FC2ブログ

    softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ありがとうBarley

    長年、我が家における自転車生活のシンボル的存在だったBarley Honey Bee。
    ついに引き取り手が見つかりました。

    1-LRM_EXPORT_872713586063705_20180909_092958254.jpg
    購入したのが2010年4月。
    当時「あと10年は戦える」と冗談交じりに書いてから8年。
    トレーラー自体は全然普通に使えるし、Barleyを扱う代理店も増えたので保守面もたぶん全然問題ない。消耗品のタイヤもチューブも普通の20インチなので市販品が使える。最新型は色々使い勝手が良くなっているみたいだけど、安全面とか基本性能は8年前のモデルでも全然問題ない。

    掛け値なしに、10年以上使える逸品です。
    ただ子供がこれに乗ってくれるのは肉体的、精神的にもだいたい8歳くらいまでがリミットなので、10年以上運用するには子供が二人以上必要になります(笑)

    我が家も、子が自分で自転車に乗り始めたこと、それにロングテールバイクを導入したこともあって、トレーラー運用が必要な局面がほとんどなくなってしまい、うちで死蔵しているくらいなら現役の子育て世代に使い倒してもらおうと、今回手放す決断をした次第です。
    子供運ぶ必要なければ、実質ロングテールでほとんどの用は成すので。

    1-LRM_EXPORT_854665235158126_20180908_213221281.jpg 
    本当に、こいつにはお世話になった。
    我が家の子育て、というか自転車メインで生活を組み立てていこうという我が家のライフスタイルの象徴的な道具だったのです。
    それだけでなく、大量の荷物を楽に運べる。こっちがこけてもトレーラーは倒れない。全体としてのホイールベースが伸びることで得られるゆったりした走行感覚(これが一番素晴らしかった)。

    1601161440.jpg 
    雪道でも活躍。

    1-R1174798.jpg
    炊事遠足でも。

    2013071313390001.jpg 
    日常使いでも。
    本当に、大活躍でした。

    引き取っていただいた先では、電動アシスト自転車に装着。ヒッチの取り付けをお手伝いしてきたのですが、電動アシストとの組み合わせ、良いですな。
    いくらBarleyが引っ張りやすいといっても、アシストあったほうが絶対に楽だろう。特に女性は。
    あ、でもせっかくだから電動アシストでどんな乗り心地になるのか、試乗させてもらえばよかった・・・

    お子さんがいっぱいいらっしゃるので、引き続き大活躍してもらえそう。
    さすがに下のお子さんがトレーラー卒業するまでは持たないかもしれませんが、おそらく数年運用するともう手放せなくなり、新しいの買うことになるんだろうな(笑)

    手放すのは本当に寂しくて、だからこそ安易にオークションとかリサイクルショップに売却する気になれなくて、結局お渡しすべき人に辿り着くまで1年以上かかってしまった。
    でも必要な人にこいつをバトンとして手渡せて、本当に良かった。

    やっぱりね、人生に新しいスペースを空けないと、新しい風は入ってこないんだと思うのです。
    自分の人生において役目を終えたものには深い感謝と共に新しい役割をプレゼントし、それぞれが次の一歩を踏み出したほうが良いんだ。

    本当に、今までありがとう。


    いや別に、新しいトレーラー物色してるわけじゃないですよ。
    念のため(笑)

    スポンサーサイト



    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    シルバーウィークはあれこれあったんです

    シルバーウィークは、仕事も少し絡めながら札幌に帰ってきました。
    なかなか、慣れない一人暮らしをしていると、連休を一人で過ごしてると気が滅入ってくるのです。
    45歳のおっさんがなに気弱なこと言ってるんだって感じですが、仕方ないんですよ。就職してすぐに結婚したし、一人で生活するって経験がほとんどないのですから。
    一人暮らしのスキル的な部分は意外と何とかなるんですけどね、なんかそれだけじゃないんです。
    それに、なんつーか色々整理しなくちゃならないことも出てきたので。


    さよなら交通資料館












    1709173608.jpg 

    約2年半、札幌の交通資料館がお休みになるそうで、息子と行ってきました。
    ここ、古い市電や路線バスが無造作に展示されててよかったんだよな。
    息子も自分のタブレットでたくさん動画や写真を撮りためていました。

    1709172116.jpg

    再開される平成32年春、我々は何処にいるのやら。


    モエレ山がどうにかなっていた

    1709131349.jpg 
    モエレ沼公園にそびえるモエレ山、山頂を目指して銀輪たちが。
    17091452.jpg
    主を失った自転車たちが天を目指す。

    今、札幌で芸術祭やってるんですね。
    そのインスタレーションの一つらしい。

    こういう景色って、いわゆる「インスタ映え」しないんですかね。
    しないんでしょうね。
    でも、好きだ。


    もう一つのさよなら

    色々な事情がありまして、今札幌で家族が住んでいる住居から退去しなくてはならなくなりました。
    時間的猶予はもう少しあるし、別に誰が悪いとか訴訟とかそういう話でも全然なく、でもその期限はいつか来るのだろうけどもう少し先のような気がしてたんだよな、何の根拠もなく。

    しばらくの間は札幌と東京を行ったり来たりしそうだから、だから当面は札幌の住まいに家族を残して良いかって形で今の生活がある。往来生活は一応期間限定だから、いつかは終わる。
    そして、家族にはここで数年間暮らしてきた蓄積と人間関係がある。

    いずれ、この往来生活が終わったときに生活スタイルをどうするかってのは、考えなきゃいけない懸案事項だったんだ。
    でも今の二重生活がなんとなくやれてしまっているので、なんかそんな先のことを悩むモチベーションがちょっと低かった。

    でも、今回明確に、期限を切られてどうにかしなきゃならなくなった。
    どこかに札幌での住まいを見つけて、そこと東京の二重生活を続けるべきなのか、家族ともに東京に戻るべきなのか。

    いずれにせよ誰かが誰かにさよならを言わなければならない。
    そんな話を、2号と話し、息子とも話した。
    息子はまだそんな難しいことは解らないけれど、土地への愛着と家族への愛情という選択肢を息子なりに真剣に受け止めてくれた。たぶん。

    やっぱり、生きていると些細な、寝言サイズの大事件が色々と怒りますね。


    それはそうと。

    引っ越しするしないは置いといてですね。
    Barleyのチャイルドトレーラー、だれか要りませんか?
    我が家ではさすがにもう息子も乗らず(乗れるけど)、荷物運搬に使おうと思ってもロングテールで結構間に合ってしまうし、なにより子を乗せずに荷物だけ積んで走っていると覗き込んだ人がかえってびっくりするんですよ。「えぇ、人も犬も乗ってない!」って。

    なので、同じトレーラー買うにしても荷物運搬用に特化した奴に買い替えたいかなぁ・・・と。

    結構使い倒したので使用感はありますが、まだまだ機能的には問題なく使えると思います。
    定価4万くらいですから、古物半値の五割引ということで1万円くらいでどうですかね・・・

    ま、このブログで募集してもあんまり意味ないんですけどね。
    一応。





    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    これが我らのアイデンティティ?

    やはり冬の北海道に住んでいるんだから、試してみないと。



    FATバイクのATB500チャイルドトレーラー HoneyBeeの組み合わせで近所の公園に息子のスキー練習へ。
    もうね、人力で息子とスキー積んだソリ引いて公園まで行くの、嫌なんですよ。
    重たいし、疲れるだけで楽しくないし。
    そんなわけで、意を決してトレーラー出動。

    とりあえず、圧雪路面やアイスバーンなら全然問題なく走れる。
    いやほんと、走行感についてはなにもコメントすべき点がない。ふつーに走れます。

    ただ、全面的に車道を走ることになるので、幹線道路とかを上手く避けて走る必要はあるし、そもそも冬道の車道を堂々と走る「度胸」みたいなものは必要。
    あと、自動車からすると邪魔な存在なのは間違いないので、最大限の「ゆずります精神」で後ろから来る自動車はこっちが一時停止してでも抜かさせて差し上げる心の広さは必要かなぁ、と。
    そうじゃないと絶対にDQNなドライバーに絡まれる、と思う。
    そうじゃなくても、どやしつけてくる人はいるかもしれないなぁ、とは思う。
    まぁ仕方ないよね、そういう人は。今回はそういう人に合わなかったけど。

    あと、夏以上に目立ちますな。

    1601161440.jpg 

    まぁいろいろありそうですけど、氷点下のお出かけにおいて子供用の「個室」を持ち歩けるのは結構便利。
    近場で、道路状況をちゃんと把握できていれば、結構使えると思いました。


    Category : 冬自転車
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback
    該当の記事は見つかりませんでした。