softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ゴールデンウィーク、やりきった・・・その2 ポタ日和、公園日和

    1805053840.jpg 
    砧にある東映スタジオの壁面に描かれたゴジラ。
    ほんとに、見事。

    ゴールデンウィーク、残りの日も色々おでかけしておりました。
    冬場の北海道で4ヶ月以上自転車に乗っていない息子のリハビリを兼ね、大体片道5キロくらいの公園やらランドマークを目指すのです。
    ご褒美は、そこに行くために本来必要だった電車賃、バス代など。
    自転車で行ければ、現地でアイスが食べられる。ジュースが飲める。
    そして、現地の屋台で売られているフードメニューは親父にねだる。



    18051554.jpg 
    ゴジラ観た帰り。
    砧公園でバーベキューできるわけでもないのに、ロングテールで行く必要は全然ないのです。
    でもなんか、子連れで走るときは気分的に大きい車両に乗ってしまう。
    別に、何かあっても子の自転車を積んで帰れるとか、とんでもない掘り出し物がフリマで見つかっても諦めずに購入できるとか、そういうシチュエーションはまずもって、無い。あ、自転車搬送は一回やった(笑)

    でもなんか、息子にはそういう余裕を見せたいんだろうか。
    スーパー寄っても駐輪に一苦労するような車両なのに。



     1-R1176839-001.jpg
    まぁ荷物はつめる。
    息子のリュック、自分のバッグ、途中で買ったマクドナルド、飲み物、全然余裕。
    気分はステーションワゴンにバーベキューセットとか積み込んで悠々と川べりに乗り付ける、そういう感じ。
    周りからは全然そう見えないところもまたよし。



    1-R1176823.jpg 
    世田谷公園、夏が始まっているわ。
    このまえ買った激安のポップアップテント、持ってくればよかった。

    この日はフリーマーケットもやっていて、息子のいくばくかの小遣いに加え「ここまで自転車で来たが故の電車賃ボーナス」を与え、計画的勝つ妥当で実り多い経済活動を送ることができるかどうかの訓練。

    ・・・もうさ、最初の店で軍資金の半分使いきりやがるの、やめようよ(笑)あと今月何日残ってるんだよ。

    ただ、手持ちの資金が少なくなっても、店の人にぐいぐいと「これはなんですか?」なんて話しかけて、商品を介したコミュニケーションをしっかりやるようになってきた。
    まったく、引っ込み思案で口下手の夫婦からどうしてこういうコミュ力持った子が生まれるのだろう。
    決して言葉選びは上手ではないし、流暢にしゃべれるわけではないのだけど。

     1-R1176842.jpg 
    「すみませーん、このブリキのおもちゃ、いくらですか?」
    「うーん、これ、日本製なんだよね・・・元値は、3000円弱。それを・・・うーん・・・
    500円!」

    「さてさて、どうする?」
    「いくらなら帰そうかな?」

    (息子)「うーん、、、15円!」
    (その場全員)(ズコッ)「それは強引過ぎるだろ!」

    (店員さん)「うーん、せめて、400円でどう?」
    (私、1号)「買った!」
    (店員さん)「えっ?」
    (息子)  「えっ?」




    ありがとう、息子。
    素敵な戦利品が入手できました。


    息子の自転車ライディングも、だんだん安定してきた。
    これなら片道10キロ以上の道のりも、ペースさえコントロールすればいけそうだ。






    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    深大寺は蕎麦祭りで大いに賑わっていた

    1711263402.jpg

    11月の月末、札幌はそこそこ冬景色なれど東京はまだ晩秋。
    東京での色々な用事を済ませ、気分転換にBD-1を走らせた先は結局深大寺でした。

    深大寺、なんか新そばの季節だからなのか、蕎麦祭りみたいなのが催されていて、かなりの混雑。
    お昼の時間を少し外していたのだけど、行ってみようと思った店は待ち時間30分以上・・・というか、いつも深大寺で行列作っている湧水とかなら判るんですけど、ふつーの店(に行こうと思ってたんです)までそんな感じだったので、ちょっと落ち着かないなぁ、と。

    そして、植物園のある上のほうに歩いていってみると、いつも行っている松葉茶屋も随分な混み様。
    あれ、となりの玉乃屋はそうでもない。

    1711265727.jpg 
    松葉茶屋はいつも行っているので、今日は玉乃屋へ。

    1711264438.jpg  

    天麩羅は松葉茶屋の方が好み。
    でも、蕎麦は美味しいなぁ。喉に気持ちのよい麺のコシ。
    なんで、みんなこの店に並ばないんだろう。

    1711264027.jpg 

    穏やかな、おひとりさまの午後。
    なんかね、昔、随分と自転車で走った野川。
    あの頃は二人で走ってたけど、おんなじみち、おんなじ景色を今は一人。


    いや仕方ないんですけどね。いま単身赴任中なんで。
    えぇ。










    Category : ポタリング
    Tag : BD-1
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    こんな楽しみ方から始まったんだ

    1709031615 (2) 
    相変わらず、行ったり来たりな生活。
    まぁ、やってみればできるもんだ。一回だけ、東京に帰る飛行機に乗る2時間前に隣国がミサイル撃った時はちょっとどきどきしたけど。

    とはいえ毎週帰っているわけでもないので、東京で一人の週末を過ごす時間も増えた。
    時間はあるんだけど、まぁ慣れない一人暮らしなもんでなかなか要領を得ず、なんか目的を明確に持たないと時間は過ぎていく。
    スーパーですげー安いワイン買って帰宅後に封を開けたらこの値段でなんでコルク栓なんだ!って慌ててスーパーに栓抜き買いに行ったものの1,000円くらいするのな、スーパーだと。
    400円で買った安物ワイン飲むのに1,000円のオープナー買うか?って今度は少し離れた100円ショップに行くわけですよ。日も落ちてくる。あぁおなか減った・・・

    そんなことしてると、なんかどんどん時間は過ぎていく。
    それじゃいかんと思い立ち、週末は昔よく蕎麦食べに行った深大寺まで行ってきました。

    1709091402.jpg 

    あぁ懐かしい野川。
    昔よく野川沿いを走って深大寺に行ったり、野川公園や多摩霊園まで行ったり、多摩湖の方まで足を伸ばしたり、そんな感じでよく利用していた。
    そこから10年近く経ち、なぜかBD-1で走ってる。
    なんとも、感慨深い。

    1709090356.jpg 

    深大寺到着。
    当時、フランス人サビンヌさんの焼くクレープがあったのだけど、店にはもうサビンヌさんの名前はなし。
    まぁそりゃそうか。もう随分経つもんな、あれから。

    1709094052.jpg 




    当時からほとんどこの店でしか食べてなかった、松葉茶屋。
    やっぱりここ、美味しいと思うんだよな。
    蕎麦もつゆもきりっとしていて、天ぷらも美味しい。

    でも、この日は朝食もろくに取らずやってきたので、この上品な天ざるではちょっと足りない。
    うーんどうしようかなぁとあたりをうろうろしながら、いやせっかくだからもう一軒行ってみよう、もりそばなら食べ切れるだろうと他の店を物色し、特にアテもあるわけではないので目に付いたとある一軒へ。

    つゆも、蕎麦の味も量も、店によって結構違うんだなぁ。
    勉強になった。
    腹、苦しい。

    そんなわけで、帰りは少し遠回りしようと多摩川へ。
    1709091227.jpg 

    こちらで入手したBD-1、一言で言うと「バランスが良い」。

    この車両は古いモデルなので今の車両の方が色々性能は上がっているのかもしれないけど、ハンドリングは小径車っぽいクイックさが無く、太目のタイヤは多少の砂利道とかでもあんまり気にせず走れる。ワイドレシオの8速変速はまぁ必要十分で、時速30キロで巡航!とか考えなければ全然問題ないしそもそもこの車両にはメーターなどつけるつもりも無い・・・と思ったけど、累計走行距離は記録しておきたいんだよな。パーツの交換時期とかメンテナンスの目安になるので。
    今度帰省したときに、自転車パーツ箱の中から見繕って持ってこよう。

    で、細かい話だけどホイールがクイックリリースになってたり、ブレーキ系は普通のVブレーキなのでいざというときのトラブル対応もやりやすい。まぁサスペンション周りでなにか起こったらどうにもならないけど、折り畳んでもそれなりに小さくなるので最悪タクシーのトランクに積んで帰って来てもいい。当然輪行でもよい。

    いいじゃないか。
    今となっては飛びぬけた特徴もないけど、よくできてる。

    1709091200.jpg 

    のんびりと多摩川CRを走って、帰宅。
    あぁこんな散走、昔は2号と楽しんでたんだよな。
    それが時が経ち、色々と環境も変わり、今は一人で走っている(単身赴任なんだから当然だが)。

    思えば自転車を始めたのも2号に引っ張られて始めたんだった。
    それが色々巡り巡って、いまこの道を一人で走っていると、なんというか人生って色々な局面があるなぁ、と。

    さていま、なんかスタートラインに戻ってきたっぽい。
    5年後、どこで走っているんだろうか。





    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ん?ブログの更新頻度が高い?
    ひょっとして暇なんじゃないかって?

    いやぁ忙しい忙しい。
    ご飯作ったり掃除洗濯、ジョギングしたり札幌いったり来たり、あぁ忙しいったらありゃしない。

    それはともかく。



    いまいち東京の湿度と自分の置かれている境遇に順応出来てないせいか、体調がいまひとつで自転車にはあまり乗れてないんですが、それでも近所を散歩がてらポタリングして気分転換を図ってます。



    以前東京に引っ越してきた頃、良く日曜の夕方にふらふらと自転車で20キロくらい、時間にして1~2時間ちょっとのポタリングをしてたっけなー。

    新しい家族が増えて中々時間を作りづらかったこともあって、運動不足の解消と気分転換を兼ねて近所を色々と走りまわっていたんだった。

    そうやって、なんとなく自分の住んでる町の姿を自分の中に取り込んでいった。

    あれからずいぶん経ち、だんだんと自転車趣味が散歩から更なるスポーツ志向に移り変わっていったんだけど、またここに来て自転車での散走が楽しくなってきた。そんな頃にまたこの土地に戻って来たというのも、なんか不思議な巡り合わせ。

    なんか、いろんな意味で「帰ってきた」感覚。
    そうなんだよ、もう10年も前の話になってしまうけど、趣味とダイエットと高血圧の治療を兼ねて自転車に乗り始めた頃。
    自転車で週に何度か散策するだけで、自分がすんでいる土地が自分の肌に馴染み、新しい発見なんかもあり、少しずつ走行距離が増えていった。
    そしてそれに引きずられるように、心も体も少しずつリセットされていった(要するに、痩せた)。


    以前大好きだった豪徳寺のテイクアウトの焼鳥屋さん。
    メニューから一番お気に入りだったモツ串が無くなっていた。

    そんな諸行無常も感じながら、そして自分もこれからどーなるのかなーなんてこともこの歳になってさえ少し気になりながらも、でもまぁこんな感じで行った先々、置かれた状況で、どうにかしていくんだろうなっていう微かな自負もあるんです。

    だって、いろんな事あったけど、自転車という愉しみはずっと捨てないでこれたからさ。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    いまさらBD-ONEderful

    東京で手に入れたBD-1。
    現状の生活状況が安定していないこともあり、がっつりロングライドとかは行けてないですけど、ぼちぼち乗ってます。

    1708061936.jpg 
    譲っていただいたBD-1。
    サドルはセラサンマルコに、そしてサスペンションのスプリングもハードに換装されている。
    ペダルは三ヶ島のEZYプロムナードに交換されていて、EZY版のMM-cube(ビンディングペダル)もおまけにつけてくれた。
    乗り換えた車両がブロンプトンなので、まぁビンディングは使わないよな。

    しかしだ。
    MM-cube、これは本当にありがたい。
    ロードでずっと使っていて、でももう製造中止になっててこれが駄目になったらどうしようかって思ってたんだけど、これでしばらくはこのまま行ける。
    三ヶ島のペダル、メンテしてれば10年とか普通に使えるので、もうこれが最後のビンディングになるかもな。
    ペダルよりクリートの方が先にへたりそうだけど・・・
    いや、しかしありがたい。
    感謝。

    1708054450.jpg 

    リアキャリア、かなりしっかりした造りで実用性はかなり高そうなんだが、ちょっと好みと合わないのでどうしようかなぁと思っていたんだけど、ニトリで別の用途で買ったバスケットがなんか不思議とマッチしてしまったので、これはこれでいいかと。

    BD-1、やっぱりよくできてます。
    小径っぽいふらつきは全然なくて、乗った感じはクロスバイクっぽい。
    この感じ、超主観だけど、あれだ、タルタルーガのご先祖様みたいな印象。
    ひょっとすると、両方の車両に関わっているパシフィック社の味なのかもしれないけど・・・

    折り畳み機構も、まードイツ人の好きそうな「合理的なら多少めんどくさくても良い」感(笑)。
    比べちゃいけないのだけど、ブロンプトンはやっぱりすごいね。
    ちょっと脇道に逸れますが、最近のブロンプトンって地味にブレーキがすごく良くないですか?
    BD-1譲ってくれた方が買ったブロンプトンにちょっと乗らせていただいたのだけど、あれはいいブレーキだ。

    話を戻して、でもこの走行性能と折り畳み性能とデザインを20世紀中に両立させていたんだから、BD-1もすごいなぁと思う。

    1708054917.jpg 

    ま、ロードみたいに長距離走ったり峠行ったりはしないだろうけど、生活の相棒として楽しく付き合っていけそうです。


    それにしても、東京って暑い。
    3年離れていた間に自分も暑さに弱くなっているのかもしれないけどさ、週末に30キロくらい走っただけでちょっと熱中症の前触れみたいな感じになってあーやばいやばいってなったくらい。

    1708062228.jpg 
    新丸子、竹沢の豚バラ串。
    札幌に転勤する前、散歩がてらよく買いに行った。
    相変わらずの大ぶり肉。懐かしく、美味しかった。

    なんかここ数年、自分の自転車趣味はどんどんスポーツ志向になっていって、だんだんお散歩・散策的な楽しみが無くなっていった。
    それはそれで良かったんだけどさ。今、東京に帰ってきて、また自転車との距離感がちょっと変わってきた。
    今、生活状況的にそうそうがっつり自転車には乗れないという状況もあったり、その一方でスポーツ的な部分は結構ランの方で満たされていたりするので、そんなこんなのおかげで自転車の見え方がちょっと変わってきたのかもしれない。

    そんなに遠くに行かなくても、楽しいんだよな。

    ロードでロングライドも行きたいけどな。
    BD-1でもKHSでも好いから輪行旅も行きたいけどな。
    まぁ、今の状況で今楽しめることを、楽しむんだ。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ゆりや食堂へ

    グルメブログにするつもりはさらさら無いのですが、ついついその店構えに心奪われてしまったので。

    1611261114.jpg 
    珍しく、先日気になったお店に早速一人で赴いた。
    札幌医大近くの路地にひっそりと立つ、「ゆりや食堂」。

    完全に昭和な店内。
    そして昔風じゃなくて昔のラーメン。
    これ、昔、上砂川町のスキー場で食べた味だ。いやあれよりもう少しあっさりか。

    ラーメンは460円で、小チャーハン230円を加えておなかいっぱいな感じ。
    この量と味付けなら、なんとか両方食べられる。

    小サイズの御飯ものがバリエーション豊かで、カレーとかカツどんとか、目玉焼きのせたごはんとか。


    なんでも、終戦の翌年から営業しているらしい。
    そりゃ床にも段差できるし、テーブルも傾くわ。
    でも不思議と、居心地悪くない。当たり前っちゃあ当たり前なんだろうが、リアルレトロ感満載ながら清潔感もあるんだよな。

    めちゃくちゃ美味しい!って感じではないのだけど、多分また行く。
    雰囲気も味も、落ち着くので。

    1611262054.jpg

    それにしても本当にすごい店構えだ。
    この店のこと知らないと、なかなかこの引き戸を開けてみようなんて勇気は出ないよなぁ・・・

    そしてこの店の立地、地図を眺めてみると色々と妄想が広がるのです。



    ゆりや食堂が面している小路、よく見ると真っ直ぐ南一条通り、すなわち裏参道につながっている。
    もしかするとこのあたり、旧裏参道的な通りだったんだろうか。
    通りには豆腐屋さんなんかもあって、なんか旧街道的な雰囲気出てるんだよな・・・

    ごちそうさまでした。
    うんざりな休日出勤の合間の、暫しの癒しでした。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    一月早いFAT Life

    いやぁ、今年は寒い。
    東京も11月の積雪なんて大変だったろうけど、週末の札幌は雪こそちらつく程度で済んだものの、日中の最高気温がマイナス。
    いわゆる真冬日。
    世界が冷凍庫の中。


    とにかく寒くて、こんな気温だといつまた街がドカっと雪に覆われるか判らない。
    そんなわけで、路面が急に悪化しても良いように、今年は例年より早くFATバイクを稼動させ始めた。
    タイヤはまだスパイクにせず、ブロックタイヤで近所を散走。
    1611194006.jpg 
    最近すっかりデジカメを持ち歩かなくなってしまった。写真を撮るのはもっぱらスマホばかり。
    なんてテイタラク。
    おまけに、スマホ写真の標準的な縦横比てこういうサイズになっちゃって(変更はできるけど)、最初はすごく違和感ありまくりだったのがだんだん慣れてきちゃってるんだよな。そして慣れてくると、まぁこれはこれでこの比率じゃないと撮れない奥行きみたいなものもあるなーなんて思うこともある。

    でもやっぱり、なんか違う。
    違うけど、この手軽さに抗えないのがちょっと悔しい。
    また冬になったら、フィルムカメラを引っ張り出そう。

    IMG_20161119_1358.jpg 
    途中でついつい引き寄せられてしまった、ゆで太郎。
    しばらくこない間に、ちょい呑みセット500円なんてメニューが追加されている。

    ビールかハイボールか麦焼酎と、天ぷら二品と大根おろしで500円。

    ・・・なぜ、ホワーイ何故に?焼酎を置かないのだ。
    安物でいいから、なんならプラス100円とかでも良いから、焼酎置こうよ。
    そしたら、焼酎のそば湯割りを頂けるじゃないですか。
    そんでもって、〆にもりそば、良いじゃないですか。
    てんやにもない、吉野家にもない、ゆで太郎だからできる「ちょい呑み」ってさ、そういうことじゃないですか?
    奴等にはそば湯も、仕上げの蕎麦も無いんですよ。
    牛肉の煮汁でお酒は割れないでしょ?仕上げに天丼は無いでしょ?
    ねぇ。

    まぁ、そこまでやらないところが「ちょい呑み」なんだろうな、と大人の分別を取り戻して店を出た。
    それにしても、なんでこんなにゆで太郎を気に入っているのか、時々自分が分からなくなる(笑)

    1611191328.jpg 
    ふらふら走ってて、どうにも気になってしまった食堂。
    札幌医大の近くの路地にて、不思議な存在感を醸し出す「ゆりや食堂」。
    今度、行ってみよう。


    こんな感じで、晩秋、いや初冬の札幌を意外と自転車でふらふらしているのです。
    去年の冬もそれなりにFATは活躍してくれたのだけど、冬道しか乗らないとそれほど距離はいかないんです。
    で、やっぱり自転車って、それなりに距離走ってみないと馴染まないしポジションも出せないってことが今更ながら判ってきて、がっつり積雪する前に出来るだけこのFATに馴染んでおかないとなーなんて思うわけです。
    確かに、ある程度走ってみて、やっとこの自転車、ATB500の転がし方みたいなものがちょっと見えてきた。
    雪が積もる前に、もう少しこいつの特性をグリップしたいんだよな。
    それが出来れば、冬道の走り方も去年よりもっと愉しくなるんじゃないかと。


    そろそろ、根雪の頃ですかね。

    Category : ポタリング
    Tag : ATB500
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    遊び倒した週末

    比較的天気に恵まれながら、飲みすぎと睡眠不足で土曜午前中を完全に棒に振った週末。
    いや生きてると色々ありますね。いろいろ。

    とりあえず土曜昼から2号が外出の用事があったので、なんとか心身を取り戻して息子と豊平川へ。
    1605141536.jpg
    ただ単に「自転車乗ろう!」なんて言ってもモチベーション上がらないので、「リサイクルショップに付いてきて!そしたらミニカー1個(もしくは古本1冊)買ってあげる」という小賢しい買収策を活用。
    いざおでかけしてみれば、自転車に乗ること自体もまぁ楽しむんだが。

    この日は往復15キロくらい。
    風も穏やか、帰路の途中でおにぎりとから揚げ食べながらぼーっと川を見ていた。

    その後、遊具が設置されている川べり(往路で息子が発見し、彼は絶対に帰りはあそこで遊ぼうと心に決めていたらしい)で少し遊び、太い縄で張られた網みたいなのを使った遊具(よじ登って遊ぶやつ)に二人で身体を預け、しばらく夕方の空を見ていた。
    1605141610.jpg 
    いい天気だねぇ。
    そうだねぇ。


    そして日曜日。
    土曜日午前中の後ろめたさに帳尻を合わせるかのように、朝起きて小林峠へ。
    1605150836.jpg 

    随分風が強かったのでどうしようかちょっと迷ったけど、前日に家族会議で決まったとおり、藻南公園へ炊事遠足へ。
    我が家からは豊平川CRを南下して11キロくらい。
    息子にとっては往復20キロ越えは初挑戦。

    往路は本当に風が強くて参った。
    大人はまぁ何とかなるんだけど、息子は時々休みながらも頑張った。
    10キロちょっと道のりを、1時間以上かけて到着。
    いやいや、ほんとによく頑張った。

    1605151539.jpg 
    ロングテールにバーベキュー道具と食材etcを積み込んで、藻南公園へ到着。
    ちなみにコソさんから教えていただいた、豊平川沿いに藻南公園まで行くルートを使わせていただきました。
    ただ、階段を降りた先の遊歩道は、まだ雪捨て場から現状復帰されておらず通行止めだったので、階段を下りずにダートになっている道を通りました。
    1605151551.jpg 

    五輪橋を左岸へ渡り、コナミスポーツクラブと五輪橋病院の裏にある道。ここから伸びている、未舗装の遊歩道を真っ直ぐ行くとパークゴルフ場まで通じていて、さらに真っ直ぐ行くと藻南公園までいける。
    途中、かなり渓流の雰囲気を増した豊平川を望みながら走るこのルートはすごく癒される。
    ま、風は強かったけど。

    1605151406.jpg 

    そして、藻南公園で炊事遠足。
    親子3人で、自転車で来れたってのがなかなか感慨深い。

    そしてもうひとつ。
    ロングテールバイクの積載能力と走行能力には改めて感動。
    食材とかバーベキューコンロとか色々積み込むと、それなりの重量にも容積にもなる。そしてそれらの荷物をガツガツ積み込むと、当然ながら自転車もかなり重たくなる。自転車止めた状態ではちょっと取り回しに難儀するくらい。
    ところが、いざ走り始めてみると、それほど重さを感じない。

    いやロードレーサーと比べてどうよっていえば走りは重いんですよ絶対。
    でもロングホイールベースの恩恵なのか、とにかく直進安定性がよいので立ち漕ぎで勢いをつけてやると思いのほかスムーズに走る。
    まさに、持って重く、乗って軽い。そんな感じ。
    いや言い過ぎか。
    持って重く、乗るとそうでもない。
    そんなかんじ。

    帰りは強風がそのまま追い風になって、往路の3倍近くのスピードで猛ダッシュ。
    いやー速かった・・・

    そんなこんなで、日曜日は(1号は)50キロくらい走った。
    息子もあの強風の中20キロ以上走り、かなり自信に繋がっただろう。


    あと、自転車でバーベキューってやっぱりいいわ。
    肉体的には楽じゃないかもしれないけど、心は自動車運転で消耗するよりずっと穏やか。
    そしてなにより!たらふく喰らっても「あぁ太りそうだなぁ」という罪悪感と付き合う必要が無い!

    あぁ楽しかった。
    少しずつ、息子の航続距離が伸びてくれば、もっといろんなところに行けるかもな。

    でも、その頃には、親父と遊びに行ってはくれないかもな。
    まぁそうかもしれないけど、いやだからこそか、今を楽しむのだ。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback
    このカテゴリーに該当する記事はありません。