softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    ゴールデンウィーク、やりきった・・・その2 ポタ日和、公園日和

    1805053840.jpg 
    砧にある東映スタジオの壁面に描かれたゴジラ。
    ほんとに、見事。

    ゴールデンウィーク、残りの日も色々おでかけしておりました。
    冬場の北海道で4ヶ月以上自転車に乗っていない息子のリハビリを兼ね、大体片道5キロくらいの公園やらランドマークを目指すのです。
    ご褒美は、そこに行くために本来必要だった電車賃、バス代など。
    自転車で行ければ、現地でアイスが食べられる。ジュースが飲める。
    そして、現地の屋台で売られているフードメニューは親父にねだる。



    18051554.jpg 
    ゴジラ観た帰り。
    砧公園でバーベキューできるわけでもないのに、ロングテールで行く必要は全然ないのです。
    でもなんか、子連れで走るときは気分的に大きい車両に乗ってしまう。
    別に、何かあっても子の自転車を積んで帰れるとか、とんでもない掘り出し物がフリマで見つかっても諦めずに購入できるとか、そういうシチュエーションはまずもって、無い。あ、自転車搬送は一回やった(笑)

    でもなんか、息子にはそういう余裕を見せたいんだろうか。
    スーパー寄っても駐輪に一苦労するような車両なのに。



     1-R1176839-001.jpg
    まぁ荷物はつめる。
    息子のリュック、自分のバッグ、途中で買ったマクドナルド、飲み物、全然余裕。
    気分はステーションワゴンにバーベキューセットとか積み込んで悠々と川べりに乗り付ける、そういう感じ。
    周りからは全然そう見えないところもまたよし。



    1-R1176823.jpg 
    世田谷公園、夏が始まっているわ。
    このまえ買った激安のポップアップテント、持ってくればよかった。

    この日はフリーマーケットもやっていて、息子のいくばくかの小遣いに加え「ここまで自転車で来たが故の電車賃ボーナス」を与え、計画的勝つ妥当で実り多い経済活動を送ることができるかどうかの訓練。

    ・・・もうさ、最初の店で軍資金の半分使いきりやがるの、やめようよ(笑)あと今月何日残ってるんだよ。

    ただ、手持ちの資金が少なくなっても、店の人にぐいぐいと「これはなんですか?」なんて話しかけて、商品を介したコミュニケーションをしっかりやるようになってきた。
    まったく、引っ込み思案で口下手の夫婦からどうしてこういうコミュ力持った子が生まれるのだろう。
    決して言葉選びは上手ではないし、流暢にしゃべれるわけではないのだけど。

     1-R1176842.jpg 
    「すみませーん、このブリキのおもちゃ、いくらですか?」
    「うーん、これ、日本製なんだよね・・・元値は、3000円弱。それを・・・うーん・・・
    500円!」

    「さてさて、どうする?」
    「いくらなら帰そうかな?」

    (息子)「うーん、、、15円!」
    (その場全員)(ズコッ)「それは強引過ぎるだろ!」

    (店員さん)「うーん、せめて、400円でどう?」
    (私、1号)「買った!」
    (店員さん)「えっ?」
    (息子)  「えっ?」




    ありがとう、息子。
    素敵な戦利品が入手できました。


    息子の自転車ライディングも、だんだん安定してきた。
    これなら片道10キロ以上の道のりも、ペースさえコントロールすればいけそうだ。






    スポンサーサイト

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ゴールデンウィーク、やりきった・・・その1 旅の空

     先日「そろそろブログ記事1000本目ですよね」とご指摘いただいてすげーびっくりしたのですが(確かにブログの個別エントリについているURLをみると全快の記事が999になっている)、よくよく記事をカウントしてみると1000本にはまだちょっと時間がかかりそうです。URLの方についている数字は下書き分や未公開分もカウントされてるのな。
    ということで、確かに自分たちが記してきた記事は本記事が1000本目なのですが、公開記事が1000本に達するのはもう少し先になりそうです。
    続くかどうかは別として。


    家族一緒での東京生活がスタートし、それぞれ(私以外)が環境の変化にちょっと息切れしてきた今日この頃。
    そんなタイミングでゴールデンウィークがやってきました。

    まぁ色々ありましてね、それでも結果的には随分あそびまくった。
    今回は、小旅行の話。
    今回もスマホのカメラは原則封印して、GRD3を旅のお供としました。

    1-R1176718.jpg 
    休日に入る前に、秩父で一泊。

    1-R1176745.jpg

    翌日は近くの農園でイチゴ狩り。

    1-R1176740.jpg 
    気がついたら息子の服や手が、返り血に染まっていた・・・(笑)

    1-R1176751.jpg

    1-R1176757.jpg

    1-R1176762-001.jpg  
    いやぁ、つくづくのどかである。
    予報ではこの日は雨のはずだったのだけど、秩父の雨は早朝で止んでくれたので色々と楽しめました。
    散策して、ウッドハウスみたいなところのハンモックを楽しんで、1人600円也の流しソーメン食べて。

    その後、来た時と同じ、ニューレッドアロー号で東京へ戻る前、ふと駅舎の中の物産展みたいなところを眺めていると、そこには埼玉が醸す「イチローズモルト」が。
    シングル、1杯700円。メニューはロックと水割りしかないのだけど、ストレートでお願いすれば出してくれます。
    プラスチックのコップに入って出てくるけど、これは本当に美味しい!

    1-R1176782.jpg
    いいよね、家族サービスの合間だけど、ちょっとくらい自分の楽しみがあっても。


    伝わるかどうかはよく判らないのですが、やっぱりGRD3は良い。
    10年前の、スペック的には画素数1000万しかない、手ブレ補正もない、ズーム機能もない「老いた広角単焦点コンデジ」なんですけどね・・・スマホのカメラとはやっぱり違う。

    最近のデジタル一眼レフとかミラーレスとかだともっと凄いのかもなぁなんて思ったりもするのですが、まぁしばらくはこれで行こう。フィルムカメラもあるし、結果じゃなくプロセスを楽しむのが趣味なのです。

    と、言い聞かせる。

    そりゃOM-D欲しいよ。ソニーのα7だって憧れるけどさ。そういうわけにも行かないじゃないですか。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    再び、GRD3

    1-R1176595.jpg
    引越し後のドタバタも一段落つき、GRD3もやっと出てきた。

    1-R1176610.jpg
    子どもと遊びに出かけてマニュアル機のフィルム一眼レフ持って歩くのって、やっぱり大変。
    その点、小さいしすぐシャッター切れるしオートフォーカスだしなデジカメって本当に便利。
    でも不思議と、フィルムカメラとコンデジ、あとスマホもなんですが、うまく言えないのだけどなんか出会う景色がそれぞれ違うような気がします。
    なんなんでしょうね。

    1-R1176625.jpg 
    東京も暑くなってきたので、川べりまで遊びに。
    がっつり水に入って良いよ。タオルも着替えも持ってきた。
    あーでもロングテール乗ってると、もっと色々積み込んで走りたくなるんだよな、なぜか。
    だからなのか、思わず帰ってから安いポップアップテントを衝動買いしてしまった。

    1-R1176636.jpg 
    川遊びして、自転車で走って。
    元気だなーって感心してたけど、翌日ダウンしてやがんの。まだまだ親父の方が強いな。

    それにしても、息子のラレー(20インチ)がいよいよ小さくなってきた。
    新しい自転車をそろそろ探し始めないと。


    ここ当面は趣味としての自転車にがっつり時間を割くことが難しい状況なのですが、まぁそんなときは写真とか別の、その時々でできることを楽しめばいいんだ。
    またいずれ、局面も変わる。
    そのときにまた走り出せばいいんだ。

    そんなわけで、そのときに走れるだけの体力を維持するためにランだけはちゃんとやっていこう。
    月間何百キロも走れませんが、月間100キロ以上はなんとか継続しよう。
    せめて、それくらいは。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    フィルムカメラに、昭和のお父さんたちを想う春

    1804013612.jpg 
    最近、息子とのお出かけにフィルムカメラを携えている。
    ここ1年以上身辺が落ち着かなくて、そんなだとカメラ関連にまでなかなか時間が割けなくてなぁ。

    少し生活が落ち着いたこと、以前まとめて購入したフィルムの品質期限がだんだん迫ってきたこと、引越しのドタバタでGRD3が行方不明になってしまったこと、おまけに今使っている安いスマホのカメラがかなりいまいちなことなんかが重なって、まぁ息子とのおでかけに自分の趣味要素をちょっと足してみようかと。

    オリンパス OM-2。
    学生時代の先輩にいただいたもの。
    自分とあまり変わらない歳なんだよな、これ。

    15680011.jpg

    かなり鉄分高い息子とのお出掛けなので、どうしてもこういうシーンが増えてしまうのだけど。

    いやでもさ、やっぱりフィルムカメラは難しい。
    この時代のカメラですから、当然マニュアルフォーカス。
    当たり前だけど、おでかけ前にフィルム装填する段階で感度は決まる。あぁここ暗いから感度上げるか、とか当然できない。
     
    15680019.jpg 
    シャッター押す前にやることがたくさんあって、なかなか構図を考えるところまで脳みそがついていかない。

    19180008.jpg
    そして、フィルムの撮影枚数が尽きたらそこで終わり。
    いやフィルム何本も持っていけばよいのだけれど、24枚撮り1本を現像してもらうのに650円くらいかかる。
    プリントしてもらわずにデータでもらっても、24枚撮りで合計1500円くらいかかるのよ。

    なんとも高価な銃弾だ。
    これって下手の狩猟みたいなもんじゃないか。
    ほんと、動き回る子供の姿をフィルムに納めるなんてほんと大変。
    思えば、昭和のお父さん達はよくやってたな。
    
    15680022.jpg 
    それでも、何十年も前のカメラとレンズでも、なんかその質感は今のスマホなんか全く太刀打ちできないんだよな。
    多分ボディとレンズ合わせて当時の10万オーバーって、当時の大卒初任給より高い。フィルムも現像もカネがかかる。
    まぁカメラってやっぱり気合の必要な趣味、というか嗜みだったんだろうなって思う。

    でもさ、例えば70年代のコンピューターなんて今のスマホにも太刀打ちできないくらい、世の中のあれこれは時の流れとともにどんどん陳腐化していくじゃないですか。それを考えると趣味としてのカメラって本当に奥行きが深い。古いものにもしっかり価値が残るって、ある意味踏み込んだら底なしだわ。

    いや、そっちには行かないけどね。
    191800041.jpg 
    そんなこんなで、2018年の春は駆け足で過ぎていきます。
    引越しの荷物は片付いてきて、日々の生活も少しずつ落ち着いてきた。

    今年度は色々と乗り越えていかなきゃならないことが多いのだけど、この調子で一歩ずつ挑戦していこう。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    自転車生活を取り戻すには

    片付かない。


    おかしい。
    数年前はここに住んでいたはずなのに。
    そしてここから引っ越した先、札幌の住まいはここよりちょっと狭かったはずなのに。
    なぜ、行って帰ってきたら荷物が入りきらないのだろう。

    原因はいくつかある。
    息子の成長に従い、所帯としての荷物は増えた。それはある程度仕方ない。
    そしてそれよりも、札幌での住まいは狭いけど収納スペースがたっぷりあった・・・人間とは、どうやら収納スペースにあわせて生活を形成してしまう生き物らしい。
    ほら、楽さに負けて服のサイズをワンサイズ大きくすると体型もそうなっちゃうじゃないですか。そういうことなんだよきっと。


    それに、これはおそらく、さしたる問題ではないのだけれども。
    よくよく考えたら、以前この家に住んでいたときから自転車が3台増えている。息子の自転車、Club2000、そしてBD-1
    まぁ、4年で3台だから、大した話ではない。家族の分も含めてだから。
    ね。

    それはともかく。
    荷物が片付かないと困るのは、部屋の奥に押し込まざるを得なかった自転車を引っ張り出せないこと。
    日常使いのロングテールとかRaleighはアクセスしやすいところに置いたのだけれど、Club2000を引っ張り出して整備して、走り出すにはとにかく開梱されていないダンボール類が邪魔なのです。

    とにかく、一つ一つ片付けていかないと。

     1804085612.jpg

    とりあえず、RaleighBD-1の置き場は確保。
    いやーいいわ。奇麗に収まった。

    この調子で片づけをすすめて、自転車生活を取り戻そう。


    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    いい街でした、ほんとうに

    昨年東京に転勤してから、半ばなし崩し的に東京と札幌の二重生活を続けてきましたが、いよいよ家族揃って東京へ移ることに。
    4年弱暮らしてきた札幌市中央区とも、お別れです。


    まぁ札幌は地元ですし、転勤してからも札幌での仕事は続きそうなんですが、なんかこれまで何気なく通り過ぎていた街並みがいちいち引っかかる。




    1803194329.jpg
    いや、東京にも「ゆで太郎」あるから。

    でもねー、なんかそういう話でもないんだ。
    この店にも、本当にお世話になった。ブログにも何度登場した事か。

    この街に10数年ぶりに帰って来て暮らし始め、4年くらい暮らしたけれど、意外と「再会」ってなかった。
    昔つながっていた人たちとまた出会ったりするのかな、って思っていたけれど、意外とそんなこともなかった。
    でもその分、色々な新しい出来事や出会いに恵まれたり揉まれたりするなかで、なんとなく暫しの止まり木として落ち着いたのがゆで太郎だったんだよな。

    もういい歳なのに。すすきのに根城の一つや二つあってもいいのに、あぁそれなのにゆで太郎。
    誰にも邪魔されず、時に一人で腹を満たし、時に一人で一杯だけ飲み、暫し現実から離れることができた。
    なかなか、馴染める飲食店に出会えないのですが、数少ないこの街での居場所のひとつでした。
    本当にありがとう。

    1803174925.jpg

    中島公園も、良く来た。
    家族でよく遊びに来たし、息子もここで色々な経験をした。
    そして自分自身も札幌生活の中でランに少しばかり目覚め、ここで本当に良く走った。

    親子ともに、大切な場所でした。

    1803016.jpg

    JetSetな生活はしばらく続き、この景色はしばらく日常のまま。
    でも札幌での生活は、ここでいったん一区切り。

    家族にも色々負担かけるし、思うところは色々あれど。
    いつかまた、縁があることを願って。




    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    つかの間の散走、狭山湖まで


    引越しの準備やら今年度の仕事の整理やらの合間を縫って、週末にBD-1で散走。
    今回は多摩川を遡上し、日野あたりから多摩湖方面に向かって狭山湖まで。
    普段着ベースで、そんなに山坂もない85キロの道程、BD-1だとこれくらいの距離感がほど良い感じ。


    1803113731.jpg 
    多摩川沿い、稲田堤あたり。
    ここ、居酒屋なんですと。
    なんでもこのあたり、昔は桜の名所な観光地だったらしい。その頃は観光客相手の飲み屋なんかが沢山建っていたのだけれども、今はこの一軒のみ。

    ・・・なんて趣深い事を書こうと思ったんですけど、だったら開店してる時間に来ないとねぇ。

    1803115545.jpg
    是政橋で右岸から左岸に移り、日野まで。そこから多摩湖方面へ北上。
    多摩川くらいの大きい川になると、20キロ以上走ってもあんまり風景は変わらない。だからのんびりと走っていると、その爽快感や風の薫り、光る水面なんかを受け止めながらどんどん身体の中の空気が入れ替わっていく。
    そんな中で、色々考える。仕事のこと、4月から色々と待ち受けているの生活の変化、人間関係、などなど。

    そして、結局何かが解決するわけではないのだけれども、なんとなく諸々の事々が自分の心の中の戸棚にそれなりに仕舞われていく。

    で、そのうちに片付けるものも無くなって、あとはもう昼御飯をどうしようか、晩御飯は何作ろうかって事くらいしか考えるネタが無くなってくる。
    まぁそれはそれで健康的なのだけれど。

    そんなタイミングでサイクリングロードを離れて一路多摩湖方面を目指したのだけれど、立川を越え、西武拝島線の玉川上水駅に差し掛かったあたりでさて困った。
    西武拝島線を乗り越える踏切が、全然見当たらない。

    付近をしばらくうろうろして、なんとか踏み切りを見つけ、更に北上。
    今手元にガーミン無いので、こういうときは迷うしかない。
    まぁそれもまたよし。

    1803114516.jpg
    今回は多摩湖のもう少し先、狭山湖まで。
    そして復路は多摩湖自転車道経由でこれまた適当に道を辿りながら、迷いながら。

    1803110658.jpg 
    もう河津桜は咲き始めてた。
    春だ。あれからもう1年経つのか。

    まぁそれはそれとして。
    とにかくこの日の多摩湖周辺、寒くてさ。
    だんだん、とにかく飯だ、さくっと温かいもの食べたい、とにかく食べたい・・・って結局、小平の松屋でガリたま牛めしと豚汁のセットに落ち着いた。
    松屋、久しぶりだなおい。美味しかったけど豚汁がちょっと塩分きついな。




    Tag : BD-1
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    さよならの準備

    1802195940.jpg
    東急ハンズ札幌店が閉店して、東急百貨店内に移転とな。
    ハンズならではの品揃えに惹かれて、息子と二人でちょくちょくお世話になっていたので、寂しいものだ。
    跡地はどうなるんだろうね。


    いや、そんなこと言ってる場合でもないんだわ。
    いよいよ、我々の引越しも近づいてきた。
    昨年に転勤したものの、札幌での仕事の比重が高かったので単身赴任しつつの東京-札幌、二重生活を送っていた。
    でもそろそろ、そのあたりも整理しようと。
    ま、これからも札幌での仕事は続くので、ちょくちょく来ることにはなるんだけど、とりあえず札幌生活は一区切り。

    といいつつ、別に慌しく準備しているわけでもなく。
    いや、それじゃいかんのですけどね、多分ぎりぎりになって大慌てするんだろうな。

    1802023416.jpg

    1802063708.jpg
    今年は例年より雪まつりを味わった。

    1802182452.jpg 


    1802182524.jpg

    話変わって、以前から気になってて時々立ち寄っていた地下鉄南北線・北34条駅の駅構内一角。
    夏に来たときよりさらにパワーアップ(?)して、「ほぼ廃墟」から「通り抜けできる廃墟」へレベルアップ。

    ほんと、どうすんのよここ・・・


    こんな感じで、なんか気になったところをできるだけ訪れるようにしてるのです。
    とりあえずの、さよならの準備。

    いいのか、それで。
    いやいかんのですよ。
    本当にさ、チャイルドトレーラーとかファットバイクとか、どうすんのよ。
    息子の自転車もサイズ的に春には更改必要だし、色々と整理が必要だ。

    そうなんだよ。
    転校をあんなに嫌がっている息子だって、最近色々と身辺整理(不要なおもちゃの売却準備とか(笑))を始めているんだ。
    やらねば。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback