softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ゆりや食堂へ

    グルメブログにするつもりはさらさら無いのですが、ついついその店構えに心奪われてしまったので。

    1611261114.jpg 
    珍しく、先日気になったお店に早速一人で赴いた。
    札幌医大近くの路地にひっそりと立つ、「ゆりや食堂」。

    完全に昭和な店内。
    そして昔風じゃなくて昔のラーメン。
    これ、昔、上砂川町のスキー場で食べた味だ。いやあれよりもう少しあっさりか。

    ラーメンは460円で、小チャーハン230円を加えておなかいっぱいな感じ。
    この量と味付けなら、なんとか両方食べられる。

    小サイズの御飯ものがバリエーション豊かで、カレーとかカツどんとか、目玉焼きのせたごはんとか。


    なんでも、終戦の翌年から営業しているらしい。
    そりゃ床にも段差できるし、テーブルも傾くわ。
    でも不思議と、居心地悪くない。当たり前っちゃあ当たり前なんだろうが、リアルレトロ感満載ながら清潔感もあるんだよな。

    めちゃくちゃ美味しい!って感じではないのだけど、多分また行く。
    雰囲気も味も、落ち着くので。

    1611262054.jpg

    それにしても本当にすごい店構えだ。
    この店のこと知らないと、なかなかこの引き戸を開けてみようなんて勇気は出ないよなぁ・・・

    そしてこの店の立地、地図を眺めてみると色々と妄想が広がるのです。



    ゆりや食堂が面している小路、よく見ると真っ直ぐ南一条通り、すなわち裏参道につながっている。
    もしかするとこのあたり、旧裏参道的な通りだったんだろうか。
    通りには豆腐屋さんなんかもあって、なんか旧街道的な雰囲気出てるんだよな・・・

    ごちそうさまでした。
    うんざりな休日出勤の合間の、暫しの癒しでした。

    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    一月早いFAT Life

    いやぁ、今年は寒い。
    東京も11月の積雪なんて大変だったろうけど、週末の札幌は雪こそちらつく程度で済んだものの、日中の最高気温がマイナス。
    いわゆる真冬日。
    世界が冷凍庫の中。


    とにかく寒くて、こんな気温だといつまた街がドカっと雪に覆われるか判らない。
    そんなわけで、路面が急に悪化しても良いように、今年は例年より早くFATバイクを稼動させ始めた。
    タイヤはまだスパイクにせず、ブロックタイヤで近所を散走。
    1611194006.jpg 
    最近すっかりデジカメを持ち歩かなくなってしまった。写真を撮るのはもっぱらスマホばかり。
    なんてテイタラク。
    おまけに、スマホ写真の標準的な縦横比てこういうサイズになっちゃって(変更はできるけど)、最初はすごく違和感ありまくりだったのがだんだん慣れてきちゃってるんだよな。そして慣れてくると、まぁこれはこれでこの比率じゃないと撮れない奥行きみたいなものもあるなーなんて思うこともある。

    でもやっぱり、なんか違う。
    違うけど、この手軽さに抗えないのがちょっと悔しい。
    また冬になったら、フィルムカメラを引っ張り出そう。

    IMG_20161119_1358.jpg 
    途中でついつい引き寄せられてしまった、ゆで太郎。
    しばらくこない間に、ちょい呑みセット500円なんてメニューが追加されている。

    ビールかハイボールか麦焼酎と、天ぷら二品と大根おろしで500円。

    ・・・なぜ、ホワーイ何故に?焼酎を置かないのだ。
    安物でいいから、なんならプラス100円とかでも良いから、焼酎置こうよ。
    そしたら、焼酎のそば湯割りを頂けるじゃないですか。
    そんでもって、〆にもりそば、良いじゃないですか。
    てんやにもない、吉野家にもない、ゆで太郎だからできる「ちょい呑み」ってさ、そういうことじゃないですか?
    奴等にはそば湯も、仕上げの蕎麦も無いんですよ。
    牛肉の煮汁でお酒は割れないでしょ?仕上げに天丼は無いでしょ?
    ねぇ。

    まぁ、そこまでやらないところが「ちょい呑み」なんだろうな、と大人の分別を取り戻して店を出た。
    それにしても、なんでこんなにゆで太郎を気に入っているのか、時々自分が分からなくなる(笑)

    1611191328.jpg 
    ふらふら走ってて、どうにも気になってしまった食堂。
    札幌医大の近くの路地にて、不思議な存在感を醸し出す「ゆりや食堂」。
    今度、行ってみよう。


    こんな感じで、晩秋、いや初冬の札幌を意外と自転車でふらふらしているのです。
    去年の冬もそれなりにFATは活躍してくれたのだけど、冬道しか乗らないとそれほど距離はいかないんです。
    で、やっぱり自転車って、それなりに距離走ってみないと馴染まないしポジションも出せないってことが今更ながら判ってきて、がっつり積雪する前に出来るだけこのFATに馴染んでおかないとなーなんて思うわけです。
    確かに、ある程度走ってみて、やっとこの自転車、ATB500の転がし方みたいなものがちょっと見えてきた。
    雪が積もる前に、もう少しこいつの特性をグリップしたいんだよな。
    それが出来れば、冬道の走り方も去年よりもっと愉しくなるんじゃないかと。


    そろそろ、根雪の頃ですかね。

    Category : ポタリング
    Tag : ATB500
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    遊び倒した週末

    比較的天気に恵まれながら、飲みすぎと睡眠不足で土曜午前中を完全に棒に振った週末。
    いや生きてると色々ありますね。いろいろ。

    とりあえず土曜昼から2号が外出の用事があったので、なんとか心身を取り戻して息子と豊平川へ。
    1605141536.jpg
    ただ単に「自転車乗ろう!」なんて言ってもモチベーション上がらないので、「リサイクルショップに付いてきて!そしたらミニカー1個(もしくは古本1冊)買ってあげる」という小賢しい買収策を活用。
    いざおでかけしてみれば、自転車に乗ること自体もまぁ楽しむんだが。

    この日は往復15キロくらい。
    風も穏やか、帰路の途中でおにぎりとから揚げ食べながらぼーっと川を見ていた。

    その後、遊具が設置されている川べり(往路で息子が発見し、彼は絶対に帰りはあそこで遊ぼうと心に決めていたらしい)で少し遊び、太い縄で張られた網みたいなのを使った遊具(よじ登って遊ぶやつ)に二人で身体を預け、しばらく夕方の空を見ていた。
    1605141610.jpg 
    いい天気だねぇ。
    そうだねぇ。


    そして日曜日。
    土曜日午前中の後ろめたさに帳尻を合わせるかのように、朝起きて小林峠へ。
    1605150836.jpg 

    随分風が強かったのでどうしようかちょっと迷ったけど、前日に家族会議で決まったとおり、藻南公園へ炊事遠足へ。
    我が家からは豊平川CRを南下して11キロくらい。
    息子にとっては往復20キロ越えは初挑戦。

    往路は本当に風が強くて参った。
    大人はまぁ何とかなるんだけど、息子は時々休みながらも頑張った。
    10キロちょっと道のりを、1時間以上かけて到着。
    いやいや、ほんとによく頑張った。

    1605151539.jpg 
    ロングテールにバーベキュー道具と食材etcを積み込んで、藻南公園へ到着。
    ちなみにコソさんから教えていただいた、豊平川沿いに藻南公園まで行くルートを使わせていただきました。
    ただ、階段を降りた先の遊歩道は、まだ雪捨て場から現状復帰されておらず通行止めだったので、階段を下りずにダートになっている道を通りました。
    1605151551.jpg 

    五輪橋を左岸へ渡り、コナミスポーツクラブと五輪橋病院の裏にある道。ここから伸びている、未舗装の遊歩道を真っ直ぐ行くとパークゴルフ場まで通じていて、さらに真っ直ぐ行くと藻南公園までいける。
    途中、かなり渓流の雰囲気を増した豊平川を望みながら走るこのルートはすごく癒される。
    ま、風は強かったけど。

    1605151406.jpg 

    そして、藻南公園で炊事遠足。
    親子3人で、自転車で来れたってのがなかなか感慨深い。

    そしてもうひとつ。
    ロングテールバイクの積載能力と走行能力には改めて感動。
    食材とかバーベキューコンロとか色々積み込むと、それなりの重量にも容積にもなる。そしてそれらの荷物をガツガツ積み込むと、当然ながら自転車もかなり重たくなる。自転車止めた状態ではちょっと取り回しに難儀するくらい。
    ところが、いざ走り始めてみると、それほど重さを感じない。

    いやロードレーサーと比べてどうよっていえば走りは重いんですよ絶対。
    でもロングホイールベースの恩恵なのか、とにかく直進安定性がよいので立ち漕ぎで勢いをつけてやると思いのほかスムーズに走る。
    まさに、持って重く、乗って軽い。そんな感じ。
    いや言い過ぎか。
    持って重く、乗るとそうでもない。
    そんなかんじ。

    帰りは強風がそのまま追い風になって、往路の3倍近くのスピードで猛ダッシュ。
    いやー速かった・・・

    そんなこんなで、日曜日は(1号は)50キロくらい走った。
    息子もあの強風の中20キロ以上走り、かなり自信に繋がっただろう。


    あと、自転車でバーベキューってやっぱりいいわ。
    肉体的には楽じゃないかもしれないけど、心は自動車運転で消耗するよりずっと穏やか。
    そしてなにより!たらふく喰らっても「あぁ太りそうだなぁ」という罪悪感と付き合う必要が無い!

    あぁ楽しかった。
    少しずつ、息子の航続距離が伸びてくれば、もっといろんなところに行けるかもな。

    でも、その頃には、親父と遊びに行ってはくれないかもな。
    まぁそうかもしれないけど、いやだからこそか、今を楽しむのだ。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    GWはゆっくりと過ぎていった

     一日だけなれど、ロングライドも行けた。
    実家に身内が集まって半日飲んだくれた。
    学生時代の仲間と集まって焼肉食べた。
    円山公園に花見にも行った。

    連続休暇取らなきゃできないことはどれひとつとして無いのだけど。

    まぁ仕方ない。
    夫婦揃って息子からうつされた(たぶん)風邪からの回復に、特に2号は時間がかかり、当日になってみないとその日どこまで動けそうか、判断できない状況だったのだから。
    なんか、どれもこれも、以前関東で暮らしていてGWに帰省していたころの行動パターンを彷彿としていて面白いな。
    あのころも、帰省するたびになぜか2号がぶっ倒れて、その日暮らしのように毎日の予定を立てていた気がする。

    そんなGW最終日。明日からしごとかーと悶々しながら色々家の用事を片付け(ほら、母の日ですから、いろいろと)、その献身ぶりを評価されて(笑うところだ)夕方にちょっと時間ができた。

    そういえば、円山公園でバーベキューやったの楽しかったなー。でもあそこ、火気使えるの今だけだしなー
    でもまたやりたいな・・・改めてそう考えると、ウチから一番近いのは藻南(もなみ)公園ってとこだ。
    自家用車を所有しない我が家、息子の移動力(自転車)を考えると、近さというのは重要。

    ところが、普通に考えると藻南公園は交通量の多い国道230号線を南下していかなくてはならない。
    でも地図的には豊平川沿いで、豊平川CRの先あたりにある。
    実は、豊平川CRを下っていけば藻南公園までいけるんじゃないか?と思い立ち、夕方に気分転換も兼ねてちょっと偵察してこよう、と。

    久しぶりの豊平川CR。
    1605081644.jpg 
    風は強いけど、まぁなんとか。
    なんか、こうやって普段着でのんびり走るのも久しぶりかもな。

    1605081643.jpg 

    昨シーズン後半からヒンジ部分のギシギシが再発して、そろそろ本格的に現役引退かなぁと半ば覚悟していたF20-RA。
    南風自転車の店長にアドバイスしてもらったようにヒンジ部分のグリスアップをちょっとやってみたら、ギシギシが沈静化。
    いやぁ快調快調。

    快走具合でいうとそりゃロードレーサーにはかなわないのだけど、これはこれで好いんです。
    あと、ここ数年ロードレーサーをメインに乗ってきて、やっと自転車のポジションとかペダリングのやり方が少しずつ判って来た(ような気がする)。その感覚をこっちの小径車にも当てはめてみると、やっぱり今までより走りやすくなる。
    なんつーか、やっぱり700Cのロードレーサーの方が「あるべきポジション」を見つけやすいのかもしれないなぁ、と思ったり。
    そして、それは小径車にもフィードバックできることも判って来た。

    回転数上げてもお尻が跳ねずにクルクルとペダルを回せること。
    そのためには前傾姿勢が結構大事で、前傾というか、身体を自転車の上で伏せる感じ。あくまで、感じ。
    で、なぜかこの「身体を伏せる」ことができるようになってくると、サドルの高さをあんまり上げなくても良くなってくる。
    どうしても小径車だと、サドルの高さをちょっといじるだけでサドルの前後位置もがっつり変わってしまったりするので、適切なポジションに行き着くまでの道のりがロードレーサーよりややこしいんじゃないかなぁ、と思う。
    まぁ個人差も有ると思いますが、私の感覚としてはなかなか小径ではたどり着けなかったポジションやペダリングの感触が、ロードの方が判りやすかったかなぁ、と。
    でもその一方で、最初からロードレーサーに乗ってたらこんなに自転車を楽しめたかなぁ・・・なんてことも思う。
    なので、どこからスタートするのが正解なのかは、結局よく判らない。

    そんなことを考えながら、サイクリングロードをひたすら南下してると、気がつくと走っているのは「豊平川沿い」じゃなくて「真駒内川沿い」。
    はて、どこで間違えたのか、そもそもそういうものなのか。
    よく判らないけど、とりあえずサイクリングロードを単に進んだだけでは藻南公園にはたどり着けそうにない。

    とりあえず、時間も限られている(本日は夕食作らねばならないのだ)し、急いで豊平川の方へ舵を切る。

    1605081714.jpg
    豊平川の上流って、そういえばあんまり来た事無かったな。
    なんか、風景がとても新鮮。
    こっちから見ると、藻岩~手稲方面の山々の奥行きがよーくわかる。
    中央区以北の札幌市に住んでいると、西側にそびえる山々は一枚岩のように見えるんですよ。でも実際には手前に小さな山があり、その奥にさらに高い山がそびえている、そういう立体感があるんだな。

    1605081724.jpg 

    なんか、普段馴染んでいる豊平川とまったく違う景色。

    そうなんだよな。
    距離走ったり、坂道に挑戦したりするだけが自転車の楽しみじゃなかったんだよな。
    はっとさせられるような景色や道のつながりなんかを発見したり、再発見したり。
    そういう楽しみをちょっと見失っていたかもしれない。
    連休の最終日に、そんなちいさな発見があってよかった。


    そして結局、藻南公園までの経路はよく判らずじまいだったのだけど。
    やっぱり230号線行くしかないのかな・・・


    Category : ポタリング
    Tag : F20-R
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    これがやりたかったんだ

    1-R1175396.jpg  

    ロングテールバイクに炊事荷物をどかどか積んで、野外でごはんを食べたいんです。
    幸い、うちから結構近い円山公園がこの季節限定で火気の使用を許可するので、早速行ってきました。
    ラジオでは爺さんが「なんで桜の下でジンギスカンやるのかね。私は理解できないよ」なんて言っていたが、そんなこと知るか。
    ウチは花見に行ったつもりは無い。近くに火を使える場所があったから行ったんだ。桜もあったけど。

    自転車での炊事遠足は一昨年に一度やって、去年は車を借りてキャンプ。
    行きたい気持ちは高まれど、ブランクが空いちゃうとなかなか腰も重くなってしまう。
    でも、今年はやるんだ!そのためにはハードル下げて頻度を上げるんだ!という方針で、今回はせっかく近場で火気が期間限定ながら使えるというので、ロングテールバイクに荷物一式積んでのバーベキュー習熟訓練のつもりで行ってきました。
    一昨年と違って、今年は息子も自転車移動だし。片道20キロ近くある十五島公園とかまでいきなり走らせるのもちょっと心配なので。

    1-R1175410.jpg  

    えぇ、桜も咲いてました。
    人手もかなり多く、トイレは長蛇の列だし公園一帯がジンギスカンの煙で霞んで見えるし、まぁ風情は無いですよ。
    でもまぁ公園自体がかなり広いので、桜の見える場所!とかにこだわらなければ場所はなんとか確保できるんではないかと。

    そう、風情は無い。
    でもいいじゃん。
    長い冬が終わって、外で活動できる季節がやっと訪れたんだよ。最高気温11度くらいだしじっとしてるとダウンが欲しいくらいの寒風だけど。
    最近でこそなんか世知辛くなって、気楽に野外でジンギスカン、あ、そうだ、北海道で「ジンギスカン」という言葉にはふたつの意味があって、ひとつは「特製タレに漬け込んだ、もしくは焼いた後に特製タレ(ベル社かソラチ社)をつけて食する羊の肉」という意味。もうひとつはいわゆる「バーベキューもしくは焼肉」という行為そのもの。でも最近なかなか火気をおおっぴらに使っていい場所ってなくなってきましたね。

    とにかくだ。
    もともと道民は野外でラムやマトンなどを焼いてむしゃむしゃ喰らうという行為を、比較的気軽にあちこちでやってきたのだ。
    でもさすがに冬は無理じゃないですか。だからこそ、外でジンギスカンができる!ってのは、他の土地の人々とはちょっと違う感慨があるんじゃないかなぁって思う。
    まぁそんな風に感じるくらいにはごった返してました。

    1-R1175398.jpg 

    といいながら、我が家が持参したのは豚バラ肉、せせり(鶏)、サガリ(本州ではハラミと呼ぶ部位、横隔膜)、牛カルビ(頂き物のカタログギフトから選んだ米沢牛!感謝感謝)。
    すみません(笑)
    あと惣菜のザンギを網で炙ってみたら、これがまた美味かった。

    今回、地味にコンロもかさばらないタイプを新調し、食後のコーヒーが飲みたい一心で軽量ケトルも購入。
    概ねうまくいってよかった。
    あ、でも、うちわを持っていくの忘れた・・・

    1-R1175411.jpg 
    大方の荷物はロングテールの方に問題なく積み込めたんですが、2号のPisaSportにつけた籐(風)カゴもなかなかの積載能力。
    でももう少し遠出するなら、ロングテールに全部積んだほうがいいな。PisaSportに荷物がっつり積んで遠出はちょっと厳しそう。

    で、今回ロングテールにそこそこがっつり荷物を積んでみたんですが、いやぁほとんど問題ない。
    荷物が落ちないようにとサイドローダーバッグの縦バックルを締め付けすぎるとバッグ自体が後輪の方に近づきすぎてしまい、下手したらスポークと干渉してしまうのでそこだけが注意点。
    走行感は快適そのもの。サイクルトレーラーとも全然違う(当たり前だけど)し、走ってみると重さをあんまり感じさせない。これが結構不思議。


    とまぁそんな感じで、久しぶりの炊事遠足でした。
     

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 3 comments  0 trackback

    アスファルトが戻ってきつつある

    1603121436.jpg

    札幌はまだ寒いけど、幹線道路の雪は随分と無くなってきた。

    休日、午後からの半日に自転車で出発。
    まず職場に行って1時間くらい仕事、そしてジムへ。

    札幌の街中はほんとに雪が少なく、久しぶりのアスファルト路面は本当に気持ちが良い。
    でもちょっと道を逸れると凍結路面も圧雪路面も、水溜りもザクザク雪もあちこちにあるので、こういう季節は泥除けつけたスパイクLTBがいい。
    いやスパイクFATでも全然走れるのだけど、FATのスパイクタイヤ(デリンジャー4)でアスファルト路面走ると、あーこれ絶対タイヤにストレスかけてるなーってのがすごく伝わってくる。
    デリンジャーがかなりしなやかなタイヤなので、スパイクピンをアスファルトにこすり付けるのは極力避けたい感じ。おまけにデリンジャーはLTBにつけてるマラソンウィンターなんかに比べると高価なので、貧乏性を身上とする1号は余計に気を使う。

    その後、久しぶりに温泉(というかスーパー銭湯的なとこ)へ。
    ジムからの道のり、またもや街中を抜けていくんですが、石狩街道やJRタワー周辺、ヨドバシカメラの周りとか、まー車道の酷い混雑。
    全然進まない車の脇をすり抜け、それでもどうにもならないくらいのところは道を変えたりしながら、あーやっぱり自分は自動車生活に戻るの厳しそうだなぁなんて思った。あの渋滞のなかでそれなりに神経すり減らしながらラジオ聴いてる時間が、自分にはすごく苦痛でもったいない時間に思えるんだよな。
    まぁ多分渋滞した車の中の人には、「こんなに寒いのに自転車かー、よくやるなー」的に見られているんだろう。
    きっとどこまで行っても、気持ちは交わらないよね。

    いや帰りに荷物運ばなくちゃとか家族乗せなきゃとか、色々事情もあるので、何を選ぶかは人それぞれだし自分だってそういう生活を送る時期も来るかもしれない。でも、今の自分は公共交通機関と自転車生活、必要なときはレンタカーってのが身の丈にあってるかな、と。


    そんなこと考えながら、風呂で汗を流し、あったまってから食堂で一休み。
    ふと、このまえ読み返した「大東京ぐるぐる自転車」の一節に出てきた、聖蹟桜ヶ丘の蕎麦屋のかけそばが美味しかったのにその後行く度についつい天ぷらそばを注文してしまうという話を思い出し、かけそばを注文。

    すると、「温かいのと冷たいの、どちらにしますか?」と。え?冷たい掛けそばってあるのかーと自分の不勉強を恥じながら「冷たいので」と言ったら、店員もえっとびっくりしたような顔。 いや、聞いてきたのあんたでしょうが・・・

    そんなわけでいただいたかけそばがどんな味だったかというと、案外だった。
    そんなに美味い話はないわな。

    1603121832.jpg 
    日も暮れる頃、帰路へ。
    来週以降は忙しい週末が続くので、リフレッシュの前借りみたいな「おひとりさま日和」でした。


    日中の日差しは確実に暖かくなって来てはいるものの、春はもう少し先、ですかね。


    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    アスファルトシーズンの終わり




    なんとなく、今シーズンはもうロードバイクに乗らずに終わるような気がする。
    先週はおたふくかぜにかかった3号対応でそれどころじゃなかったし、今週末は雪の予報だ。

    そんなシーズンの終わりを惜しむかのように、仕事帰りや仕事の合間にふらふらと。
    この景色も、雪が降り始めたらしばらく輪上から見ることはなくなるだろう。

    それにしても、10年選手のCrossRider、なんか最近挙動がダルくなってきた気がする。
    フレームにクラックとか発生しているわけでもなく、見た目は特に問題なさそうなんだけど・・・
    特にタイヤを32Cから28Cに変えたとたん、道路のでこぼこからの突き上げが急に激しく感じられるようになった。タイヤの空気圧だってそんなには上げていないのに。
    下手したら、23Cのロードバイク、Carlton-Rの方が突き上げはやさしいくらいかもしれない。

    そんなに硬さが気になるのに、これがきびきびと走るわけでもないんだよな。
    なんなんだろう、これ。
    やっぱり寄る年波(1号の肉体年齢の方じゃなくて!)には勝てないのかもしれないな・・・

    1511013.jpg 
    そうだ。
    去年もそうだった。
    そろそろ秋も終わりかなーって枯葉を眺めていた翌週には一面銀世界になってたりするので、まったくもって北国は油断ならない。

    そして、アスファルトシーズンが終わるとFATバイクのシーズンだ。
    ぼちぼち、整備を始めなくては。


    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    リハビライド

    調子に乗ってジムでのランニングをガシガシやってたら、左のアキレス腱を痛めてしまいました。


    診断名はアキレス腱付着部症。
    別にアキレス腱切れたりする怪我じゃないから、大したこと無いですよ。
    痛みが出ない程度に走ってくださいね。
    で、痛かったらそれ以上やらないで消炎鎮痛薬を塗る。
    あと、しばらくは痛みの出ない、バイクやスイムに切り替えるとか。
    へー、初めて行った整形外科だったけど、この先生トライアスロンでもやるのか?

    ということで、ほぼ一ヶ月ぶりのロードバイク。
    この日、結構きつい二日酔いだったんだけど、たまには自転車のことブログに書かないとなーなんて思いながら、3時間ほど時間があいたので、いつもの小林峠ルートへ。

    南区側から上り、やっぱりこっちからの坂はフロントアウターじゃ無理だなぁとあっさりインナーに落としつつもそれなりに順調に上り(個人の感想です)、西区側に下ってから平和の滝へ。



    やっぱりここにたどり着く最後の坂はきついんだよなー。

    さて、なんとなく走り足りない。
    何せ、久しぶりに乗ったCRR、やっぱり気持ちいいんですよ。
    ロードバイクに乗った時の前傾姿勢って、なんか自分の身体が自転車の一部になったような一体感と高揚感があるんだよな。
    まぁ坂道はしんどいし、100キロも走ればだんだんあちこち痛くもなってくるので決して「ラク」ではないんだけど。

    とはいえ、二日酔いの身体に残された体力はそれほど多くない。
    陽も少し傾いてきた。


    そんなわけで、遠くには行けない代わりにもうひとつ手軽な坂を走ってやろう、と。

    円山公園の裏側、藻岩山麓通を通って、旭山公園へ。
    150710173925.jpg 

    いやぁ最後の坂はきつかった。
    この日、なんだかんだ言って斜度のきつい坂ばかり走っていたからなんですかね、40キロくらいしか走ってないのにもう足が売り切れ状態。
    こんなんで、手稲山なんて走れるのか?

    あぁ、でも短い時間で結構自転車を堪能できた。
    満足、満足。

    一応走行ルートを貼っておきますか。
    こんな感じです。



    なんか短時間で満足を得ようとすると、トレーニングっぽくなっちゃうんだよな。
    おまけにこんな感じの「短時間、短距離、坂ばかり」の走り方だと、筋肉ばっかりついてしまい、体重が減らない・・・

    まぁ体重はおいといても、もう少し趣味的な自転車の楽しみ方も味わいたいのだ。
    今はそれも過ぎたる願いなのかもしれないけれど。


    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。