softtail.log | 自転車でのポタリング日記と自転車話+α

    蕎麦が好き

    ここんところ外食といえば蕎麦ばかり食べている気がする。
    一人暮らしのわりにあんまり外食しない方だと思うんだが。

    決してグルメではないんです。蕎麦も、必ずしも「美味しい」蕎麦が好きってわけでもない。
    なんか上手くいえないんだけど、たぶん適度にチープな感じとのど越しのよさ、あとそばつゆの好みくらいしか判断基準はない。
    だから「ゆで太郎」がお気に入りだったりします。
    まぁその程度です。

    それはおいといて。

    写真使いまわしもなんですが、深大寺にて。
    松葉茶屋。

    やっぱりここが一番好きなんだよな。
    しかし、以前より蕎麦の量が少なくなったような気が・・・気のせいかな。こっちが朝食抜きで自転車で行ったから食欲が増進してたんだろうか。

    そして、その後にちょっと食べ足りないなぁということでちょっと別の店にも行ってみたんですが・・・
    1-1709091234.jpg 
    ・・・店名は置いておこう。
    なんか、蕎麦が「ふわふわ感」なんだよな。
    冷たい蕎麦の涼感みたいなものがあんまり感じられない。

    いやでも、ちょっと深大寺の蕎麦屋さんは色々巡ってみようって思った。


    そして札幌にて。
    南風自転車さん関連で知り合った方に教えていただいた、地下鉄南北線、自衛隊前駅近くの「美幌十割そば」。

    1709173620.jpg

    天ざるそば1200円。
    美味しくて結構ボリュームもある。
    十割蕎麦ならではの風味を理解できるほどの味覚は持ち合わせていないのですが、のど越しのよさ、少し辛めのめんつゆがとても好み。
    あと一緒に行った息子は今回も(今回で訪問2回目)親子丼のミニサイズをいただきました。
    ここの丼、結構ボリュームあるので小学校低学年くらいだとミニサイズで結構満足のようです。

    お会計のときに、紹介してくれた方の奥様が働いていて声をかけていただいた。
    不思議なもんで、札幌にいながらひょんなことでお会いする方もいれば、巡りあわせなのか全然会えない人もいる。
    まぁそういうことになってるんだな。

    そして札幌に帰ってきたらいつもの「ゆで太郎」に・・・とは今回はならず。
    あ、でも一軒変り種の蕎麦屋さんに行った。

    北2西3、敷島ビルの地下。
    札幌ガッツつけ蕎麦。

    1709193002.jpg 

    太麺の食感しっかりした蕎麦と具の野菜、鶏肉、かぼすをラー油入りの濃厚なつけ汁につけて食べる、つけそば。
    しょーじきなところ、つけ麺ってやつがそんなに好きじゃない、不味くは無いけどそんなにありがたがる理由が判らないと思いながら羽田空港の大勝軒でつけ麺すすってるくらいの1号ですけどね、つけそばってのはいいなぁって思いました。
    香り強い具材も入っていて、いろんな歯ざわりや塩味、旨みや辛味が自分の箸裁きひとつで色々と変化する。

    こういう主張の強い蕎麦は、芋焼酎で迎え撃ちたい。
    いや素直にビールでもいいか。
    しかし、今は平日お昼時。世が世ならうきうきウォッチングな時間帯ですよ。
    おまけに午後からも仕事・・・
    大変、夜が気になるお店でございました。




    とまぁ色々食べているのだけど、そんななか想定外の美味しさだったのが・・・
    1709194040.jpg
    極楽湯というお風呂屋さんの中にある食事処。
    ここの蕎麦は幌加内産そば粉を使っているという触れ込みなのだが、ここのもりそばが390円ですごく美味しい。
    いや風呂上りだから余計美味しいのかもしれないが、いや市内の他のスパでも蕎麦は食べるのだけど、ここほど美味しいと思ったことは無い。それらの蕎麦は伊藤礼の言葉を借りるならば「案外だったのである」って感じ。

    いやその感じはそれはそれで好きなんですけどね。
    でも、極楽湯のお蕎麦は全く案外ではないのだ。ネットで検索しても絶賛している人なんて全然出てこないけど、のど越し、麺にほんのかすかな穀物の甘みを感じる風味(個人の感想です)。
    美味しいと思うんだけどなぁ・・・

    いや、本当に個人の感想です。

    スポンサーサイト

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    シルバーウィークはあれこれあったんです

    シルバーウィークは、仕事も少し絡めながら札幌に帰ってきました。
    なかなか、慣れない一人暮らしをしていると、連休を一人で過ごしてると気が滅入ってくるのです。
    45歳のおっさんがなに気弱なこと言ってるんだって感じですが、仕方ないんですよ。就職してすぐに結婚したし、一人で生活するって経験がほとんどないのですから。
    一人暮らしのスキル的な部分は意外と何とかなるんですけどね、なんかそれだけじゃないんです。
    それに、なんつーか色々整理しなくちゃならないことも出てきたので。


    さよなら交通資料館












    1709173608.jpg 

    約2年半、札幌の交通資料館がお休みになるそうで、息子と行ってきました。
    ここ、古い市電や路線バスが無造作に展示されててよかったんだよな。
    息子も自分のタブレットでたくさん動画や写真を撮りためていました。

    1709172116.jpg

    再開される平成32年春、我々は何処にいるのやら。


    モエレ山がどうにかなっていた

    1709131349.jpg 
    モエレ沼公園にそびえるモエレ山、山頂を目指して銀輪たちが。
    17091452.jpg
    主を失った自転車たちが天を目指す。

    今、札幌で芸術祭やってるんですね。
    そのインスタレーションの一つらしい。

    こういう景色って、いわゆる「インスタ映え」しないんですかね。
    しないんでしょうね。
    でも、好きだ。


    もう一つのさよなら

    色々な事情がありまして、今札幌で家族が住んでいる住居から退去しなくてはならなくなりました。
    時間的猶予はもう少しあるし、別に誰が悪いとか訴訟とかそういう話でも全然なく、でもその期限はいつか来るのだろうけどもう少し先のような気がしてたんだよな、何の根拠もなく。

    しばらくの間は札幌と東京を行ったり来たりしそうだから、だから当面は札幌の住まいに家族を残して良いかって形で今の生活がある。往来生活は一応期間限定だから、いつかは終わる。
    そして、家族にはここで数年間暮らしてきた蓄積と人間関係がある。

    いずれ、この往来生活が終わったときに生活スタイルをどうするかってのは、考えなきゃいけない懸案事項だったんだ。
    でも今の二重生活がなんとなくやれてしまっているので、なんかそんな先のことを悩むモチベーションがちょっと低かった。

    でも、今回明確に、期限を切られてどうにかしなきゃならなくなった。
    どこかに札幌での住まいを見つけて、そこと東京の二重生活を続けるべきなのか、家族ともに東京に戻るべきなのか。

    いずれにせよ誰かが誰かにさよならを言わなければならない。
    そんな話を、2号と話し、息子とも話した。
    息子はまだそんな難しいことは解らないけれど、土地への愛着と家族への愛情という選択肢を息子なりに真剣に受け止めてくれた。たぶん。

    やっぱり、生きていると些細な、寝言サイズの大事件が色々と怒りますね。


    それはそうと。

    引っ越しするしないは置いといてですね。
    Barleyのチャイルドトレーラー、だれか要りませんか?
    我が家ではさすがにもう息子も乗らず(乗れるけど)、荷物運搬に使おうと思ってもロングテールで結構間に合ってしまうし、なにより子を乗せずに荷物だけ積んで走っていると覗き込んだ人がかえってびっくりするんですよ。「えぇ、人も犬も乗ってない!」って。

    なので、同じトレーラー買うにしても荷物運搬用に特化した奴に買い替えたいかなぁ・・・と。

    結構使い倒したので使用感はありますが、まだまだ機能的には問題なく使えると思います。
    定価4万くらいですから、古物半値の五割引ということで1万円くらいでどうですかね・・・

    ま、このブログで募集してもあんまり意味ないんですけどね。
    一応。





    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    こんな楽しみ方から始まったんだ

    1709031615 (2) 
    相変わらず、行ったり来たりな生活。
    まぁ、やってみればできるもんだ。一回だけ、東京に帰る飛行機に乗る2時間前に隣国がミサイル撃った時はちょっとどきどきしたけど。

    とはいえ毎週帰っているわけでもないので、東京で一人の週末を過ごす時間も増えた。
    時間はあるんだけど、まぁ慣れない一人暮らしなもんでなかなか要領を得ず、なんか目的を明確に持たないと時間は過ぎていく。
    スーパーですげー安いワイン買って帰宅後に封を開けたらこの値段でなんでコルク栓なんだ!って慌ててスーパーに栓抜き買いに行ったものの1,000円くらいするのな、スーパーだと。
    400円で買った安物ワイン飲むのに1,000円のオープナー買うか?って今度は少し離れた100円ショップに行くわけですよ。日も落ちてくる。あぁおなか減った・・・

    そんなことしてると、なんかどんどん時間は過ぎていく。
    それじゃいかんと思い立ち、週末は昔よく蕎麦食べに行った深大寺まで行ってきました。

    1709091402.jpg 

    あぁ懐かしい野川。
    昔よく野川沿いを走って深大寺に行ったり、野川公園や多摩霊園まで行ったり、多摩湖の方まで足を伸ばしたり、そんな感じでよく利用していた。
    そこから10年近く経ち、なぜかBD-1で走ってる。
    なんとも、感慨深い。

    1709090356.jpg 

    深大寺到着。
    当時、フランス人サビンヌさんの焼くクレープがあったのだけど、店にはもうサビンヌさんの名前はなし。
    まぁそりゃそうか。もう随分経つもんな、あれから。

    1709094052.jpg 




    当時からほとんどこの店でしか食べてなかった、松葉茶屋。
    やっぱりここ、美味しいと思うんだよな。
    蕎麦もつゆもきりっとしていて、天ぷらも美味しい。

    でも、この日は朝食もろくに取らずやってきたので、この上品な天ざるではちょっと足りない。
    うーんどうしようかなぁとあたりをうろうろしながら、いやせっかくだからもう一軒行ってみよう、もりそばなら食べ切れるだろうと他の店を物色し、特にアテもあるわけではないので目に付いたとある一軒へ。

    つゆも、蕎麦の味も量も、店によって結構違うんだなぁ。
    勉強になった。
    腹、苦しい。

    そんなわけで、帰りは少し遠回りしようと多摩川へ。
    1709091227.jpg 

    こちらで入手したBD-1、一言で言うと「バランスが良い」。

    この車両は古いモデルなので今の車両の方が色々性能は上がっているのかもしれないけど、ハンドリングは小径車っぽいクイックさが無く、太目のタイヤは多少の砂利道とかでもあんまり気にせず走れる。ワイドレシオの8速変速はまぁ必要十分で、時速30キロで巡航!とか考えなければ全然問題ないしそもそもこの車両にはメーターなどつけるつもりも無い・・・と思ったけど、累計走行距離は記録しておきたいんだよな。パーツの交換時期とかメンテナンスの目安になるので。
    今度帰省したときに、自転車パーツ箱の中から見繕って持ってこよう。

    で、細かい話だけどホイールがクイックリリースになってたり、ブレーキ系は普通のVブレーキなのでいざというときのトラブル対応もやりやすい。まぁサスペンション周りでなにか起こったらどうにもならないけど、折り畳んでもそれなりに小さくなるので最悪タクシーのトランクに積んで帰って来てもいい。当然輪行でもよい。

    いいじゃないか。
    今となっては飛びぬけた特徴もないけど、よくできてる。

    1709091200.jpg 

    のんびりと多摩川CRを走って、帰宅。
    あぁこんな散走、昔は2号と楽しんでたんだよな。
    それが時が経ち、色々と環境も変わり、今は一人で走っている(単身赴任なんだから当然だが)。

    思えば自転車を始めたのも2号に引っ張られて始めたんだった。
    それが色々巡り巡って、いまこの道を一人で走っていると、なんというか人生って色々な局面があるなぁ、と。

    さていま、なんかスタートラインに戻ってきたっぽい。
    5年後、どこで走っているんだろうか。





    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    ん?ブログの更新頻度が高い?
    ひょっとして暇なんじゃないかって?

    いやぁ忙しい忙しい。
    ご飯作ったり掃除洗濯、ジョギングしたり札幌いったり来たり、あぁ忙しいったらありゃしない。

    それはともかく。



    いまいち東京の湿度と自分の置かれている境遇に順応出来てないせいか、体調がいまひとつで自転車にはあまり乗れてないんですが、それでも近所を散歩がてらポタリングして気分転換を図ってます。



    以前東京に引っ越してきた頃、良く日曜の夕方にふらふらと自転車で20キロくらい、時間にして1~2時間ちょっとのポタリングをしてたっけなー。

    新しい家族が増えて中々時間を作りづらかったこともあって、運動不足の解消と気分転換を兼ねて近所を色々と走りまわっていたんだった。

    そうやって、なんとなく自分の住んでる町の姿を自分の中に取り込んでいった。

    あれからずいぶん経ち、だんだんと自転車趣味が散歩から更なるスポーツ志向に移り変わっていったんだけど、またここに来て自転車での散走が楽しくなってきた。そんな頃にまたこの土地に戻って来たというのも、なんか不思議な巡り合わせ。

    なんか、いろんな意味で「帰ってきた」感覚。
    そうなんだよ、もう10年も前の話になってしまうけど、趣味とダイエットと高血圧の治療を兼ねて自転車に乗り始めた頃。
    自転車で週に何度か散策するだけで、自分がすんでいる土地が自分の肌に馴染み、新しい発見なんかもあり、少しずつ走行距離が増えていった。
    そしてそれに引きずられるように、心も体も少しずつリセットされていった(要するに、痩せた)。


    以前大好きだった豪徳寺のテイクアウトの焼鳥屋さん。
    メニューから一番お気に入りだったモツ串が無くなっていた。

    そんな諸行無常も感じながら、そして自分もこれからどーなるのかなーなんてこともこの歳になってさえ少し気になりながらも、でもまぁこんな感じで行った先々、置かれた状況で、どうにかしていくんだろうなっていう微かな自負もあるんです。

    だって、いろんな事あったけど、自転車という愉しみはずっと捨てないでこれたからさ。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    この世の終わりかと

    2017年8月19日夕方、大荒れとなった東京の模様をメモ。

    この日、朝イチの便で札幌から東京に帰ってきたんですけどね、お盆シーズンということもあって成田便しか取れなかった。

    1-DSC_2350.jpg 
    9:30の成田空港、豪雨。
    いやなんか、嫌な予感したんですよね。この雨、成田から船橋に抜ける頃には上がってたんだけど、なんか大気の状態が不安定な感じ。

    そして自宅に戻り、買出しやら諸々出かけているときにはまだ東京の天気もギリギリ曇り空。
    スーパーでも、この日の夜に催される多摩川花火大会を当て込んだお惣菜やら酒やら寿司パックやらがまぁまぁ売れていた。
    世田谷区の公式発表でも、まだこの時点では花火大会は実施の方向だった。

    そして買い物を済ませ、自宅に帰ってきてしばらくすると雨が降り出した。
    その後、雨、風、雷が降り注ぐゲリラ豪雨が発生。




    この時間、私は部屋にいたのだけど、おー雷すげーなーって思ってたらいつの間にか、どう考えても雨音じゃねえぞこれみたいながんがん言う音が聞こえてきた。
    窓を開けてみたら、でっかい雹が。


    いやぁ、すごかった。
    実際、多摩川の河川敷は雨風を避けようと橋の下にみんな避難するも、雹ががんがん降ってくるわ河川敷には落雷もするわで本当に大変だったみたい。




    いやぁ、自宅の窓から見てただけだけど、本当にこの世の終わりみたいな30分だった。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    こんな夏の日々

    1708101141.jpg 
    今年の夏休み、しっかり遊びました。
    旅行に行ったりとか、派手なことはしなかったけど、キャンプに行ったり、プールに行ったり、プラレール博に行ったり。


    1708103828.jpg 
    なんという偶然か、去年と同じ日に、同じキャンプ場を予約していた。
    オートリゾート滝野、ベテラン勢には食い足りないのかもしれませんが初心者には大変行き届いていて快適です。
    今回、車を横付けできるスタンダードカーサイトの「まる得プラン」ってやつしか空いてなくてそこを利用したのだけど、通常料金から1000円引きの代わりにサイトが狭い、とのこと。
    でもうちは4~5人位用の少し大きめのテント一張りでタープも使わないので、全く問題なし。
    タープ、特に必要性感じないんだけど、テント自体にもう少し大きな前室っぽいスペースがあるといいな・・・なんて。

    アウトドアって、ほんとに物欲刺激されまくる。
    モンベルとか行くと、コッフェル一揃えなんかにいろんな夢が浮かぶもんな。

    今年はホワイトガソリンのストーブの代わりに固形燃料を持って行ったのだけど、いやぁ便利便利。
    火力はガソリンに当然かなわないけど、一瞬で火がついてお湯を沸かすのもそんなに困らない。
    凝ったことしないなら木炭と固形燃料で十分かなぁ・・・と。
    そんなこと言いつつ、小型軽量のガソリンストーブがあったらいいなぁなんてちょっと欲目を出したりしているのだが。

    いやね、いつも借りている親の車が軽自動車なので、キャンプ用品もできるだけ小型軽量なものが望ましいのです。
    それに、もう少し息子が大きくなったら自転車でキャンプとか行ってみたいし・・・そんな野望もあったりするので、キャンプ用品は小型軽量なものが欲しい今日この頃。

    しかし、良いもの、軽いものは高い。
    そしてなんとも魅力的だ。
    はぁ。

    1708110113.jpg 
    翌日は公園の有料ゾーンへ(キャンプ料金に入ってる)。

    1708112826.jpg 
    息子、このボールに乗り上げてごろんと一回転して顔面強打。
    顔擦りむいて一気にテンションダウン(笑)
    しかし息子よ、父は子供の頃同じようなことやらかしてムチ打ち症になったのだ。それに比べたらお前さんは体も柔らかく、身体能力は高いぞ。
    まぬけでもいい、無事に育ってくれ。


     1708151433.jpg

    そして夏休みの間、何度となく「札幌ドイツ村」に行ってた気がする。

    1708092249.jpg 

    17-08133621.jpg

    いやまぁサッポロビールのブースも行ったけど。
    1708152109.jpg
    いやいや日本のビールも、美味しいんだ。
    というか、いつも言ってる気がしますけどね、ビールが「飲んで美味しい」のは北海道の気候のおかげなんじゃないかと。

    ここは一つ、ビアツーリズムみたいな感じで「ビールを飲みに来る」という観光スタイルごあっても良いと思うんだが、どうだろう。



    プラレール博で観た、江戸切子とのコラボ。
    他にも、箱根の寄木細工、京都の竹工芸とのコラボも。

    1-2017-08-13133047.jpg 1-2017-08-13133019.jpg 

    プラレール博自体は、なんか思ったほどの人出もなく。
    内容も正直なところ、別にどうって事もない。息子ですら、定価販売されているトミカやプラレール関連製品には目もくれない。
    イベントでしか買えない限定モデルはあるのだけど、まぁそれくらいしか見所はないんです。
    でもって別に我が家はコレクターでも無いので、別に限定モデルを収集するわけでもない。

    そんななか、今回お目見えした伝統工芸とのコラボは結構よかったなー。
    なんでも、三つ合わせてお値段100万以上とか・・・まぁ一点ものだしね。


    色々あって、今回は久しぶりに長めの夏休み。
    個人的には東京に転勤になったにもかかわらず公私共にこれから色々あってさ、どうなるのかなぁって期待、いや不安の方が大きいのですが、自宅に戻って息子と遊び、結構いいペースでジョギングもして、自転車も乗って。

    派手なお休みではなかったけど、日常プラスアルファの時間をゆっくり過ごせました。
    こういうのもよかったな。

    Category : 日々の諸々
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    久々の札幌サイクリング



    今回色々な条件がうまく重なってくれたので、自分史上最長の夏休みを取得して6月まで住んでいた札幌に帰省。
    大部分の時間は家族と遊んでいたわけのですが、ちょっと時間が取れたのでほぼ3か月ぶりのロードレーサーでサイクリングへ。
    つーか、5月に念願かなって購入したKHS Club2000、ほんと全然乗ってない。

    納車したとたんにフォーク交換となったり、改めて納車されたと思ったら今度は自分が肉離れで戦線離脱。
    そんな中、東京へ転勤となり、現地ではBD-1と浮気。いやだってこんなに先行きが分からないんだから、連れていけないよClub2000。
    そこはまぁなんつうか色々事情があるんですよ。
    なんか、なんつうか。

    いまいち巡りあわせが悪い。
    そんなだから、まだこの車両についてはサドルやらハンドルのポジション出しもあんまり煮詰められていないのです。

    そんなClub2000との関係を修復すべく、お盆のとある午後に出発。
    まず目指すはいつもの小林峠&平和の滝。

    1708164341.jpg 

    いやぁ、3か月のブランクはきつい。
    最近ずっとランはやっているので心肺機能的にはまぁ何とかなるのですが、自転車で使う筋肉ってやっぱりちょっと違ってて(違ってて良いのかどうかはよくわからないが)、なんか体がうまく使えていない感じでした。

    ただランをやってたおかげなのか、例えば去年ならフロントアウターで登れてた小林峠の南区側の坂が今回は全然ダメでフロントインナー34T×リヤ25~28Tまで落とさざるをえなかったんですが、逆にペダルをくるくる回し続けることは心肺的にも行けたので、結果的には去年よりは遅いけど今年のシーズン初めとほとんど変わらないくらいのタイム(16分台)で登れたのはちょっと嬉しかった。

    毎週走りに来れたりすると、徐々に調子も上がっていくんだろうけどなぁ、今の生活状況ではそれは望むべくもない。

    170816408.jpg  
    後半は、肩と脚の力を抜いて豊平川CRをのんびりと。

    1708160805.jpg 
    札幌に住んでいた3年間、どっちかというと息子と走ることのほうが多かったこのサイクリングロード。
    一人で走るのは結構久しぶり。ひょっとすると1年ぶりくらいかも。

    後半は平地主体だったものの、やっぱり久々に走ったせいでそれなりに疲れた。
    走行距離、約60キロ。
    やっぱり、ランもいいけど自転車が一番楽しい。
    スポーツ的なものはもはやあんまり自転車に求めなくなりつつあるんだけど(それでもブルべはいつか挑戦したい)、自転車ってどんなコースを走ってもなんかそれなりに毎回ストーリーを感じる。それは季節の移り変わりだったり、街並みのちょっとした変化だったり、今まで気が付かなかったものの発見だったり。

    そんな感じで、今更ながら自転車の愉しみを再発見できた、実りある午後でした。
    次の日、久しぶりに尻(つーか足の付け根)に痛みを感じて、おいおいそんなに鈍っているのかとちょっと反省したけど。



    1708164305.jpg 

    1708164237.jpg 
    もう一つの発見。
    札幌に住んでいたころには敢えて撮ろうとは思わなかっただろう景色。

    たかが2か月弱しか離れていない、おまけにちょくちょく帰ってきているわけなんだけれども、それでも住んでいるのと住んでいないのでは見える景色もちょっと違うということがよーくわかった。

    人間、住む場所を変えるっていうのは案外大きなことなんだな。

    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback

    いまさらBD-ONEderful

    東京で手に入れたBD-1。
    現状の生活状況が安定していないこともあり、がっつりロングライドとかは行けてないですけど、ぼちぼち乗ってます。

    1708061936.jpg 
    譲っていただいたBD-1。
    サドルはセラサンマルコに、そしてサスペンションのスプリングもハードに換装されている。
    ペダルは三ヶ島のEZYプロムナードに交換されていて、EZY版のMM-cube(ビンディングペダル)もおまけにつけてくれた。
    乗り換えた車両がブロンプトンなので、まぁビンディングは使わないよな。

    しかしだ。
    MM-cube、これは本当にありがたい。
    ロードでずっと使っていて、でももう製造中止になっててこれが駄目になったらどうしようかって思ってたんだけど、これでしばらくはこのまま行ける。
    三ヶ島のペダル、メンテしてれば10年とか普通に使えるので、もうこれが最後のビンディングになるかもな。
    ペダルよりクリートの方が先にへたりそうだけど・・・
    いや、しかしありがたい。
    感謝。

    1708054450.jpg 

    リアキャリア、かなりしっかりした造りで実用性はかなり高そうなんだが、ちょっと好みと合わないのでどうしようかなぁと思っていたんだけど、ニトリで別の用途で買ったバスケットがなんか不思議とマッチしてしまったので、これはこれでいいかと。

    BD-1、やっぱりよくできてます。
    小径っぽいふらつきは全然なくて、乗った感じはクロスバイクっぽい。
    この感じ、超主観だけど、あれだ、タルタルーガのご先祖様みたいな印象。
    ひょっとすると、両方の車両に関わっているパシフィック社の味なのかもしれないけど・・・

    折り畳み機構も、まードイツ人の好きそうな「合理的なら多少めんどくさくても良い」感(笑)。
    比べちゃいけないのだけど、ブロンプトンはやっぱりすごいね。
    ちょっと脇道に逸れますが、最近のブロンプトンって地味にブレーキがすごく良くないですか?
    BD-1譲ってくれた方が買ったブロンプトンにちょっと乗らせていただいたのだけど、あれはいいブレーキだ。

    話を戻して、でもこの走行性能と折り畳み性能とデザインを20世紀中に両立させていたんだから、BD-1もすごいなぁと思う。

    1708054917.jpg 

    ま、ロードみたいに長距離走ったり峠行ったりはしないだろうけど、生活の相棒として楽しく付き合っていけそうです。


    それにしても、東京って暑い。
    3年離れていた間に自分も暑さに弱くなっているのかもしれないけどさ、週末に30キロくらい走っただけでちょっと熱中症の前触れみたいな感じになってあーやばいやばいってなったくらい。

    1708062228.jpg 
    新丸子、竹沢の豚バラ串。
    札幌に転勤する前、散歩がてらよく買いに行った。
    相変わらずの大ぶり肉。懐かしく、美味しかった。

    なんかここ数年、自分の自転車趣味はどんどんスポーツ志向になっていって、だんだんお散歩・散策的な楽しみが無くなっていった。
    それはそれで良かったんだけどさ。今、東京に帰ってきて、また自転車との距離感がちょっと変わってきた。
    今、生活状況的にそうそうがっつり自転車には乗れないという状況もあったり、その一方でスポーツ的な部分は結構ランの方で満たされていたりするので、そんなこんなのおかげで自転車の見え方がちょっと変わってきたのかもしれない。

    そんなに遠くに行かなくても、楽しいんだよな。

    ロードでロングライドも行きたいけどな。
    BD-1でもKHSでも好いから輪行旅も行きたいけどな。
    まぁ、今の状況で今楽しめることを、楽しむんだ。

    Category : ポタリング
    Posted by ゆげ1号 on  | 0 comments  0 trackback