てて除雪をして、FATを引っ張りだして冬支度。

    いやさすがに、このまま根雪にはならないだろうけどさ。
    それにしても、11月上旬にこれだけの積雪量って前代未聞。
    なんか、今年は色々大変だ。

    ほんと、大変なんです。
    ほんとに。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    無くしたモチベーション

    10月。
    全然自転車乗って無いんですよ。
    ランは10月最終週に入った段階ですでに100キロ超えてるのに、自転車はほんと、上旬に一度、小林峠に行ったくらい。
    1610025153.jpg
    この日、なぜか平和の滝はすごく混雑していた。

    あぁそういえば、小林峠の道路工事、進んでますね。
    一部、道路迂回させられました。

    ほんと、全然走ってない。
    いきなり寒くなったとか、まとまった時間とりづらいとか、そういう理由も無くは無い。でもちょっと違うんだよな。

    ここ数年、この時期は多かれ少なかれ、しんどいことが重なる時期となるのですが、今年は本当にしんどい。
    いつにも増して、いろんな角度から底なしの駄目出しを喰らい、なんか人生の袋小路ってこんな感じなのかと身に沁みた。
    あぁここにちいさな屋台を開いて、ここでこれから客足が遠のくまでおでん売って生きていくんだな・・・みたいなそこはかとない閉塞感。

    てっきり、自分の引いている屋台はまだまだ、どこにでもいけるんじゃないかみたいな根拠の無い思い込みがあったんだな。
    甘い甘い。

    まぁそんな感じなんです。
    ほんとはね、秋に向けて、こっそりと欲しいロードレーサーがあったんです。
    で、今乗っているCarlton-Rには泥除けつけて、通勤車両兼ツーリング系スポルティフとして第二の人生を送らせようなんてちょっと画策していたのです。
    やっぱりね、通勤車両としてロングテールはちょっと取り回しが重たいのですよ。
    そもそも通勤ではそんなに荷物持たないし。
    目立つし。
    会社帰りに寄り道しててもばれたりするし。

    でもね、なんかそんな妄想もすっかり萎縮。
    いいんだ、今のままで。
    そんな資格無いんだ。


    1610231305.jpg 
    休みの日は息子と出かけることが多かった。
    新千歳空港、ちょっとしたテーマパークというかショッピングモール状態になっていて、結構子供連れでも楽しめる。
    ここでひとしきり色々冷やかして、限られた小遣いで何を買うか吟味させ、あとで他の店でもっと欲しいものがあったのにー的な後悔経験を積むことができる、なかなか便利な施設だ。

    フードコートで供されるラーメンは、590円で素朴なしょうゆ味と塩味。
    他の味はなんとなく店の身の丈を越えてる匂いがするので近寄らない。

    JRで行って、JRで帰ってくる。
    1610024.jpg 
    一口だけ口に含み、ぼーっと車窓を眺めていたら、いつの間にか寝落ち。
    20分ほど車窓に寄りかかり、居眠り。
    電車内での飲酒、なんでこんなに気持ち良いんだろう。

    こんな休日おでかけから帰ってくると、もう夕方。
    北海道の秋、日の入りは早い。風も強い。
    時間も夕食まで2時間もない。となると、もうジムで筋トレ&ランニングしか選択肢ないんだよな。
    気がついたら、ふと走れる近場のルート、小林峠しか持ってないんだな。

    トレッドミルで9キロほど走って、ジムを出たらポツポツと雨が降ってきた。
    あぁ、無理して自転車走りに行かなくて良かったなと、自分をちょっと慰めて帰路に着く。


    しかし、こんな死に体のオッサンにも、仕事は降ってくる。
    それも、しゃれにならない感じで。

    なにさせたいの?ねぇ。

    やりますけどね。えぇ。

    意外と面白そうなんですよね、それ。



    そんなわけで、まぁ色々あるのですがぼちぼちやってます。
    あ、別に「一生北海道勤務決定」とかそういう話ではございませんのであしからず。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    からまわりな夏の雑記

    自転車方面で身体を痛めたかと思えば、そちらが復調してきたタイミングで今度はランニングのフォームをちょっと見直した途端にアキレス腱炎再発。
    仕事、つーかサラリーマン人生面でもいろいろ考えさせられることが重なり、あぁ何とかしなくちゃとあがけばあがくほど・・・

    なんか、今年は色々とアクションが裏目裏目に出ますな。
    まぁ、そういう時期もあるんだろう。

    そんな夏もそろそろ終わりですな。
    夜になると、窓から吹き込んでくる風がエアコンみたいな冷風になってきた。

    そんな夏を惜しむかのような、最近の振り返り。

    1608271339.jpg 
    中島公園のボートも、やっぱりひと夏に一度は乗りたいのだ。

    16081507.jpg 
    藻岩山山麓にある水道記念館の噴水にて。
    彼には、過ぎ去る夏への感傷も無ければ、着替え持って来てないという現実への憂いもない。

    いいのかそれで。
    まぁいいか。

    1608280127.jpg 

    1608281530.jpg 

    子は成長するなぁ。
    そりゃ成長と共にいろんな壁やトラブルにぶち当たるし、決して順風満帆な航海ではないんだけど、そこに大人みたいなめんどくさい疑問や、からまわりダーなんて悩みを持たないもんな、まだ。

    そういえばこの夏、息子と二人、自転車で出かけて3回くらい息子が自走不能に陥り、そのたびにこのロングテールで息子自転車を引っ張って帰ってきた。
    ロングテール、やっぱり便利。
    あぁでも欲を言えば、そうなった時に子を乗っけるための、簡易フットレストと手すり的なものが欲しい。

    そんなことがありながらも、めげずに親父と自転車で出かけようっていうんだから見上げたもんだ。

    1608281401.jpg 

    ISMサドルの話も後編書いてないな。
    シートポスト換えたりしていろいろポジションを試しながら、一応試走は重ねているのです。
    そんななかでだんだん勘所がわかってきたので、近いうちに続きを書きます。

    つーか、そろそろロング行きたい。ほんとに。
    今シーズンはほんと、やり残していることが多い。
    JR輪行旅もできてない。もしかしたらF20-RAのラストランになるかもしれない輪行旅を、今年はやりたかったんだ。


    ま、焦らず、虎視眈々と、ひとつずつ計画しよう。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    いささか燃え尽き症候群



    いろんな大波を越え、脱力気味の心を癒してくれるのが日曜午後のサイゼリヤなわけですが、なにか文句有りますか?

    いや、他に行くとこ無いわけじゃないんですよ。
    ゆで太郎とか。


    そんな話はともかく、だ。
    数年がかりの大きな仕事がいくつか終わって、いろいろと抱えてきたものを手放す準備に目処が立ち(あらかじめ書いておくが転勤とかそういう話ではない)、1年がかりで取り組んできたランも一応今回立てていた目標をぎりぎりクリアできた。
    そして仲間うちだけのほんの小さな集まりだけど、ほんと久しぶりに人前で楽器を演奏した。

    本当はなにも終わってない。
    次の仕事も始まっているし、ランは自分の中で継続的な営みになった。また次の目標は見えているのだ。
    でもなんか、ここんとこ燃え尽き気味。
    うーん。

    1606191243.jpg

    最近、カメラも全然手にしていない。
    フィルムカメラのOM-2も、デジカメのGRD3も。
    いつでもどこでも、お手軽にスマホカメラばかり。

    いろんな趣味を持って、うまくリソース配分してる人を見ると、本当にすごいなーって思う。
    無理だわ、自分。
    仕事があって、生活があって、趣味に自転車があって、そこにランが加わってきた。
    するとカメラを触る余裕が無くなってきた。


    人前でギター弾くことになって、結構練習した。
    これも昔取ったなんとかで、練習すればするほど「昔はできてたのに今となっては全然指が動かない」フレーズが少しずつ、この手に甦ってくる。
    どんなに頑張っても、はるか昔、かなり練習を重ねていた頃のようには演奏できないけど(いや当時だってそんなに上手かったわけではない)、あぁギターもいいなぁ、ちょっといいやつ欲しいなぁなんて思ったりもした。
    そして、本番に向かって試行錯誤しながら稽古を積んでいくのはプレッシャー(遊びなのに)感じるけど、これはこれでいいな、と。

    でも、本番。
    すごく楽しかったんだけど、同時になんで自分が弾かなくなったのか、改めて思い出すことになった。
    リハーサルでとても気楽に弾いてるうちはいいのだけど、本番になって気合が入り、演奏に熱が入れば入るほど、どんどん当の音楽そのものはこの手からこぼれていく。
    こちらのテンションが上がれば上がるほど、なんか違うものになっていく。

    演奏が終わり、ちょっとした興奮状態のなかで、あぁそうだ、これは自分のモノにはならないと気づいてしまって辞めたんだ、ってことを思い出した。そうだそうだ、こうやっていくつものからまわりの中で諦めていったんだ。
    どうしても、いいとこ見せたい自分と実力のギャップに、耐えられなかったんだな。
    ま、ええかっこしぃなのは今も昔も変わらないってこと。今は昔よりいろんなこと諦めまれるけどさ(笑)


    これだけいろんなことに取り組むとさ、自転車に全然乗れないんです。
    このまえ、約1ヶ月ぶりにCarlton-Rに乗ってみて、あぁなんでこいつをこれだけ放っておいたんだろう、やっぱりこれ、自転車が一番楽しいわってつくづく思った。

    やっぱり、色々と楽しいことや、やりがいのあることはたくさんあるのだけれど、一度立ち止まって息を整えてみよう。


    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。