FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    10年目に突入

    2007年4月28日からスタートした本ブログが、10年目に突入です。
    いやべつに、個人が趣味で書いているだけなのだから、自分が書くの止めなければいつまでも続いていくんですけどね。
    それでも、自分がひとつのことを、こんなに長い間続けているってことにちょっとした驚きを禁じえない。

    自転車を趣味にし始めて10年目(正確にはブログ書く2年くらい前から乗り始めてたのだけど、まぁいいや)。
    その記録をブログに書き始めて10年目。

    その間、GarminのGPS機器、Nuvi関係でアクセスが増えたり、天文関係の記事がちょっとした広がりを持ったりもしたけれども、そういうアクセスの波もいつの間にか凪ぎ、今に至ります。
    ブログを通して、それほど多くはないけれどもネット上やリアルでの交流を持てた方々もいたりして、あぁこれはただノートに日記つけてるだけじゃ得られないんだよなと思います。ただでさえ人見知りで引っ込み思案で煮え切らないおっさんですから、普段の生活ではなかなか他人と交流を持つことはないんですよね。
    そんな、幾人かの人々に出会わせてくれたこのブログと、声をかけてくれた人々に感謝します。


    元々は1号と2号がKHSの小径車、F20-RA(2号のやつは長らくRだとばかり思っていた)でぷらぷらとポタリングする、ゆるーい日記としてスタート。そもそももともと、二人とも自転車を趣味に選んだものの、どーしても自転車乗り、特にその頃住んでいた界隈のロードバイクコミュニティ(つーか店だな)の雰囲気に馴染めなくて、とりあえずクロスバイク(CrossRider)から自転車趣味をスタートさせました。
    その後ややしばらくして、地元に帰省するときにも乗りたいよね、じゃあ持ち運べる自転車がいいね、ってことでKHSを購入。その後ブログを始めるわけです。
    あぁ、その辺の話はブログ初期に書いてました。
    スポーツサイクルに乗り換えたきっかけ

    折り畳み自転車を買ったきっかけ

    この頃は、自転車でどこに行ったのか、何が楽しかったのかって話を意識的に書いていました。
    なんてことはない、自分たちは「自転車マニアじゃなくて、自転車でいろんな楽しいところに行きたい人たちなんだ」みたいなスタンスだったんだな、たぶん。
    だから自転車のスペックとかにはそんなに拘らないぞ、といった雰囲気だったんだと思う。

    ま、その後、特に1号はどんどん自転車の沼にはまっていくのだけど。
    眩暈でぶっ倒れた後に15キロダイエットに成功した(のも自転車にのめりこんでいったおかげではあるのだけど)御褒美にP20-RAC買ってもらい、その後色々あった末にロードレーサーのRaleigh Carlton-Rを買い、北海道に転勤したのを口実にFATバイク、KHSのATB500に手を出し、長らく乗ってきたクロスバイクをロングテール化。

    まぁ10年でこの程度だからかわいいもんか。本物の趣味人ならもっと台数増えててもおかしくない。
    でもこの10年、仕事も家庭もまぁ色々ありまして、1号2号ともにそれほど平和とは言いがたい日々を送ってきたのです。
    その中では、まぁ遊んだほうじゃないかなと、思う。

    ちなみに2号が入手した自転車は、
    CrossRider(後に1号親父へ寄贈)
    F20-RA(一応現役)
    ・Bianchi PisaSport(現役、子供乗せ用に調達したけど、子供を乗せなくなった今でも彼女の買い物自転車として活躍)
    ・Giant SeekR3(これは札幌帰省時の子供乗せ自転車として購入したのだけど、あまり出番が無い中で我々が札幌に帰って来てしまい、まったく使われなくなってしまったので売却)
    ・そして現在、元々1号が御褒美として買ってもらったP20-RACが、彼女が「かっ飛ばしたい」とき用自転車として共同利用中。

    うむ、振り返ってみると彼女はその時々で自転車を入れ替えしてるんだな。
    一度手を握ったら離せない1号との性格の違いが出て面白い。

    まさかまさかの子を授かり、チャイルドシートも変遷しました。
    アイバートのセーフティシートからスタートし、Hamaxに切り替え、その一方で「チャイルドトレーラー」も導入。
    特にトレーラーは、日本の住宅事情ではなかなか所有が大変(畳めるけどね、使いたいときに展開する手間が・・・)だけど、安全だし乗り物として楽しいし、荷物もいっぱい積めるのでもっと普及して欲しいなぁなんて今でも思います。


    そんなこんなで、自転車でどこへ行ったそこへ行ったみたいな走行記を縦糸に、自転車のパーツや本体、便利なグッズの話や海外通販の話なんかを横糸にして、まぁ薄い生地のブログを織って来ました。
    これからも第一義は自分たちの備忘録(いつタイヤ交換したっけなーみたいなことが全部このブログに記録されてるので、とても便利)なのですが、もし読まれている方々がいらっしゃいましたら、今後ともご愛顧のほどを、なにとぞ。


    いやらしい話ですけど、コメントいただいたり拍手いただいたりするとすげーうれしいです(笑)
    散々「自分のために記している」みたいなこといってるくせにねー


    さぁ、10年目に踏み出します。

    そろり。

    スポンサーサイト



    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    久しぶりにGPSの話 その3(USB接続の無線化)

     そろそろ2号が野辺山話を書き始めそうなので、こっちの話を駆け足で。
    今回は
    「GarminのGPSとパソコン/ネットの連携はかなり便利だけどノートパソコンにGPSぶら下げてられないじゃん!」
    対策について。
    ことの次第はその1その2をどうぞ。


    ぶら下げてられないなら、無線化しちまえばいいんですよ。
    はい(机上では)解決。

    IOデータ機器のUSBデバイスサーバー ETG-DS/USってやつを使えば、USB機器をネットワーク経由で使用できるようになります。たぶん。

     この機器、LANポート(10/100/1000BASE-T)とUSBポートを持っていて、USBポートに接続されたUSB機器に対して他のPCからネットワーク経由で接続させる、というもの。
    PC側には専用のクライアントソフトをインストールする必要がありますが、そのソフトを起動するとETG-DS/USに接続されているUSB機器の一覧が表示され、使いたい機器をダブルクリックしてやると接続/切断できます。
    ということで、ネットワークが無線LANになっていれば、結果的にUSBも無線接続できる、というわけです。

      基本的にUSBなので、1台のUSB機器に「複数の人が同時接続」することはできません(本物のUSB機器と同じです)。だから、外付けハードディスクなんかは誰かがアクセスしている間、他の人はアクセスできません。
    ただし、ノートPCとかだとディスプレイ閉じたりすれば自動的に接続切られるし、他の人が接続しっぱなしの時にどーしても自分が使いたければ「こっちで使うんだから接続切れやゴルァ!」ってメッセージを送ることも可能。
    また、プリンタについては特別扱いで、「印刷するときだけ自動でプリンタに接続して、印刷終わったら自動的に切断する」ことが可能なので、プリンタについては擬似的だけど自動共有可能。
    もちろん、一人(1台のPC)で使うだけなら、常に自動接続されるように設定もできます。

     なので、普段からこいつにGarminを接続しっぱなしにしといて(同時に充電もできる)、データ転送したいときだけPCからクライアントソフトのクリック一発でGPSに遠隔接続してデータ転送!という使い方が可能になるはず・・・。
    GoogleMAPからの位置情報転送も、GPSからの軌跡データ吸い上げも、逆にGPSへのトラックファイル(GPX)流し込みも、もちろんファームウェアの更新も、ぜーんぶ無線でできちゃう。もうGPSの繋ぎかえもしなくてよい。
    ね?夢のような快適環境。

     とまぁ、まるで見てきたかのような書きっぷりですが、でも、ぶっちゃけこういうのって、結構相性問題とかあるじゃないですか。
    おまけにGPSなんて、いくらワールドワイドでおそらくもっともメジャーな製品であろうGarminであっても、まだまだニッチでマイナーなガジェット。
    こういう裏技的な使い方がうまく行く保証もなければ、実績データもない。

     ・・・と、いつもならここで軽く一ヶ月は煮え切らない所ですが、やっぱり猛暑でアタマがおかしくなっているんでしょうね。
    だいたい1年に1回くらいの頻度で1号の脳内に登場するアイツが、

    もういい、俺はアナーキストになる

    とつぶやき、確か4000ポイントくらい溜まっているはずのゴールドポイントカードを握りしめ、ヨドバシへGO!


    ・・・で、結論。
    あっさりと全部できました。
    上に書いてること全部。
    久しぶりにPC関係のガジェット買ったけど、すごいね、IT革命(古い)。


     ちなみにGoogleMapから同じデータをnuviとEdgeの両方に転送しても、それがお店のデータだったりしたときはNuviの方だけ「店の電話番号」も一緒に転送されます。
    まぁbruetooth対応の携帯電話持ってなければ「nuviからクリックで電話」とかはできませんが。

     あと、ETG-DS/USのUSBポートは2ポートしかないので、我が家ではその2ポートに「バスパワー対応(=ACアダプタがついている)USBハブ」と「バスパワー非対応USBハブ」をぶら下げて、「USB経由で電力供給しなくてはならないモノ」(GPSとか)は前者に、「ACアダプタとか太陽電池とかで自前で電力確保できるやつ」(ハードディスクとかプリンタとか工学実験探査機とか光学ディスクドライブとか)は後者に接続しています(一部嘘)。 

     動作の安定性については、あくまで我が家の環境での例ですが、以下の点が留意事項でした。
    • IPアドレスをDHCPで自動取得するようになっているが、いまいち安定しなかったのでDHCPサーバとして動いているルータ側でIPアドレスを固定的に付与するように設定変更したところ、動作が安定
    • Windows Vista環境でWindowsファイアウォールが動作していると上手く動作しなかったため、ファイアウォールを無効化(インストールしているウィルスバスターにもファイアウォール機能がある&こちらは特に問題なく動作するのでセキュリティ的にはこれで問題ない)

     ということで、どなたのPC環境でもうまくいくかどうかは判りません(お決まり)が、こいつはおすすめ。

    Category : nuvi360補完計画
    Tag : nuvi Edge705 PC
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    久しぶりにGPSの話 その2(Webサービスの活用:GoogleMapとの連携)

    その1はこちら

     前回に引き続き、GarminとWebサービスの連携について。

     
     ご存知の方も多いかも知れませんが、実はGoogleMapで検索した「場所データ」をgarminのGPSに簡単に転送できます。


    やり方は単純。

    1. GoogleMapで行きたい場所を検索すると、検索結果一覧が画面の左側に、検索結果を地図上にプロットしたものが右の地図上に表示されます。
      ここで画面左側の「検索結果」の方に表示されている「その他▼」というところをクリックすると「送信」というメニューが出てくるのでそいつを選択します。
      こんな感じ。
      gmap1.jpg
      #地図上に表示されたフキダシ上にも同じメニューがあるのですが、そちらから送信を選択すると後述の工程で困る場合があります。
    2. すると、送信画面が出てくるので、送信先として「ナビメーカー」を選択するとメーカー名等を選択する画面が出てくるので、そこでGarminを選択。
      このとき「送信する情報」に日本語が含まれていると英語版GPS(ウチで使っている英語版Edgeとか)だと文字化けするので、半角英数(ローマ字)で書き直しましょう(日本語版なら問題なし)。
      gmap2.jpg
      #ここで、右側の地図から作業を進めていると何故か書き直しができない。
    3. で、送信ボタンを押すと、その位置情報がGPSに転送されます。
      初回だけ、Garminと連携するためのプラグインをインストールするように求められます。
      複数のGPSを接続していると、転送先を選択(複数も可)できます。


    あとは画面見れば直感的に判るんじゃないかと。


     これはなかなか便利。
    気になった場所をGoogleMapで検索して、その位置情報をGPSに簡単に放り込める。
    ただ、こいつもさっきと同じ課題をはらんでいて、やっぱりGPSがPCに常時接続されているのがベストなわけです。
    いちいちGPSを取り付けて外して・・・という物理的な作業は地味にめんどくせぇ。2台もあるし。
    何とかならんものか。


     ということで、なんとかしました。
    どうやってなんとかしたのかは、次回。

    Category : nuvi360補完計画
    Tag : Edge705 nuvi
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    久しぶりにGPSの話 その1(Webサービスの活用:My garminとかGarminConnectとか)

     いやぁ、今年は暑い。
    さすがに日中の気温が35℃超える日なんかは長距離走る気力も起きません。
    それでもお盆あけて一週間くらい経ってから、だんだん朝晩の空気が少しだけ乾いてきたことに気づきました。
    こういう微妙な変化を感じられるのも、自転車通勤(毎日じゃないけど)の賜物か。
    まぁ、気づいたからといってなにか良いことがあるわけでもないが。

     さて、2号の野辺山編の執筆時間を稼ぐため(?)、たまにはGPS話でも。


     最近あまりにPCの調子が思わしくないので、PCのリストア作業を敢行。
    データはちゃんとバックアップしているので問題ないのだけど、自分で後から導入したアプリケーションの再インストールはやらざるを得ない。
    そんなわけで、Edge705用のGarmin Training Centerの最新版を落としてインストール等しているうち、ガーミンのWebサイト上に My garminというページを(いまさら)発見。
    いや昔からあったような気もしますが、とりあえず同ページに入ってみると、どうやらサイト上に自分のユーザー登録(Account)をして、自分の持っているガーミン製品のシリアル番号を入力しておくと、サイト上の「マイダッシュボード」というページからファームウェアのアップデートやら地図の更新やらが可能らしい。
    手持ちのNuvi360もEdge705もファームウェアのアップデートは全然していなかったので、いい機会だからサイト経由でアップデートしてみるか。


     とりあえずサイト上にアカウントを作成してから、Nuvi360とEdge705のシリアル番号を登録し、1台ずつUSBケーブルで接続して「マイダッシュボード」ページでソフトウェアのアップデート状況を見ると、両方とも「最新版にアップデートせよ」と。
    画面の指示に従って最新版のファームウェアを装置にダウンロードして、装置をPCからはずして立ち上がったところで再び再起動。これでバージョンアップ完了。

    で、バージョンを確認してみると・・・
    Nuvi360:Ver3.4(最新は3.8)
    Edge705:Ver3.1(最新は3.2)

     とまぁ、どちらも最新版にはなっていない。
    ちょっと調べてみると、Edge705の方はどーもversion3.20で不具合が多発したようで、現在は公開していないらしい(Garmin forumsでも「ファーム上げたら起動しねぇ!」という叫びがチラホラと)。
    Nuvi360の方はよく判らない。ただNUVI360については最新版がいいよねっとのwebサイトからダウンロードできるので、そちらから手動でやれということか。

     ついでに、My garminと同じアカウントで利用できるGarmin connectという機能も試してみた。
    これはGarminのGPSから走行ログを自動で引っこ抜いてくれて、そのデータを地図上に表示してくれたりする、まぁGarmin版ルートラボみたいな感じですな。

     使い方としては、GPSから直接データをアップロードしやすくなっていますが、自分で作成・修正したGPXファイルも読み込めます。
    ということで、とりあえず同じデータをルートラボとGarminConnectの両方で表示してみました。

    ルートラボ:


    GarminConnet:



     使っている地図が同じゼンリンなので、まぁ画面は似てます。
    あとはまぁ、好みの問題か。
    ルートの再生画面はちょっとGarminの方がかっこいい。
    ただ、ブログへの貼り付け用スクリプトがiframeってのが個人的にはあんまり好きじゃない。


     あとこれはGarminの問題ではないけれども、ノートPCを使っていて、なおかつ部屋のあちこちを放浪しながらPC使っている(要するに自分の机がない)状態だと、GPSをPCにつなぎっぱなしにはしておけないわけです。おまけにnuviとEdgeと二つもあるし。
    なので、この手のwebサービスを利用するには、いちいちGPSを取り出してきて接続、で使い終わったら外して充電用ケーブルにつなぎかえる、といった作業が毎回発生します。
    まぁ今も軌跡データを取りだしてルートラボや轍のデータ作成するときには同じ手順を踏んでいるのですが、これが地味にめんどくせぇ。
    何とかならんものか。


     このシリーズ、ちょっと続きます。
    まだ2号のJAXA話やら、野辺山話やらが続くので、飛び飛びになってしまうかもしれませんが。

    Category : nuvi360補完計画
    Tag : Edge705 nuvi PC
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    久しぶりにGPSの話(UUD導入など)

     以前、某病院の待合室で、長身・金髪(地毛)・仕立ての良いスーツに身を包んだ、いかにもアングロサクソンな雰囲気の男性が、一緒にいた日本人男性に

    「いやぁ、その件は折をみておいおいやっていくしかありませんねぇ」

    という、あなたの西洋人としてのアイデンティティはどこにやったの的な台詞を流暢な日本語でおっしゃるのを聞いて吹き出しそうになったゆげ1号です。


     さて、久しぶりにGPSの話。


    ■最近のゆげーずGPS模様

     あんまりブログには登場しませんが、すっかりと我々の自転車生活に溶け込んでいるGPS。
    最近はこんな使い方をしています。

    • Nuvi360:
      • すっかりNuviシリーズの進化から取り残された、初代モデル。
      • ラインナップの進化を横目に見ながら、我が家では電子地図+徒歩ナビ(近くのコンビニや店探し)+Edge705のバックアップとして持参するような使い方が中心。
      • RAMマウントが大仰になってしまう&いざというときは音声ナビだけでもなんとかならんでもないので、最近はあまり自転車に装着していない。
    • Edge705
      • フリーの地図ソフトと組み合わせて、自転車でのメインGPS走行軌跡ログ取得&サイクルコンピュータ&簡易地図&簡易ナビ(ルートの読み込みはできるけどルート検索は不可(これは過去形:詳細は後述))として活用中。
      • ケイデンスセンサーは小径車にはうまく装着できないのではずしてしまった(P20ではまだ試していない)。
      • 心拍計も・・・最近はほとんど使ってない。
      • 走行軌跡ログについては時々取れない場合がある(多分バグ)ので、そろそろファームウェアのバージョンアップしなきゃと思いつつ放置。
      • 地図についてはUUD製のソフト導入(後述)。
    • コメットDL/3(DG-100)
      • Edgeのロギング機能が上記のごとくトラブることがあるので、長距離走るときはバックアップとして持参。
     まぁ3つも持っている必要性があるのか?という話はおいといて、意外とGPS使っていても「サイバーサイクリング」な感じはあんまりないです。
     一番多い利用シーンは、帰宅してからログを地図上に落として、地図を見ながら楽しむというもの。
    あーこの近くにこんなものあったんだーとか、今度はこっちを通ってみようかなぁとか、ここの坂きつかったけど斜度5%くらいなんだーとか。
    だいたい、「地図を見ながら走る」なんてことはまずないし、さすがに方向音痴のゆげ1号であっても四六時中道に迷うわけでもないわけで。
    あと、事前に走ってみたいルートを作成して、そのルートを地図上に表示させておく用途が多い。
    これは便利。 



    ■それにも関わらずUUD導入

     とりあえず前述のことは一回忘れて(笑)今回の北海道帰省に備え、Edge705にUUD製のGarmin用地図を購入しました。
    製品名は
    UUD製 GARMIN GPS用 日本詳細1:25000道路ナビ+20m等高線地形図トポ v2.0+
     
                  

    最近、10m等高線バージョンもリリースされたようですが、ゆげーずは岳人ではないのでそれは要らない。
    安いほうでひとつよろしく。

     正直、前述の通り、普段使っているフリーの地図でもあんまり不自由は無かったのですが、何せこの地図は北海道は範囲外。 一方、元々Edge705に入っているベースマップという地図では自分は今、北海道という島にいることくらいしか判らない。
    まぁ正直、あらかじめGPXファイル形式で作成したルートを読み込んで画面上に軌跡を表示するだけなら、別に地図が表示されなくても「あぁここは左折か」とか、それくらいは判るので、登録済みルートの道案内だけと割り切るならそれでも良い。
    R0017955-r.jpg
     これは「ベースマップ」上にルートを表示させたもの。
    まぁ見てわかる通りすでにマップという体は成してませんが、実際はこの「ライン」上に「自分の現在地」がプロットされるので、こんなもんでも自分が次にまっすぐ行くのか右折・左折なのかくらいはわかります。
    ナビゲーションのことだけを考えると、意外とこれで十分。
    事実、この地図が届く前に走った羊蹄山一周の時も、それで特に問題なかった。


     でも、今回のミステリーツアーみたいに「どこへ行くのかよく判らない、つーか教えてもらってない」ときには、自分が地図上のどこにいるかくらい判っておきたいもの。
    まぁNuviも持ち歩いているので、これも「無きゃ死ぬ!」わけではないんですが・・・まぁいい機会だし。 


     そんなわけで(?)、Edge705用にUUDの地図ソフトを購入。
    購入後、販売店にGPSのユニットIDを連絡し、ソフトにそのコードが埋め込まれるため(これに1~2日ほどかかる)、SDカード版で購入しても他のGPSでは使えない。
    ちなみに、Garmin謹製の地図(シティナビゲーター)を使わない(というか使えない)理由はこちらに書いたとおり。 

     
     で、使用感。 

     表示は全部ローマ字なので、すげー見やすいというわけではありませんが、だいたい走行中に地図をじっくり見ることはないので、まぁこんなもんでしょう。
    結構細かい道まで表示されます。 
    十分十分。
    R0017950.jpg 
     ルート検索も一応できます。GPX形式で作成したルートを読み込んで(Saved ride)、ナビさせることももちろん可能。
    ルート計算時には一方通行とかは考慮してくれないとのことですが、自転車乗りにとっては特に問題なし。と思う。
    おまけに、読み込んだルートを使ったナビゲーションしているときでも、ルート外れたら元のルートに戻るべくルート再検索してくれます。

    R0017859_20100522235625.jpg
     曲がり角とかに近づくと、ちゃんと拡大地図画面に切り替わります。


     うむ、視認性はnuviに劣るけど、まぁ代わりとしてそこそこ使える感じです。
    前述の通り「走りながらぱっと見て自分がどこにいるのかを瞬時に理解する」ことはちょっと厳しい。
    画面も小さいし、ローマ字表記だし。
     でもまぁEdgeに限らず、場所確認したいときは停車してじっくり観る。
    「走行しながら地図をしっかり見る」なんて行為は危険なのでまずやらない。
    やってる人も是非やめてほしい。
    つーことで特に問題なし。

     
     そんなわけで、EDGE705+UUD地図の組み合わせについてまとめると、
    • フリーの地図よりカバーエリアが広く(一応日本全国)、ルートナビゲーションもそこそこ使える
    • Nuviに比べると視認性は良くないけど、「地図が使えるサイコン」と考えると十分以上
    つーことで、1万円払っても導入はアリかな、と思いました。 


     やっぱり遠出するときにバックアップで地図は欲しいなぁって思いもあって、そんな時nuviは紙の地図よりコンパクト。
    それに、nuviは電話帳データが入ってますからねぇ・・・お店検索とかは強力だもんな。

     
     結局何がいいたいのか良くわからなくなりましたが、現在ウチではEdgeがメイン、nuviがバックアップという感じで使われています。まぁ重たいもんでもないし、Nuviはバッグに入りっぱなしですな。

     どーしてもNuvi+Edgeのおいしいところを取ってオールインワンで運用したいのであれば、オレゴンとかコロラドとかいう選択になるのかなぁ、と思います。


    ■Nuviの思わぬ効用~該当者氏曰く~
     
     とまぁ、ウチではちょっと不遇気味のnuviですが、先日、米国出張に行ったはずなのに何故か長野の地酒を買って来てくれた(ってしつこいか)該当者氏と話していて、ちょっと面白い話がありました。

     今回の出張で、彼は現地で車を運転させられる機会が多かったらしいのですが、現地で借りたレンタカーについているカーナビは当然、英語版、音声案内も英語。
    でもって、この英語が生半可な英語力では何言っているのかわからない。
    おまけに、米国の道路標示は日本と結構異なっていて、自分がどこにいるのか、慣れないと本当にわかりづらい。

     で、こんなこともあろかと彼が思っていたかどうかは定かではありませんが、とりあえず該当者氏は北米版City Navigator(地図ソフト)をインストールしたnuvi(日本語版)を持参しており、こいつが米国の道路を日本語でナビしてくれるそうです。
    「******(聞き取れない)を、右です」
    みたいに。

     なるほどねぇ。それは盲点だったわ。


     とまぁ、こんな感じで相変わらずGPSは愉快に活用しております。
     いまだにnuviとかGPS関連の検索ワードで当ページにいらっしゃる方も多く、その割には当ページの情報は(特にNuvi関連は)古くなってしまっており、ご迷惑をおかけしているかと思いますが、その点は平にご容赦。

     そろそろGPS関連は、また新しい活用法、遊び方が出てきそうだなぁ・・・なんて思いつつ、本日はここまで。


    Category : nuvi360補完計画
    Tag : nuvi Edge705
    Posted by ゆげ1号 on  | 2 comments  0 trackback

    ついにEdge705日本版登場!

     こちらとかこちらで情報がでてきましたが、ついにEdge705の日本語版が4月22日にリリースされるようですな。



    気になるお値段は・・・

    ¥99,750

    (添付品)
    ・1/25000 日本詳細道路地図シティーナビゲーター転送済みmicroSDメモリ
    ・ACアダプター
    ・PC用USB接続ケーブル
    ・トレーニングセンターソフト
    ・ハートレートセンサ
    ・スピード&ケイデンスセンサ
    ・ハンドルバー&ステムマウント
    ・操作マニュアル


     うーん、シティーナビゲーター(地図ソフト)付きとはいえ・・・かなりびみょーだなぁ・・・


    ただ、いいよねっとのサイトでは(以下引用)
    「内蔵メモリには約13,000ポイントの軌跡が内部メモリに記憶可能。別売のmicroSDにすれば、カードの容量一杯まで軌跡を取り続ける事が可能」
    とあるのですが、これ、英語版では出来ないんですよね。日本語版だけ改良されたのかな?



     まぁ個人的には、日本語版が出ることによって

    • 英語版のサポートも(割高にはなるけど)いいよねっとでやらざるを得なくなるだろうこと
    • ユーザーが増えることで日本語圏での活用ノウハウがもっと増えてくるだろうこと


     なんかが期待できる(?)ので、悪いことではないと思います。


     しかし、こんな高価なサイクルコンピュータじゃあ売れそうにないよなぁ・・・
    だって、10万円ってもう少し頑張ればエントリーモデルのロードバイク買える値段ですよ。
    サイコン+心拍系+GPSと、個々の機能ごとに専用機を買ってももっと安いしね。



     そんなことより、同時にリリースされるEdge205の方が攻めてますよね。
    http://www.iiyo.net/products/nuvi205/

    ついに、

    • 軌跡データの取得可能
    • 経由地は200個所まで設定可能

    というnuviシリーズの泣き所を克服しやがりましたからね、値段次第では結構売れるんではないかと。
    ただし、「軌跡ログを取る」ということは必然的に「長時間稼動して欲しい」わけで、そうなると予備バッテリーの準備とかが課題になりそうです。


     いっそのことこんな製品を担いで走る? 


    Category : nuvi360補完計画
    Tag : nuvi
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    Edge705インプレその3(フリーの地図導入編)

     mixiとかいうSNSサイト(笑)が招待制を止めるとか・・・

     そうか、もう「誰も俺を招待してくれない「mixi」なんて、本当は存在しないんだろ?友人も実の姉も、みんな俺をだましてるんだろ?」なネタは賞味期限切れちゃうんですねぇ・・・なゆげ1号です。
    もういいね、このネタ(笑)


     さて、Edge705インプレの続きです。
    今回は地図関連のことをだらだらと。


    ■ちょっと複雑な地図事情

     今回購入したEdge705(英語版)には、「ベースマップ」という地図が内蔵されていますが、これは(少なくとも日本とその周辺については)とても精度が粗くて「日本のどの辺にいるか」くらいしかわからず、当然道路情報なんかもまったく入っていません。

     ちなみにベースマップも「US版」と「AP(AsiaPacific)版」があってAP版は多少なりとも細かい地図らしいようなのですが、まぁ今手元にあるEdge705は英国から買ったものですから、間違いなくUS版だと思います。
    そのため、地図を用いた各種機能(地図ベースでの現在地確認、ルートナビゲーションなど)を行いたい場合は別途地図ソフトが必要となり、ガーミンからは市街地地図(CityNavigatorとか)、地形図(TOPOとか)なんかがリリースされています。


     さて、ここで問題が。


     Edge705はあくまで「英語版GPS機器」です。であるからして当然(ではないんだけどね本当は・・・ファームウェアの多言語化対応をすりゃあいいのだけどまぁいいや)地図ソフトも原則「英語版」しか動きません
    日本語版の地図も一応動くらしいとの話もありますが、その場合でも文字化けしてしまうとか(未確認)。
    ということで、Edge705を日本人が日本で使う場合には


    「英語版の日本地図」


    が必要になるわけです。でもって、そんな地図garminからは売られていない(笑)


    そりゃーそうだよな。「GPS用の日本地図が欲しい外国人」なんて、別にアウトドア天国でも聖地でもなんでもない日本なんだから、そんなに多くはないだろう。
    いや、正確に言うとあるにはあるんだけど、BlueChart(海図)じゃあなぁ・・・


     じゃあどうするか。
    選択肢は今のところ3つくらいあります。

    1. フリーのマップデータを探してきてインストールする(タダ~6,000円(後述)くらい)
    2. アップアップダウン製作所(通称UUD)謹製の地図ソフトを購入する(1万~1.5万円くらい)
    3. 自分で地図を作る(ヲイ・・・と言われそうですが別に伊能忠敬や間宮林蔵みたいに命をかける必要はなくて、国土地理院提供のデータを用いて自分のPCで生成する方法があるらしいです)


     当初の目論見では2を考えていたのですが、とりあえずフリーの地図をタダで導入できるのであればそれを使ってみてからでも良かろう、ということでまずはフリーの地図を使って1を試してみることにします。

     なお、フリーの地図を使った場合(モノにもよるのかもしれませんが)ルートナビゲーション機能は使えないようです。
    目的地を選んだ上で、道に沿わない「目的地の方向だけを示す」ナビゲーションは出来ます。


    ■フリーの地図データを探す

     日本地図についてはこちらにフリーのものがありました。残念ながら日本全国までカバーしているわけではありませんが、ゆげ1号がちょっと試してみる分には充分なカバーエリアだったのでこちらを使わせていただくことにします。 

     作成者様に心から感謝の念を抱き、利用条件を遵守することを固く誓い(ってそんなに厳しい条件じゃないけど)、ダウンロードさせていただきます。


    #他にも探せばフリーの地図データはあるかもしれません・・・どなたか知っている方がいらっしゃったら是非教えてください。


    ■地図データをGPSへ転送するには

     これには二つの方法があります。

    • Garmin Trip&Waypoint Managerを使用して転送する
      • Edge705やNuviみたいな「外部メモリカードタイプのGPS」には付属してこない
      • 買うと6,000円くらいする
      • 他にもいろいろと出来るらしくあれば便利らしいけど詳細は不明
    • sendmap20というフリーソフトでGarminへの転送用地図ファイルを生成して外部メモリカードにPCから書き込む
      • UUD様のサイトに詳しいやり方が載っていますので詳細省略
      • フリーの地図でもUUDの地図でも手順は一緒で、エリア毎、情報種別(等高線とか)毎に分離されている地図ファイルを結合して、sendomap20を利用してGPSが読める形のファイルを生成ます
      • 外部メモリカードをPCに接続して新しく[garmin]フォルダを作成し、その中にsendmap20で生成した地図ファイルをコピーする
      • あとはメモリカードをGPSに挿して起動すれば自動的に地図を読み込んでくれる


     ゆげ1号はsendmap20をありがたく利用させていただきました。


    ■せっかくですからnuviとの比較でも

     我が愛機、nuvi360(地図バージョンはJapan Street Map v8.01(古っ!でもバージョンアップ料金高いんだもの))と前述のフリー地図を比べてみました。

    R0012648.jpg 
    画面の大きさはこれくらい違います。


    R0012650.jpg 
    ちょっとわかりにくいですが、調布飛行場辺りを同一縮尺(スケール300m)で表示。
    表示される道の細かさはnuviの圧勝。
    でも、Edge705+フリー地図の方はちゃんと「川」が表示されます。
    川好きのゆげ1号にはうれしい仕様(笑)


     そのほかの点も含めて比較してみると、こんな感じですかね。

     

    nuvi360+
    Japan Street Map v8.01

     Edge705+フリー地図
     地図精度
     ナビ製品ゆえ当然か

    川とか地形的データはちょっとプア

    細い道は削除されてる 
     ルートナビ機能 有


    地図によると思う

    表示言語日本語英語
     地点情報の豊富さ


    電話帳が入っているようなもの


    駅とか主要なランドマークは意外と入っている
     ルートの読み込み+表示機能(GPXファイルとか)
    こういう力技
    必要

    ふつーにできる

    念のため補足しますが、上記の比較はルート読み込みを除き「地図ソフトの比較」と考えた方がいいと思います。
    製品とフリーのものを比較してどうするんだ、という噂もありますが。


     やはりナビ系の機能についてはnuviに及びませんが、nuviでは力技を用いなければならなかった「ルートを読み込んで表示」させる機能については何の問題もなく使えます。 これはすなわち、AlpsRouteとかで見つけたルートデータを読み込めるということです。


     思いのほか長くなっちゃいましたので、実際の使用感とかについてはまた別途書きます。
    やっぱり奥が深いなぁ・・・
     

    Category : nuvi360補完計画
    Tag : nuvi Edge705
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    調布飛行場まつり2008を目指して

     いつの間にかトータルアクセス数が10万を超えてしまいました。
    こんなニッチなブログを日頃より御高覧いただき、ありがとうございます。

     
     今後とも「調布飛行場まつりの屋台で食べたまきまきフランクが美味かったけど飛行機はあんまり見ていない」とか「今月号の自転車人に登場した勝間和代さんは『自転車はノートパソコンと一緒で特に愛着もない』なんて言っときながら、TREKのハイエンドモデル・マドンで20~30km/1日くらい通勤で走りまわるは、出張にはDAHONもっていくは、自転車にGPSナビつけるはで、そりゃーマニア以外の何者でもないだろう・・・要するに『自転車ツンデレ』じゃないのか?」とかいった、誰の役にも立たないこと請け合いの情報・感想を書き連ねていく所存でございます。


     そんなですが、ひとつよろしくお願いいたします。

     


     あぁ、こういう前フリいらないよね、なかなか直らないよね(笑)


     てなわけで(?)、当ブログにお越しいただく方々の検索ワードに最近変化が。

    今まではnuvi関連がダントツで多かったのですが、最近は時期によって「調布飛行場まつり」とか「北海道フェア」とかいったイベント情報の方が多いこともあります。
    おそらく、去年の記事が検索対象になっているためだと思いますが・・・


     ということで、最近は「調布飛行場まつり」が群を抜いて増えていたこともあり、そうなるとやはり今年もちょっと行ってみないとなぁ、なんて気になってきます。とはいっても、今年と去年では我々の状況も違っていて、二人で押しかけるようなこともちょっと難しい。時間的な制約もいろいろある。


     そんなわけで、今回はゆげ1号が最近の周回コースからちょっと足を伸ばす形で眺めてきました。


     コースはこちら・・・なんですが、あいにく調布飛行場でロガーの電池が切れてしまい(最近こんなのばっかりだ)、帰り道のデータがありません。

    ルート的には:

    駒沢オリンピック公園⇒恵比寿から明治通りで新宿へ⇒方南通りを西永福までひたすら西へ⇒ちょっとだけ井ノ頭通り⇒浜田山で人見街道へ⇒調布飛行場


    てな感じで、ここでロガーの電池切れ(涙)
    おまけにサイコンも不調(センサー部は先日電池を取り替えたが、メーター本体の電池も切れかけているかも)で、トータルの距離とかはわからずじまい。

     ついでにこの日は一日曇り空。雨にあたらなかっただけよしとするか。


    ■そもそもの思いつき

     走っているときは気づかなかったのですが、最近の周回コースを改めて眺めてみると「コース西端の高井戸から三鷹ってすぐだなぁ・・・ということは深大寺とか野川とか調布飛行場とかも、そんなに遠くないのか?」ということに気づきました。

     とはいえ、じゃあ高井戸からのルートにアテがあるわけでもなく、こういうときはやはりnuvi様の出番です。とりあえず方南通りを適当に西へ走り、これまた適当なところでnuvi様に目的地(今回は調布飛行場)までの道程を検索&案内していただくことにしました。


    ■まずはいつもの駒沢通り~恵比寿まで

     恵比寿はお祭りやっていたようで、おそらく恵比寿神社周辺の道だと思うのですが交通規制されてました。ついでに警察のバスも何台も止まっていて、ずいぶんと物々しい雰囲気。
    なんで?


    ■明治通りと北風

     あー冬が近づいているんだなぁ、と感じさせる風向き(=北風)がちょっと強めでした。
    渋谷駅まで、渋谷川に沿って走る明治通りがどれくらい影響をうけているのかは判りませんが、やはり川沿いの道って「風の通り道」になっているような気がします。確かにこの通りも渋谷以降はそんなに風の強さを感じなかったし。


    ■新宿ってSFだよなぁ

     新宿の高層ビル群って、それぞれが他のビル、公園なんかとの調和を一切考えずに自己主張しているように感じます。それでいて、個々の建物はとても個性的ではあるものの、いまいち「巨大建造物萌え」の琴線に響かない(人それぞれでしょうけど)。なんか意匠が強すぎて、ビルそのものの迫力が逆に削がれているような気がするんですよね。
    R0011599.jpg 

     でも、そんなばらばらなモノ達でも地理的に密集すると、なんとなく一つのカタマリに見えてくるのが不思議。
     ばらばらな個々が狭いところに押し込められて、いつの間にか一つの巨大な思考体を形成していくなんて・・・すげーSF的世界観を感じるのはゆげ1号だけでしょうか(笑)


     まぁSFは読んだり観たりするもんで、住みたくは無いですけど。

    R0011607.jpg 
     でも、ゆげ1号の腕ではなかなか写真でこの世界観が切り取れないんだよなぁ。


    ■方南通りから

     方南通りって特に特徴も無い道路なんですが、交通量もそこそこで走りやすいので気に入っています。
    で、方南通りから調布飛行場への道筋についてnuvi様にお伺い(距離優先・幹線道路回避・移動手段:自転車)を立てると、
    「方南通りを直進して西永福あたりから井ノ頭通りを経由して人見街道を進むが良い」
    とのこと。


     ちなみに、井ノ頭通りも荒玉水道道路と同様の水道道路(水道管が埋まっている)なんですね。


    ■人見街道

     浜田山あたり、環八通りの手前あたりから人見街道に入ります。

     東京って、環八の内と外で雰囲気が変わりますね。環八の西側に出ると、いわゆる東京のスピード感や集積度とはちょっと違う空気が流れてきます。決して道が広いとかいうわけでもなく、田舎になるわけでもないんですが、まぁ平たく言うと長閑になっていく感じです。


     人見街道も道は狭いものの、道沿いの民家(地味にでかかったりする)が植えている街路樹とかが結構気持ちの良い道です。

     そうこうしているうちに、神田川・玉川上水・仙川と跨いで三鷹入り。いつもなら川を跨ぐところで写真でも撮るのですが、今回はちょっと時間的に押してきたのでそのままスルー。

     
     4本目の川、いつもの野川を越えた辺りで南下して、めでたく調布飛行場到着です。


    ■調布飛行場まつり2008

     去年来たときは見事な快晴だったのですが、今年はあいにくの曇り空。


     今年はちょっと時間に余裕が無くてゆっくりとは見られなかったのですが、かなりの賑わいを見せていました。 

    R0011624.jpg 
    あー結局撮る写真ってこうなんだな(笑)

    R0011644.jpg 
    でも、ちょっとだけ写真の撮り方がわかってきたかも。


     このお祭り、ただの飛行機フェスティバルではなくて、調布飛行場がつなぐ二つの地域、すなわち伊豆諸島・・・大島、新島、神津島といった島嶼(「とうしょ」ってこういう字書くんですな))と三鷹の交流といった側面もあるのかなぁ、と思いました。三鷹の地域町内会が出す出店と、伊豆諸島の名産品ブースが並んで出ていたりして。


     前回も気になっていたのですが、伊豆諸島って島焼酎が有名なんですね。すげー飲みたかったんですが、飲酒運転するわけにも行かないし、土産持ち帰れるほどの積載余力も無かった(つーか、小さいウエストバッグしか持ってないし)ので泣く泣く断念。


     あ、そういえば天文台マダム&野辺山改め三鷹の仙人氏は今年もいらっしゃったのかなぁ。
    去年は三鷹天文台特別公開の翌日に開催されたこのお祭に元気いっぱい参加されていたようですが、今年は時期ずれてよかったですね(笑)


     ん?逆に準備でそれどころじゃない? 


    ■帰路へ

     ここからの帰路は、野川を下るパターンと多摩川を下るパターンがあるのですが、今回は多摩川~世田谷通り~駒沢という感じで帰路につきました。

     どんよりと曇った川沿いって、小さい頃の記憶を呼び起こすんですよね。


     なんでだろう。それほど川と慣れ親しんだ記憶はないのに。


    走行距離:50km弱

    サイコンが不調なんだよなぁ・・・

    Tag : nuvi
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。